恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

セクシーでかわいくて、MONSTA X遂に登場!【K-POPの沼探検】#34

文・小泉咲子、菅原可菜 写真・細見裕美(スチール)、玉田慎太郎(ムービー) — 2017.8.22
次世代K-POPスターとして大注目のMONSTA Xが、雑誌『anan』(No.2066、8月23日発売)に登場! メンバーたちの素晴らしい表現力と集中力のおかげで、どの写真もかっこよくて、かわいくて、とても誌面だけには収まらず…(泣)。そこで、ananwebでも雑誌とは違う写真を公開することに! ミニインタビュー&仲良し感が伝わってくる動画もチェックしてくださいね。

【ペンになってもいいですか!?】vol. 34

10_0927

MONSTA Xを語るのに欠かせないのが、韓国オーディション番組『NO.MERCY』。涙なくして見られない過酷なサバイバルの連続を勝ち抜きデビューした7人組とあって、パフォーマンス力が抜群! さすがは、“MONSTA=K-POP界を平らげる怪物” です。番組を通じて、互いに支え合った絆の固さも、MONSTA Xの大きな魅力。そして、ステージでは男らしくてセクシーなのに、普段はかわいらしく、そのギャップにハマる人が続出中です。

2015年に韓国でデビューし、2017年『HERO』で日本デビュー。オリコンチャート週間シングル2位を記録した勢いそのままに、8月23日には、日本2ndシングルとなる『Beautiful』がリリースされます。韓国版『Beautiful』が収録されているアルバムは、なんと米ビルボード・ワールドアルバムチャート1位に輝き、現在、ワールドツアー敢行中と、グローバルに活躍するMONSTA Xから目が離せません!

09_0787
02_0162

ウォノ

1993年3月1日生まれ。ボーカル担当。鍛え抜かれたボディから放たれる色気は、グループ随一! 作詞作曲、編曲にも携わる。フィギュア集めが趣味で、お気に入りはKAWS。

ーー部屋割りを教えて!

ウォノ ショヌくん、ヒョンウォンくんと同室です。でも、部屋にはほとんどいないから、たまに帰ってくると「こんな部屋だっけ?」って驚いちゃいます。もはや、ホテルの宿泊客のようです(笑)。

どんなに忙しくてもやると決めたことを守り、新しいものへの挑戦意欲も高く、他者を思いやる気持ちも大きくて。話を聞けば聞くほど、どんどん魅力が湧き出てくるインタビューでした。ちなみに、日本で行きたい場所は、温泉や各都市の有名な観光スポットと答えてくれた後に「大阪には、マラソンしている人がいますよね…?」と少し不安げに尋ねるウォノさん。大阪旅行の経験があるショヌさんは、どこを指しているかすぐにピンときたようでした。

01_0062

ショヌ

1992年6月18日生まれ。リーダー/ボーカル担当。パワフルなダンスの実力に定評がある。最近は、バラエティ番組にも引っ張りだこで、そのセンスを開花中。

ーー悩みを相談するならどのメンバー?

ショヌ 筋トレに関することや、どのプロテインがいいのかといったことなら、ウォノくん。でも、MONSTA Xは、全般的に、それぞれ自分たちで悩みを解決する傾向があると思います。

終始、穏やかなまなざしで他のメンバーが話すのを見つめているのが印象的だったショヌさん。リーダーだからと言って、けっして自分が前に出るわけではなく、グループの調和を何よりも大事にする、真面目で優しい方なのが伝わってきました。ちなみに、雑誌『anan』では、相談するメンバーをもうひとり挙げてくれました。
誰に何を相談するのかは、雑誌をチェックしてくださいね。

03_0222

ヒョンウォン

1994年1月15日生まれ。ボーカル担当。181㎝の高身長&驚異的な小顔から、「王子様」と評され、モデル活動も行う。マイペースで、お茶目な一面も。

ーー欲しいスペックは?

ヒョンウォン 時間を止められる力が備わっていたらいいなと思います。モンベベ(MONSTA Xのファンの総称)と過ごす時間を止められることができたら最高!

インタビュー中、「おいしい〜♡」「おなかぺこぺこ」と日本語でかわいらしく言いながら、差し入れのお菓子をパクパク頬張っていたヒョンウォンさん。その勢いは凄まじく、ヒョンウォンさんの目の前にだけ、みるみるうちに空の袋の山が築かれ、メンバーもスタッフも大爆笑! チョコ×クッキーの超ハイカロリーのお菓子を食べまくっても、すらりとしていてスタイル抜群! なんとも羨ましい限りです。

08_0622
04_0296

ミニョク

1993年11月3日生まれ。ボーカル担当。チームのバラエティ担当。明るい愛されキャラと、ハスキーボイス&色っぽい視線が同居するギャップの人。

ーー日本で行ってみたい場所は?

ミニョク いつか秋葉原に行きたいです。秋葉原には、大好きな漫画とかゲームとかいろいろありますが、なかでもコスプレに興味津々(笑)。アニメ『ワンピース』のエースになってみたいです! 

インタビュー中、ムードメーカーとして現場を明るくしてくれましたミニョクさん。夢中で話をしていたと思いきや、突然「これおいしいよ!」とお気入りのお菓子をメンバーたちに進めるなど、マイペースさを発揮! 他のメンバーたちからの鋭い総ツッコミにも全く動じない姿に、ミニョクさんのハートの強さ感じました(笑)。それも、苦楽を共にしてきたメンバーとの信頼関係があるからこそなのでしょうね!

05_0379

キヒョン

1993年11月22日生まれ。ボーカル担当。抜群の歌唱力でチームを引っ張るメインボーカル。人懐っこい笑顔が魅力でかわいさ満点。料理が得意。

ーー気が合うメンバーは?

キヒョン みんな仲良しだけど、あえてひとりを選ぶならミニョクさんかな。ルームメイトで一緒にいる時間も長いし、ラジオを一緒にやっていたので、話してて呼吸がよく合うなと感じます。

MONSTA Xの可愛い担当らしく、終始ニコニコ笑顔でインタビューに対応してくれたキヒョンさん。特に末っ子のI.Mさんが話す時に向けた優しい眼差しがとても印象に残りました。そんななか、新曲「Beautiful」やMONSTA Xの活動の話題になると、プロの顔に。パフォーマンスやステージに対する自身の考えを真剣な表情で語る様子から、チームのメインボーカルとしての真摯な姿勢を垣間見ることができました。

06_0469

ジュホン

1994年10月6日生まれ。ラップ担当。デビュー前から実力派としていち目置かれている天才ラッパー。クールな見た目でありつつ、やんちゃな性格。

ーー日本で叶えられたことは?

ジュホン 実は、昔から好きだった漫画『スラムダンク』で登場する高校が鎌倉にあるんですが、念願叶って行くことができました! 漫画の世界と重なって、かなり感動しちゃいました。

この日、バラエティ担当のミニョクさんのツッコミ役として活躍してくれたジュホンさん。ちょっと変わった返答をするミニョクさんに対し「理解できないですね〜」と呆れた表情を浮かべるなど、2人の仲の良さがひしひしと伝わってきました。また、インタビュー中、話題が脱線しそうな時には瞬時に軌道修正するなど、現場の空気を読める頭の回転の良さにも感心! はしゃぐ時と締める時のメリハリの良さは、まさにピカイチでした!

07_0554

I.M

1996年1月26日生まれ。ラップ担当。重低音で魅了するラッパー。落ち着いた風貌と話し方で大人の雰囲気を醸し出すが、実はチームの末っ子。

ーーいま一番ほしいものは?

I.M いま僕が欲しいものは、物ではなく名声です。MONSTA Xがさらに有名になって、できるだけ多くの人たちに僕らの曲を届けたい。そのために、これからも頑張り続けたいです。

落ちついた声のトーンでインタビューに答えてくれたI.Mさん。日本語の発音もとてもよく、「そうですね」とネイティブなみの受け答えにビックリ! 自分の考えをしっかりと語る姿勢に、芯の強さを感じました。そんな反面、お兄さんたちの意見に振り回されるという場面も。少し説明が長くなると「もっと、わかりやすく話しなよ!」と指摘され、タジタジな様子。「はあ…」と何も言い返せない姿がキュートでした。

MONSTA Xのみなさんの愛嬌たっぷりインタビュー動画はこちらから!

Information

日本2ndシングル「Beautiful」、そしてMONSTA Xが登場する『anan』(2066号)は、2017年8月23日発売。


ananはこちらから
https://magazineworld.jp/anan/

OFFICIAL WEB SITE
https://monstax-official.com/



【K-POPの沼へようこそ♪】
【K-POPの沼探検】大注目新人SF9が登場! #22
【K-POP連載】#1 ASTRO 気になる、ハマる、K-POPの沼探検。
【K-POPの沼探検】#4 iKON登場!


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored