アンアンからニュースを配信します!

【まさに大人の遊園地】最先端のVRサイクリングで、プリッと「#美ップ女子」体験

写真・水野昭子 文・宮田愛子 (PR)ルネサンス — 2017.3.10〔PR〕
VR元年とも言える2017年。ついにフィットネスにVRが登場! 圧倒的な映像美のなか、いま鍛えたい「美ップ」=美しいヒップが簡単に手に入ると話題沸騰中のスタジオに、anan総研メンバーが体験レポ! はたして美ップは手に入るのか……?!

飾り気のない「ヘルシー」がトレンドの昨今。私たちが手に入れたいのは、何気なく履いたデニムさえ最高にカッコよく決まる、メリハリのある健康的な美ボディ。そう、プリッと上がったお尻「美ップ」が欲しいんです♡ 

でも、大人のダイエットはまず ‟ツラい” が先行しがち。「忙しいなか、そんな苦行のようなエクササイズをするなんて考えられない……」という運動苦手系女子に、うってつけのスタジオ『CYCLE & STUDIO R Shibuya』が2017年3月19日、渋谷にグランドオープン!

ここでは、いま一番引き締めたい「ヒップ」を引き締めながらも、全身の代謝アップ、つまりは痩せやすいカラダづくりができるという情報をキャッチ。ひと足早く潜入してみることに。

エンターテインメント×フィットネス! 新感覚ワークアウト
スタジオはおとなの遊園地?!

LesMills_TheTrip-405-Edit

『CYCLE & STUDIO R Shibuya』は、数ある効果的なプログラムを提供するレズミルズプログラムに特化した新感覚ワークアウトスタジオ。

なかでも注目すべきは、映画館規模のスクリーンに映し出された圧倒的な映像美の中で、音楽にノリながらサイクリングトレーニングできるという「THE TRIP™」。ふだんは達成できない運動量もなんなく楽しくこなせてしまうという優れモノなのです。


まずは体験してみなきゃ! anan総研メンバーが美ップ女子になれるか検証してみた

170218an_0073

ということで今回は、話題の「THE TRIP™」をヒップアップに期待するanan総研メンバーがひと早く体験。本当に美ップ女子になれるのか、その真偽のほどを体験してみました。

170218an_0021

私たちを「THE TRIP™」の世界へと誘うのは、鍛え上げられた筋肉と爽やかな笑顔が素敵なストアマネージャー・伴野祐介さん。レズミルズの厳しい基準条件をクリアした精鋭インストラクターです。

日本ではまだ十数名しかいないTHE TRIP™の資格をもつレズミルズインストラクター彼らのうちの約8割が、『CYCLE & STUDIO R Shibuya』に在籍しているのだそう。見るからに頼もしい伴野さんに、anan総研メンバーが気になる不安をぶつけてみました。

—いつも運動系のダイエットだと挫折してしまうのですが、続けるためにはどうしたらいいですか?
伴野さん(以下、伴野)
 ダイエット成功の秘訣は、まず継続することなんです。なので、「きつい」や「つらい」を乗り越えて飽きずに楽しんで続けられる方法を見つけることが先決です。

―ハードなトレーニングは苦手で、40分のサイクルプログラムに耐えられる気がしません……。大丈夫でしょうか?
伴野
 大丈夫です! 

サイクルプログラム初心者の方も多数ご体験いただいているのですが、途中でキツくなってもトレーナーや周りが続けていると、それに合わせて不思議と最後まで頑張れちゃうんですよね。そこがグループエクササイズの魅力です。

暗闇なのでこっそり自分のペースで休んでもかまいません。最初は無理せず、全力で「THE TRIP™」を楽しんでください!

―身長が低いのでバイクが合うか心配なのですが…。正しいフォームができるかも不安です!
伴野
 ハンドル、サドルともに調整可能なので、どんな身長の人にも「THE TRIP™」をご体験いただけますよ。

フォームは、お尻に効かせるのであれば腰を低くしてかかとを落とすように漕ぎましょう。スタッフがレッスン時にスタジオをまわるので、何か不安な点があればいつでも声をかけてくださいね。

anan総研メンバーで、いざTRIPの世界へ出発!

170218an_0130

今回は特別に、体幹エクササイズ・美コアインストラクターとして活躍する山口絵里加さんと一緒にチャレンジ! 

準備ができたらそれぞれバイクにまたがり、スタッフの指導のもと調整をします。

重要な場所取りについては、「乗り物酔いはしにくいほうだ」「VR愛している!」という方は真ん中や前方の席を。酔いやすい方やちょっと自信がない方は、目線をそらせば抜け出しやすく、かつ人目がなくて自分のペースでおサボリもしやすい後方の席がオススメです。

シューズはバイクと固定されるようになっていて、少し特殊。ここもわからなかったらスタッフさんに遠慮なく聞きましょう。

170218an_0142

スタジオでは、始めるにあたって伴野さんがマイクを使って指導。マイクを通した伴野さんの声がスタジオに響きます。(伴野さんは声も素敵!)

170218an_0086

「やったるでー!」と気合満々なのは、右からRPBインストラクターでもある宮崎真梨子(No.125)さん、楽しいエクササイズ探索中という井上あずささん(No.74)、フルマラソン経験者の能美黎子さん(No.57)。ほか総勢30名ほどが参加しました。

それぞれ運動の経験値はバラバラなので、終わったころにはどんな結果になっているのでしょうか……?

170218an_0239

ドキドキのなか、さっそくスタート! 伴野さんのかけ声に合わせて、ギアの重さを変化させたり、立ったり座ったりと、なかなか動きも多い様子。ここから自分との戦いがはじまります。

開始10分ほどでじんわり汗が。こまめにお水を補給するメンバーもチラホラ見えました。

170218an_0109

目の前に広がるVRのリアルな映像に釘付けになるanan総研メンバーたち。近未来的なビルが水面に建っていたりと、自然×SFの世界が見事に融合しているんです。

「はじめてのVRサイクルでしたが、映像がすっごくキレイで驚きました。慣れるまで少しコツがいりますが、10分ほど漕いでると感覚がつかめてきます!」(古角夕貴さん/No.238)

170218an_0164

あれよあれよと時は進み「THE TRIP™」の醍醐味でもあるグルリと回転した立体ロードが目の前に。ここではあまりの没入感に「キャーッ」と悲鳴が! この声を聞けて嬉しそうな伴野さん。メンバーの顔にも満面の笑みが。

「ジェットコースターのように怖くはないけど、本当に体がふわっと宙に浮いたような感覚には驚きました! 座席が動いているんじゃないかと思いました……!」(浅井裕美さん/No.80)

「開始10分くらいで、本当にきつくてもう無理! と思っていたのですが、そこからステージも何回か変わり、インストラクターさんのかけ声で、『THE TRIP™』の世界に入り込んでいました!」(野村真美さん/No.7)

170218an_0420

楽しい時間は驚くほど早く過ぎ、40分間の旅もついに終了~! 運動嫌いもトレーニング玄人も、脱落者をひとりもだすことなく無事に帰ってくることができました。

トレーニングとインターバルをうまく組み込んだプログラム。VRの力で、いつもならきつくて挫折しそうなトレーニングが、こなせてしまったことに感動もひとしおです。

170218an_0457

序盤に登場した3人が、爽快感あふれるスッキリした表情で再会。興奮冷めやらぬままの終了直後の彼女たちを直撃!

「サイクルトレーニングは経験あるのですが、VRがあるかないかでこんなに違うんだ! と自分自身びっくり! 気分がのらないと続けられない、という方にぜひ試してほしいです」(井上さん)

「余裕かと思いきや、序盤はきつかった! ……はずなのに、いつのまにかそんな気持ちが消えていたので、これが没入感か……と納得。しっかり効かせたい筋肉を意識して行うと効果的だと感じました」(宮崎さん)

「想像以上にハード! だけどおもしろい! こんなにも自分を追い込むことができる40分間はなかなかないですね。ギア調整を自分自身でできるので完全なる自分との戦いです。辛い辛い、と思っても、インストラクターのひと声で頑張れるんです! 終わった後の汗は尋常じゃないけれど、爽快感も尋常じゃなかったです。ハマりそう」(能美さん)

美ボディへのキーパーツ・お尻を鍛えるために必要なこと、もっと知りたい!

今回一緒に「THE TRIP™」を体験した、体幹エクササイズ・美コアインストラクターの山口絵里加さん。こんな機会はまたとない! ということで、もっと効率よく「美ップ」=美しいヒップに近づくための術を聞いてみました。

170218an_0049

―山口さんは今回で「THE TRIP™」2回目ということですが、見ていてやはりフォームがちがうな、と感じました。筋肉を意識してのフォームなのでしょうか?
山口さん(以下、山口)
 はい。使う筋肉を意識するともっと効率的に鍛えられるというのもあります。

私がやってみて、コアを鍛えるためのポイントはここだな、と感じた点は、まず手もとです。ハンドルを普通の自転車のようにまっすぐ前を持つのではなく、インストラクターがしているようにサイドにのびているグリップ部分を持ってそこにひじまで乗せてしまうフォームがおすすめです。

こうすることでひじが軸となって肩を使わなくなり自然と腹筋に力が入るので、体がブレることなく快適にこげるんですよ。立ちこぎでも座りこぎでも、上半身を低く、腰も低く、深く腰掛けるようにしてみると良いですよ。

―なるほど! サイクルトレーニングというと、女性はやりすぎると足がムキムキになると心配される方もいると思うのですが、そうならないために、どれくらいのペースでトレーニングするのがおすすめですか?
山口
 女性がそこまでムキムキになるのには、相当なトレーニングが必要なので心配はしなくても大丈夫です。インストラクターにわからないことは相談して、正しいフォームで週に2回ほど、3か月間続ければ、素敵な美ップ女子になれるはずです!

―希望が見えてきました。プロの目から見て、「THE TRIP™」、どんな方におすすめですか?
山口
 そうですね。下半身を鍛えたい方や、むくみやすい方にぜひとりいれてほしいですね。コアの使い方をしっかり学んで、「THE TRIP™」で美ボディを手に入れてくださいね。

最高の旅「THE TRIP™」で旅しながら美ップになろう♡

170218an_0440

やりきった後のスタジオは、達成感で満たされた笑顔でいっぱいに。

40分間とは思えない中身の濃さに驚くなか、みなさん口をそろえて言うのは「きつかった、けど楽しい!」ということ。「腹筋を使った感がすごい」「明日は筋肉痛だ!」とさっそく効果を実感しているメンバーも。「できると思っていなかったのに」と、新たな自信にもつながるようです。

美ップを目指せるのはもちろんのこと、メンタル面でもストレス発散に最適な「THE TRIP™」。非日常空間で理想のボディづくりができる最新ワークアウトなら、いままで挫折しがちだった人も楽しく続けられるとanan総研は確信しました!

そのほかにも効果的なプログラムが用意されていたりと、初心者にもうれしい魅力がつまった『CYCLE & STUDIO R Shibuya』。ぜひ、体験してみてくださいね。

information

CYCLE & STUDIO R Shibuya
東京都渋谷区宇田川 23-3 渋谷第一勧銀共同ビル5階

https://cycle-studio-r.jp/sr/