アンアンからニュースを配信します!

「歌詞にするとこじらせてばっか」鈴木愛理がファンに“謝罪”!?

2019.12.20
アイドルグループ°C‐ute解散後、ソロシンガーとしていきなり武道館に1万人を集め、鮮烈なスタートを切った鈴木愛理。1年半ぶりのセカンドアルバム『i』は、クールなダンスチューン、ハードなバンドサウンド、切ないラブバラード等、様々な鈴木愛理の表情が溢れている。自身が作詞作曲に参加した曲も増えて、より素顔が見えるのも魅力だ。
music

「ドラマに出演させてもらったことがきっかけで、感情を表に出すことは恥ずかしくないんだって思ったんです。あと、『i』にも収録されているwacciさんの『別の人の彼女になったよ』をツアーでカバーさせてもらって。どうしてもライブでは着飾っちゃうんですが、泣きながら歌う日もあったくらい、歌の世界に深く入り込む感覚を覚えたんです。それで、自分を削って音楽をやることがソロシンガーとしての宿命なのかなって思ったんです」

自身の歌詞では、弱さや孤独感を素直に吐露している。

「インタビューではポジティブ発言するくせに、歌詞にするとこじらせてばっかなんです(笑)。悩んだ時や涙が出た時にメモを取っていて。この前ファンの方に『寂しいか辛い歌詞しかないので幸せな曲を書いてください。結婚するんで!』って言われて、『すいません~』って(笑)」

モデル業や女優業にも積極的に取り組んでいる鈴木さん。5年後にはどういう存在になっていたい?

「“手が届きそうで届かない存在であり続けたい”というのがアイドル時代からの目標なので、共感してもらえる存在でいたいです。いちばん憧れるのは、自分自身にしっかり向き合って、研究を重ねた輝きを持ってる方。コンプレックスこそが最大の武器だと思っているので、メイクにせよ健康法にせよ、自分自身を実験台にして、実績のあるものだけを周りに勧めたいんです。それもあって最近お休みの日は、自分でマッサージしたり、お金をかけずに家の中にいながらできることをやってるんです。人間ってもともとは原始人なわけだから、何にも頼らなくてもできるんじゃないかっていう境地にたどり着きました(笑)」

2181 music2-2

先行シングル「Escape」「IDENTITY」収録のセカンドアルバム『i』。【初回生産限定盤(CD+パシフィコ横浜公演Blu‐ray+プレイパス封入)】¥6,500 【通常盤(CD+プレイパス封入)】¥2,500(zetima)

すずき・あいり 2017年に解散した°C‐uteのメインボーカル。’18年6月アルバム『Do me a favor』でソロデビュー。12月21日から東名阪Zeppツアーを開催。’20年4月21日に横浜アリーナで単独公演を行う。

※『anan』2019年12月25日号より。写真・的場 亮 スタイリスト・浅野実希 ヘア&メイク・高橋 綾 取材、文・小松香里

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ