恋愛世代のリアルを発信。

別れたくない…!「喧嘩が多い彼」との関係を改善する4STEP

文・三谷真美 — 2018.9.4
彼とつまらないことでケンカしちゃうときってありますよね。そんなつもりじゃなかったのに、とブルーな気分になりがち。そこで、良好な関係を築く魔法のポイントをご紹介します。とくに最後のポイントができれば、必ず彼との関係がうまくいきます。

【アンアン総研リサーチ】vol. 206

彼との関係がうまくいく方法とは?

恋愛経験豊富なanan総研メンバーにリサーチしたところ、たった4つのことをするだけで、彼との関係が良好になることが判明。コレをマスターすれば、彼はもちろん、女友達や職場の人との関係も良好になるから、今スグCHECKして。

他人に過度の期待をしない!

「我慢しているのはお互いさまだと思うと腹が立たない」(32歳・事務職)
「親でもないし『そんなもんか』と、良い意味であきらめる」(33歳・自由業)
「そもそも相手に期待するのをやめる。そうしたらイライラしない」(23歳・学生)

イライラをぶつけてしまう多くの原因は「何でこうしてくれないの?」「普通ならこうしてくれるでしょ?」など、自己中な期待を彼にしてしまい、それが叶わないから。彼には彼の“普通”があって、思い通りにならないのは当たり前。一方的に期待するのをやめることで、イライラの原因を取り除くことができ、関係が良好になります。

彼の大切さを感じる

「いつも一緒にいないことで、相手の大切さを感じる」(33歳・その他)
「毎日感謝の気持ちを伝え、『好きだよ』『素敵だね』と言う」(33歳・その他)
「会えないときの連絡はマメに!自分がされて嫌なことはしない!」(22歳・学生)

「このケンカをしたせいで彼を失ったら?」不満を言葉や態度に出す前に、 “彼を失うリスク” を考える癖をつけましょう。彼がいることは当たり前ではありません。一緒にいる時間が長くなると、相手の気持ちを考えずにワガママを言いがち。彼にも感情があって、心が離れてしまう可能性があることをしっかり認識して、日々感謝の気持ちを伝えましょう。

きちんと言葉で伝える

「何か不満があったときは、言葉にして伝えるようにする」(29歳・事務職)
「感謝の気持ちや、考えていることを伝える。『言わなくてもわかって欲しい!』と思うこともあるけど、『男の人は察する能力が低い』と思うとが上手くいく」(30歳・その他)
「相手の機嫌をうかがいながら、簡潔に感情を込めずに言う」(33歳・技術・設計)

もともと狩りや縄張り争いをしてきた男性という生き物は、細かいことや、身近な人の感情や変化に気づくのが苦手。相手の表情や空気感で察することが得意な女性とは、まったく別の生き物だと思って、きちんと言葉で伝える努力&練習をしてください。伝えるときに注意することは……次!!

思っていることをスグ言葉にしない

「イラっとしてもスグ言わないで、翌朝まだ許せなかったら冷静に伝える」(31歳・教師,教育関連)
「ケンカしてすぐはお互い冷静じゃないので、時間をあけてから話す」(33歳・事務職)
「ヒステリーな状態で話さない。イライラしているときは一緒にいない」(31歳・その他)

女性は男性に比べて “感情をつかさどる右脳と、言葉を操る左脳の連結がうまい” ので、思ったことをそのまま言葉にしがち。一方、男性は “右脳と左脳の連結が苦手” なので、怒ると黙ってしまいがち。そもそも、脳の仕組みからして違う男女が感情的にケンカをしても良い結果にはならないので、お互い落ち着くまでは距離を置くようにしましょう。とくに女性は感情的な時ほど “言ってはいけない地雷ワード” を言ってしまうので注意してください。

人間関係が良くなれば毎日HAPPY♡

良好な関係を続けるためには “男性は子どもなんだ” という精神で、簡潔に分かりやすく “言葉で伝える作業” が必要です。そのときは、一度伝えたいことをまとめてみて、その後、感情的な部分や言わなくても良いことを省いてください。分かりやすく、優しく伝えることで希望が通りやすくなります。男性には、女子のヒステリックを大目に見てくれる “心の広さ” がありますが、それに甘えずに正しくコミュニケーションをとることで、今よりずっとお互いがHAPPYになれますよ♡

※ 2017年1月31日作成

#恋愛 記事、
#エッチな記事 もチェック……!?

妊婦の不安を解決するアレ知ってる? – PR

(C) LightField Studios / shutterstock