男子禁制女子トーク!

【発情したい♡】#10 女性がセックスしたくなるアイテム2つ。女は心で濡れる

文・紫深(sisin) —
彼が求めてくるのに、なかなか自分の気分が盛り上がらなくて、悩み中という方はいらっしゃいませんか? 何度もエッチの誘いをスルーしていては、彼のプライドを傷つける原因になってしまうかも…。そんなときは、自分の気分を盛り上げる工夫を仕込んでおきましょう。

【女は心で濡れる】vol. 10

自発的にエロ気分を作る

「女は心で濡れる」と言う合言葉に、官能エッセイスト紫深(sisin)がお送りするSEXコラムです。第10回目は、女度を上げるためのアイテムについて、考えてみたいと思います。

彼が部屋に来る予定なら……

なんだかムーディな気分。

私がしているお家デートの工夫は、ズバリ間接照明と香り。入った瞬間、女の子の部屋だ!とわかる甘い香りと、オレンジがかったアンニュイな間接照明が鉄板ルールです。男性の部屋に遊びに行くと分かるように、無機質な部屋が多いと思います。照明も真っ白なLEDを使っている場合が多いので、少し暗みがかかった暖色ライトは、フェロモンを高める引き金に。

甘い香りを漂わせるポイントとしては、玄関とソファー。(ベットの枕は忘れずに)香水だと少しきつくなりやすいので、ちょっと甘めのコロンがオススメですよ♡

体のラインがわかる服で誘う

デートの洋服は、好きな男性の前だと、女の子はついかわいらしいものを選びがち。ふわっと体系を隠すような、シフォン素材が好きな女性が多いですが、思い切って逆を着てみましょう。実は、私も個人的には先述した洋服が好きなんですが、男性はタイトな体のラインが見える方が好きということに気づいてからは、TPOによって変えているんですよね。特に、お部屋デートのような密室系のときには、服を脱ぐ前から体のラインがよくわかるもので、彼の想像を掻き立てることがマストルール。

上下がつながっているタイトなワンピースや、くびれラインがしっかり出るようなトップスなどを着ることで、自分の体を見られているというポテンシャルもUPするのではないでしょうか。

下着は柄物より、素材で勝負

魅惑のランジェリーであなた自身も興奮させて。

そして、間接照明のなか、服を脱がされた後の下着はとっても重要。「なんだか今日の私、セクシーかも」と自分の目でも興奮度を得られるのは、下着姿だと思います。そこで、彼とのデートでは、水玉模様やチェック柄を選ぶより、サテンやレース素材の単色を選ぶのが◎。暗がりに照らされてセクシーに見えるのと、肌色とマッチして体がキレイに見えるんですよね。

艶っぽくグロスたっぷりの唇に、つるんとした下着で今日はなんだか “攻め” な気分…。フェロモンたっぷりで、彼をとろけさせてみてはいかがでしょう。