アンアンからニュースを配信します!

江口のりこ、『半沢直樹』で注目され「正直、もう…(笑)」

2020.9.27
クールな目つきに宿るアンニュイな表情。スラリとした長身に、凛とした佇まい。リアリティのある演技で、どんな役もこなし、作品をきりりと引き締める、比類なき女優。江口のりこさんが輝き続ける秘密とは?
eguchi noriko

『半沢直樹』の国土交通大臣・白井亜希子役が強烈なインパクトを与えた江口のりこさんが、一躍脚光を浴びている。

「いや~、世間の注目度が高い作品にたまたま出演しただけで、私自身は何も変わってません。出演のオファーをいただいた時は、前作が大ヒットしたことはもちろん知っていたし、自分とは縁遠い世界だと思っていたので、『なんで私なんやろ?』と驚きました。でも実際に現場入りしたら、雰囲気は他の現場と同じ。みなさん自分の仕事を淡々とこなしていたので、私もいつも通りに仕事ができました。ただ世間の関心が高すぎるのが…ちょっと。注目を浴びるのが苦手なので、正直、もうほっといてほしい(笑)。私にとってはどの作品も、同じ一つの作品にすぎないし、それに、今までだって頑張ってきたと思っているんですけどね~」

江口さんのぼやきは、ごもっとも。芸歴約20年のベテランで、これまでも数多くの映画やドラマに出演して、存在感を放ってきた。シリアスからコミカルな役柄まで、オールマイティな役者として、確かな実力を存分に発揮している。江口さんが演じると、どの役もリアルな人間の質感と味わい深さを感じられ、たった数分の出演であっても強く印象に残る。クセや毒気の強い役でも愛着が湧いてくるから不思議だ。そんな幅広い役柄をこなしてきた江口さんは、毎回どのように役作りをしているのだろうか。

「演じる役の職業のことを調べたりはしますけれど、自分の中で細かく作り込んでしまうと、現場の指示に素直に従えなくなるので、役作りは特にしません。どんなことがあっても臨機応変に対応できるように、とにかくセリフだけは頭にしっかり叩き込むようにしています。これは、劇団で習ったことのひとつですね」

舞台、映画、テレビドラマと、多方面で活躍し、いくつもの役を掛け持ちすることも多い。しかし、混乱したり切り替えが難しかったりすることはないそう。

「朝起きて、『あれ? なんで起きたんやろ。今日は何するんやったっけ?』と、ぽかんとなることはありますが、現場に入ってしまえば混乱することはないですね。そもそも切り替えという概念がない。役者さんの中には、役が抜けないと言う方もおられますが、『どういうことなんやろ』と思います。だってどんな役を演じても、結局は自分でしかないですもん。それを美術セットやメイク、衣装などによって、その役に見えるように作ってもらっているだけなので。特に映像の仕事はスタッフさんの力量が大きいですね」

eguchi noriko

映像の仕事が増えても、劇団に所属し続ける理由は、舞台が自分のホームグラウンドという気持ちが強いから?

「そういう意識はないけど、舞台は稽古時間が決まっていて、わりと健康的だし、どっぷりと落ち着いて作品について考えられるから好きです。映像のお仕事は、セリフさえ間違えなければ、次々と物事が進んでいくので怖くなる時があって。そんな時、劇団でひとつの芝居とじっくり向き合うと、今の自分を確認することができるんです。座長の柄本(明)さんに、『芝居はそんな簡単じゃないよ。もっと考えて、もっと探せ』と、芝居への姿勢を指摘されることがあります。どっかで簡単に解決するような癖がついてしまっているのかもしれません。だから定期的に劇団の舞台に立つことで、気を引き締めることができるんです。でも、映像の仕事も大切。もともとテレビドラマに出たいという思いは全くなかったんですが、やっているうちにドラマの世界もおもしろいなぁと思うようになってきました。特にそれを感じたのが『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の現場でした。プロデューサーの小田玲奈さんを中心に、良い作品を作ろうという気持ちの強いスタッフや共演者ばかりで、前向きに取り組めたんです。でもやはり怖さはあるので、毎回みなさんに励まされながらやっている感じですね」

これからも世間の評価は気にせず、長く演じていきたいと、江口さんは話す。

「芝居は、一生続けたいくらい楽しい。難しいから楽しいと思えるので、日々勉強です。この思いは、19歳から20年間、何も変わってませんね。そう思って続けてたら、40歳になってました。役者って、いくつになってもカラダさえ健康ならやれる。たとえば98歳とかで、私がめっちゃ元気やったら、役を独り占めできるわけじゃないですか。そうやって、長く役者をやっていたいですね」

過去&現在進行形の出演作

『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』

eguchi noriko

ファッション誌編集者を目指し出版社に入社したのに、地味な校閲部に配属されたヒロインを石原さとみさんが演じる。江口さんは、厳しく真面目な校閲部の先輩・藤岩役を好演。2016年、日本テレビ系で放送。Huluで配信中。©NTV

『事故物件 恐い間取り』

eguchi noriko

売れない芸人のヤマメは、TV出演を条件に事故物件に住むことになり、そこから怪奇現象に巻き込まれていく。主演は亀梨和也さん。ヤマメに事故物件を紹介する不動産屋・横水を演じる江口さんの怪演が話題に。公開中。©2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

『キワドい2人‐K2‐』

2218 eguchi noriko5

新米刑事役の山田涼介さんと、型破りな破天荒刑事役の田中圭さんの異母兄弟凸凹バディが池袋を守る。江口さんは、2人が勤務する強行犯係の頼れる姉貴的存在の木村ともこを演じる。毎週金曜22時~、TBS系で放送中。

えぐち・のりこ 1980年4月28日生まれ、兵庫県出身。’99年に柄本明さんが座長を務める劇団東京乾電池に入団し、現在も所属。2002年にスクリーンデビュー、’04年に初主演を務める。ドラマ『時効警察』シリーズにレギュラー出演し、知名度を上げた。’20年は、『ソワレ』『事故物件 恐い間取り』など5本の映画に出演。ドラマ『キワドい2人‐K2‐』が放送中。『#リモラブ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)が、10月14日スタート。

ニットロングドレス¥64,000 中に着たタートルネックニット¥37,000(共にAURALEE) レザーフラットミュール¥49,000(AURALEE MADE BY FOOT THE COACHER) 以上AURALEE TEL:03・6427・7141 その他はスタイリスト私物

※『anan』2020年9月30日号より。写真・宮崎健太郎 スタイリスト・清水奈緒美 ヘア&メイク・廣瀬瑠美 取材、文・鈴木恵美

(by anan編集部)