恋愛世代のリアルを発信。

おいしいのー!?「デニムを食べられる」と噂の岡山・倉敷に行ってみた!

文・薮内加奈 — 2018.12.28
2018年11月11日(日)、岡山県岡山市で行われた「おかやまマラソン2018」。anan総研マラソン部からは、岡山県出身の平野絢子さん(no.256)が出場! 初マラソンのレポートから、岡山の楽しみ方まで、前編後編に分けてお届けします。 前編は岡山っ子・平野さんが教える、デニムの街・倉敷のショートトリップ情報!

国産ジーンズの聖地・児島へ!

DSC05910

東京から新幹線で約3時間半の岡山県。城下町として、果物の名産地として知られる岡山には、「おかやまマラソン」が行われる岡山市以外にも見所がたくさん。今回は、生まれも育ちも岡山のanan総研メンバー・平野さんに、“デニム”をキーワードに倉敷市の2つのエリアを案内してもらいました。

まずは、岡山駅から電車で約20分、デニム好きなら一度は訪れたい街・倉敷市児島へ到着! 瀬戸内海に面した港町・児島は、「デニムの街」と言われるだけあり、JR児島駅の駅構内からデニムモチーフが! 駅ホームへの大階段もデニムラッピングなら…

DSC059261

改札のフラップドアまでデニム! 

江戸時代から繊維産業が盛んだった児島は、1960年代に国内で初めてデニムの製造をはじめた町。現在でも染めから加工まで行う工場が多くあり、その技術の高さから、国産ジーンズの聖地としても有名で、海外の某有名メゾンブランドのデニムの製造も手がけているというウワサも。

DSC05939

児島駅から車で約10分、老舗デニムブランド店やヴィンテージデニムショップが軒を連ねる「児島ジーンズストリート」をぶらりお散歩へ。

IMG_22441

ストリートの装飾としてデニムジーンズが飾ってあったり、

IMG_2242

自動販売機もデニム仕様。

DSC059551

平野さん この「児島ジーンズストリート」でしか手に入らないマニア垂唾モノのデニムもあるらしいので、デニム好きな彼や友達を連れて行ったら喜ばれるはず!


ちょうどいいデニム土産はココがおすすめ。

DSC059601

平野さんオススメのデニム土産スポットは、ここ、『ベティスミス』。児島でデニムの製造が始まった初期に、国内初のレディースデニムを作ったパイオニアメーカー。デニム製造の歴史が学べるミュージアムや、アウトレットショップも併設しています。

DSC059682

セレクトしたデニム土産はこちら。(左から時計回りに)コーディネイトの外しに使えそうなシンプルなキャップ(3,800円+税)、ママ友におむつ入れとしても贈るのにもぴったりなビッグポーチ(1,800円+税)、持っているとさりげなく女子力が上がりそうなティッシュケース(100円+税)。


風情ある町並みでデニムを装い、デニムを食す♡

DSC059781

児島から電車で約40分、お次は倉敷市内の中心地・倉敷美観地区へ。観光地としても有名なこのエリアは、白壁と瓦屋根が軒を連ね、カフェやランチスポットも数多くあります。散策するのにぴったりなエリアでまず向かった先は、レンタル着物ショップ『倉敷着物小町』。せっかく歴史的な町並みを歩くんだもの、着物で! と、平野さんが選んだのは…

DSC06016

デニム着物! 先出の児島で独自に開発されたデニム生地は、花柄が大胆に配置されたモダンなデザイン。

IMG_1690

帯や衿も自由に選べ、その場で着付けもしてくれます(レンタル デイプラン5,500円+税)。

平野さん 想像以上に着物が軽くて歩きやすい! 風情のある観光地で着物を着て散策したい気持ちはあったけれど、なかなか勇気が出ず…。でもデニムだったら、カジュアルでおしゃれなので、気負いなく楽しめそう!

DSC059961

デニム着物でいざ散策! まず見つけたのは美観地区の名物・「倉敷デニムストリート」のデニムソフト(380円)。

IMG_23021

まさにデニムカラーのソフトクリーム。何味…?

平野さん ラムネ味でさっぱりしていておいしい! 隠し味にブルーベリーが入っているらしく、コクもあってこれは友達にもおすすめしたい!

DSC060081

続いて足をとめたのは、マスキングテープ専門店『TANE』。倉敷でマスキングテープ?

平野さん 実は倉敷はマスキングテープの発祥の地。倉敷にある『カモ井加工紙』という工業用テープの専門メーカーが作ったのが始まりなのだそうです。

DSC06118

店内には1000種類以上のマスキングテープが(160円+税〜)。なかには瀬戸内海の魚や倉敷の名産が描かれた、倉敷でしか手に入らないものも。文房具好きな子へのお土産にぴったりです。

DSC060271

平野さん 岡山市内とはまた違った楽しみ方ができる倉敷の児島と美観地区。いつもそばにあるデニムの新しい魅力に気づけるショートトリップになること間違いなしです!



【おかやまマラソン2018レポート】後編・おかやまマラソン大会の様子はコチラ!


Information

Betty Smith
倉敷着物小町
TANE


エッチな記事も読む_バナー

あなたは大丈夫…?男が吸い付きたくなる「モチぷる肌」♡