男子禁制女子トーク!

ハダカのコクハク【Epi5-1】「フェラはいっぱいしました!」

— Page 1/3
癒しの笑顔にかわいらしい声、“ピュア”という形容詞が似合う聡美さん。だ~け~どっ!! 幼稚園のときにすでに、男のコとキスしたり、おっぱいをまさぐりあったりしていたそう。そのころは単に大人のマネだったそうですが、小5でオナ二―を覚え、オーガズムに達していたという早熟チャンです。第1回目の今夜のテーマは○ェ○。

ハダカのコクハク【Epi5】

「セックスって何のため? 私が見つけた答え」

■ハダカになる人
聡美さん(仮名)

■データ
・年齢・24歳
・職業・会社員
・彼氏 有(3か月)
・初体験 20歳
・経験人数 ?
・H回数 3~4回/月
・好きな体位 正常位と測位の間みたいなの
・苦手な体位 片足を上げる立ちバック

 癒しの笑顔にかわいらしい声、“ピュア”という形容詞が似合う聡美さん。だ~け~どっ!! 幼稚園のときにすでに、男のコとキスしたり、おっぱいをまさぐりあったりしていたそう。そのころは単に大人のマネだったそうですが、小5でオナ二―を覚え、オーガズムに達していたという早熟チャンです。

そうかと思えば、人とセックスをするとコンドーム破裂や膣ケイレンなど、コワいことが起きると信じていた、お堅い面も。

 

【Epi5-1】
フェラはいっぱいしました!

初めてのフェラチオは、自分を守るためでした。

高1のとき、ひとつ上の男に無理やりセックスを迫られました。女の先輩に呼び出され、騙されるようなカタチでその男とふたりきりに。先輩的には、その男とくっつけようとしただけだったみたいですが、私にとっては超迷惑な話だった。

その男は、有無をいわさず抱こうとしてきました。私の体は硬直し、先輩がコワかったので逆らうこともできず、なすがまま…。

でも、処女だったのでペニスが入らなくて、フェラチオをすることで許してもらいました。

その後も、たびたびデートさせられ、毎回フェラ…。

「自分を大事にしたってしょうがない! 挿入さえしなければいい!」と、ふっきれちゃったんですよね。

毎回フェラを強要されているうちに、

 

意外なことが起こります…