恋愛世代のリアルを発信。

強がってたのに…男が可愛いと思う「モテる萌えドジ」

文・三谷真美 — 2020.4.3
仕事でもプライベートでも責任感があり、きちんとしていると思われがちなアラサー女性。そんな普段はしっかりしているオトナ女子だからこそ、男性がかわいいと思った、ドジなエピソードを聞いてみました。

オトナ女子がするとかわいいドジとは?

一生懸命マップを見ているのに迷子

「僕の彼女はとても方向音痴なんです。普段はバリキャリって感じでしっかりしているのに、慣れていない場所での待ち合わせではいつも迷子。現在地の出てるマップのスクショと一緒に『反対方向だった! すぐ行く!』ってLINEが来ると、たとえ待たされていてもかわいいなと思います」(38歳・不動産)

駅で待ち合わせをすればいいのに、彼女が「お互いを待つ時間は無駄だから」とお店集合を望むそう。そんな効率的な性格とのギャップがよりかわいいのでしょう。

強がっていたのに嫉妬しちゃう

「自分が若い頃は嫉妬されることを鬱陶しく思っていたのですが、最近は少し変わりました。強い束縛や強制ではなく、ただ拗ねるというか……飲みに行く前は『そんなことくらいで嫉妬しないよ』と大人の余裕を見せていたくせに、結局『本当はヤキモチ焼いてた』とか『寂しかった』とか、後から言われるとすごくかわいいなって思います。強がったもののやっぱり嫉妬しちゃうなんて、子どもっぽい一面に惚れ直します」(40歳・金融関連)

本当は嫌なのにやせ我慢しちゃうことってありますよね。そのまま大人な対応をする女性が多いなか、後になって我慢できなくなっちゃうおドジさん。そんな感情に振り回されちゃう姿がかわいいそう。ヒステリックは嫌がられますが、自分の気持ちは素直に伝えてもいいのかもしれません。

いらない荷物が多い

「心配性な彼女は、いつも大荷物でデートにきます。海外旅行となるとそれはさらにパワーアップ。爪切りや裁縫セットはもちろん、湿布や大量のビニール袋とジップロック、日本で買ったお水や野菜ジュース、非常食などは僕の分まで持ってきてくれるんです。『おかんかよ!』って突っ込みたくなるのですが、常に僕のことまでケアしてくれ、無駄に重い荷物を持ってくる彼女がすごくかわいいです。実際はほとんどが不要なものばかりで、そんな抜けてるところもさらにかわいいです(笑)」(36歳・メーカー勤務)

自分の分だけではなく、2人分を常備している彼女。しかもあまり必要ではないものだからこそ、「無理して持ってきてドジだなぁ」と思うそう。旅行中に使うことはなくても、彼にかわいいと思ってもらえるなら、決して無駄ではないかもしれません。

程よい欠点はかわいさでもある

ドジや鈍臭い性格は必ずしもマイナスポイントではなく、男性はそんな一面を愛おしく思ってくれるのでしょう。「普段はきちんとしているのに少しドジ」「年上なのに天然」などのギャップは、隠したり強がらなくて良いのかもしれません。


©valentinrussanov/Gettyimages
©Ivanko_Brnjakovic/Gettyimages