アンアンからニュースを配信します!

綾瀬はるか「もし主婦になったら…」 西島秀俊「目に浮かぶわ(笑)」

2020.5.23
2017年放送の大ヒットドラマ『奥様は、取り扱い注意』が待望の劇場版に! 菜美と勇輝を演じる、綾瀬はるかさんと西島秀俊さんにお話を伺いました。
2201 ayase2-1

――このシリーズにはどんなところに魅力を感じていますか?

綾瀬:やっぱり設定の面白さですよね。お互いに夫婦でありながら監視し合って、言いたいことを言い合って、そしてお互いに秘密を持っている。

西島:奥さんが元特殊工作員ですもんね。

綾瀬:菜美は普通の家庭に憧れて主婦になったけど、本能ではスリルみたいなものを求めていたりして、結局自分らしさは殺せないってことなんでしょうね。もし私も、主婦になって旦那さんのために毎日「おかえりなさい」ってやってたら、いつか爆発するかも…。私はこんなんじゃない、もっと自由なんだぁ! って。

西島:目に浮かぶわ(笑)。それもそんな長期間の話じゃなくて、1週間ぐらいで爆発しそう。

綾瀬:私を縛るのかー! って。あれ…質問なんでしたっけ? そうそう、菜美の得体の知れないワクワク感にも魅力を感じますね。

西島:悪を必殺するような菜美の超絶な力は魅力的ですよね。そうかと思えば普段はドジだったりして、人としての魅力がある。

綾瀬:あと菜美のヒーロー感はいいね。この(相手を挑発する手招き)ポーズとかお決まりの音楽を聴くと、きたー! って感じ。

西島:見ていて一番気持ちがいい。法律では解決できない問題って、誰だってモヤモヤしますよね。それを菜美がスパッと解決していくのがこの作品のいいところ。映画ではそれがものすごい大きな規模になって、国際的な問題でも強さを持って解決していくっていう。今回も気持ちいいです。しかも夫婦喧嘩をしながら戦ってるし。

綾瀬:ただ夫婦喧嘩のセリフだけを言い合うよりも、もはや動いている方が言いやすいよね。その方が菜美らしいし。それに、真面目に「私がなりたかったのは、あなたの奥様」って言われても重くなっちゃうなぁって。

西島:それはあるね。

ayase

――やっぱり菜美と勇輝の夫婦関係は魅力的ですよね。夫婦とはいえ、秘密を抱えているからうまくいく部分もあるのでしょうか。

西島:それなんですが、勇輝って結構ポンコツなんで、一生懸命「仕事だから」って自分を律しようとしているんだけど、菜美にベタ惚れしてるのが出ちゃってるんです。全然自分の気持ちを隠せてない(笑)。だからどっちかというと、お互い秘密を抱えているというよりも、本音の部分が出ちゃってるからうまくいっているのかも。

綾瀬:菜美は、勇輝には本心を言いやすそうだし、この二人は相性がいいのかもしれないね。

――綾瀬さんと西島さん、お二人の関係性と似ていますね。

二人:そうかも!(笑)

綾瀬:私にとってのお兄ちゃんは、もはや相棒みたいな感覚です。

あやせ・はるか 1985年3月24日生まれ、広島県出身。主演作に大河ドラマ『八重の桜』(NHK)や『義母と娘のブルース』(TBS)など。NHK紅白歌合戦の司会を3度務めるなど、幅広く活躍。

にしじま・ひでとし 1971年3月29日生まれ、東京都出身。出演作に連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)、『きのう何食べた?』(テレ東)など。映画『シン・ウルトラマン』が公開予定。

『奥様は、取り扱い注意』 元特殊工作員の菜美と、現役エリート公安の勇輝は共に、久実と裕司に名前を変えて地方で暮らしていたが、実は菜美は記憶をなくしていた。そして、国家レベルの大きな事件へ巻き込まれてしまう…。近日公開予定。

※『anan』2020年5月27日号より。写真・三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト・椎名直子(綾瀬さん) カワサキタカフミ(西島さん) ヘア・夛田恵子(mod’s hair/綾瀬さん) メイク・UDA(mekashi project/綾瀬さん) ヘア&メイク・亀田 雅(The VOICE/西島さん) 取材、文・若山あや

(by anan編集部)