恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

JAXA大西卓哉宇宙飛行士に聞く人生相談! #14 宇宙からのANSWER. ゲン担ぎ

文:anan編集部 — 2017.1.10
いまだに驚く、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と女性誌の異色コラボ連載。JAXAの全面協力の下、国際宇宙ステーションでミッション遂行中の大西卓哉宇宙飛行士に、anan読者組織のanan総研が人生相談をぶつけた、壮大な企画です。地球を見下ろし、無重力で生活するうちに、それこそ俯瞰的なものの見方や生命・宇宙の起源に思いをはせた時、どんな人生観をお持ちになるか。anan総研が人間関係の相談をもちかけます。乞うご期待!

【宇宙からのANSWER.】vol.14 ゲン担ぎ

赤いTシャツが縁起よさそう(C)JAXA/NASA
赤いTシャツが縁起よさそう(C)JAXA/NASA

お正月ということもあり、運が良くなりますように、のゲン担ぎについての質問です。
自分の努力や意志を超えたところで決まることには、念を送るしかもうすべはない。すべてをコントロールするなんてありえませんから。
科学理論の最先端を証明するお仕事をしながらも、未知の領域に踏み込むからには、良運を願わずにはいられないのかもしれませんね。
良運をなぞるゲン担ぎ、どんなことをしているんでしょうか。

大西宇宙飛行士、今回も回答、よろしくお願いします!

Q.
宇宙空間で、運に左右されることもたくさんあると思います。
ゲン担ぎ知りたいです!(27歳・経営)

A.
ロシアの人たちはゲン担ぎが大好きなので、ソユーズ宇宙船が打ちあがるまではたくさんのゲンを担ぎます。

例えば、打ち上げの前夜、クルーとその家族全員でロシアの「砂漠の白い太陽」という古典映画を観ることになっています。代々のクルーがそうしてきたから、というのがその理由なのですが、それじゃあそもそもどうしてその映画を観ることになったのかについては諸説あるようです。諸説あるということは、確かなことを知ってる人が誰もいないということです。とりあえず習慣だからやってます的なアバウトさが、私にはツボなのですが。
諸説あるうちの、私がいかにもロシアっぽいと思うものをご紹介しましょう。

それは以下のようなものです。
世の中にビデオカセットが出回り始めた当初、あるクルーがバイコヌール宇宙基地にビデオデッキを持ち込んだ。一緒に持ち込んだ映画は、たったの1本。それがこの、「砂漠の白い太陽」。
次のクルーがバイコヌールにやってくる時、彼らはてっきりバイコヌールには既に充実したビデオライブラリーがあるに違いないと思っていたので、自分たちで新しい映画を持ってこようとはしなかった。結果、バイコヌールで発見したのは、たった1本のこの映画。選択の余地なく、その映画を観ることになった。。。

そうして、2度続いたこの映画の鑑賞がその後のゲン担ぎになったというのです。
ロシアらしいというか、何というか(爆笑)

新しい提案をしたいような、どうでもいいから従うような、まあ、いいか、的な空気がおいしいですね。
深い意味がありそうに見えて、なんもない、っていう脱力加減がストレスを解放してるのかもしれませんよ。ハラショー。

「砂漠の白い太陽」は1970年頃の90分ほどの映画とのこと。無事を願いながらおごそかに観るんでしょうか。何度も行ってる人は何度も観てるんでしょうか。
大西さんに限らず、「なんでこれ?」という無言のツッコミが上映会場に渦巻いてる図が目に浮かびます。もちろん、理由なんてなくていいのかもしれません。クルーと家族の願いを一つにする時間が必要なのかもしれませんしね。
ただ偶然「砂漠の白い太陽」だった、というあたりに、それこそ大いなる意志があるんじゃないかとか、ふつふつと考えてしまいます。
「スターウォーズ」だったら戦う気まんまんになっちゃうかもしれないし。恋愛映画は家族で観ても困っちゃうし。
約90分間の祈りの時間。なんかカッコイイ気もしてきます。長いっちゃ、長いですが。

さて今年も良い年になりますように、左目からコンタクトを入れて、右足から靴をはいて、富士山に一礼して、エスカレーターは左足から。くるりと回って、えっと、次は・・・。

anan総研の人生相談、宇宙からのAnswer、壮大な企画連載はあと少し。
次回をお楽しみに!

作業中の大西宇宙飛行士(C)JAXA/NASA
作業中の大西宇宙飛行士(C)JAXA/NASA

※ 大西卓哉宇宙飛行士は無事地球に帰還なさいました。この人生相談は、大西宇宙飛行士が宇宙ステーションにいる期間にお答えいただいたものです。

ananのために撮り下ろしてくださった、宇宙ステーションでの動画はこちら!

大西卓哉(おおにし たくや)

JAXA 有人宇宙技術部門宇宙飛行士運用技術ユニット 宇宙飛行士。1975年東京都生まれ。全日本空輸株式会社のパイロットを経て2009年4月JAXAに入社。2016年7月から国際宇宙ステーション(ISS)第48次/第49次長期滞在クルーとしてISSに滞在中。


Information


JAXA:http://www.jaxa.jp/index_j.html