アンアンからニュースを配信します!

anan「ひらめき脳の作り方。」特集、表紙のKinki Kidsさんの撮影エピソードは!?

anan編集部 — 2017.2.21
「anan」2042号2/22発売「ひらめき脳の作り方。」特集の表紙を飾るのは、Kinki Kidsのお二人!表紙撮影時の様子を紹介します。

デビュー20周年のKinki Kidsのお2人が登場です!

anan2042_00

お2人のページを担当したことのある編集部スタッフから、「びっくりするくらい息がぴったりなの」という話を聞いてはいました。でも、その話を聞いた上で、今回実際に目にした堂本剛さん、堂本光一さんの呼吸の合い方は、私の想像をはるかに超えているものでした。

せーの、などとこちらが合図を送らなくとも、同時に、同じ早さで歩き始める。「もう少しお2人が近づいたほうがバランスがいいかな」、と思って声をかけようと振り向くと、すでに近づいている。お互いの目線の方向や体の角度などが、「測ったんですか!?」というくらいバランスがとれているーーKinki Kidsさんの撮影は、そんな瞬間のオンパレードでした(ちなみに、そのウォーキングカットは前号の次号予告ページに掲載させていただきました)。グループで活動していらっしゃるアーティストにお話を伺うと、よく「メンバーの顔を見れば、だいたい何考えているか分かる」という言葉が出て来ます。でもKinki Kidsさんの場合、ちょっと大袈裟に言うと顔を見る必要すらなく、お互いそばにいる“空気感”だけで何かを読み取っていらっしゃるのではないかしら…と思ってしまうほど、全てが音もなくぴたっとハマっていくのでした。

その様子を見ながら、これが「20年」なんだな、とただただ実感。決して言葉数の多いお2人ではないけれど、その佇まいが一番雄弁に、20年で培ってきたお2人の関係性を物語っているな、と思いました。実は写真だけでなく、おひとりずつじっくりとお話を伺ったインタビューでも、微笑ましい“シンクロ”っぷりを見せてくださっているのも素敵でした。その内容はぜひ、本誌をお手に取ってお確かめくださいね。(Y)


https://magazineworld.jp/anan/