化粧液を糸状にして吹きつける!? 自宅でできる“近未来スキンケア”

2019.12.20
気になるコスメの開発秘話をお届けする「コスメラボ」。今回はestのエスト バイオミメシス ヴェールです。

湿潤環境をキープして自分史上最高の美肌へ。

2181 cosme labo

肌に備わる美しくなろうとする力を極限まで引き出すことを目指し、この秋、『est』がブランドリニューアル! その進化を象徴するように、高性能な小型マシンを取り入れた近未来的なスキンケアシステム「バイオミメシス ヴェール」が誕生した。着目したのは、肌にとって適切な水分量が吸放出される環境を保つことで体が本来持っている自己治癒能力を生かし、キズを早くキレイに治すという“湿潤療法”。医療分野で活躍し、ガーゼを使わない進化型絆創膏でもおなじみ!

「バイオミメシスは贅沢なうるおいで満たす専用の美容液を夜のお手入れの最後になじませた後、パナソニックと共同開発した小型マシンを使って専用の化粧液を1本の細い糸状にして吹きつけるのが特徴。肌の上に極薄ヴェールを形成し、肌の修復機能が高まる夜に適度な湿潤環境をキープします」(花王 ソフィーナ事業部 開発マネージャー・楠見伸子さん)

朝になったら、極薄ヴェールを剥がすだけ。昨晩の疲れを感じさせない、なめらかで透明感の高い肌に出合えるはず。

「吹きつける糸は、髪の毛の約1/100の細さです。糸の網目を介して美容液がすみずみまで均一に行き渡り、肌を密閉しすぎないベストな湿潤環境をつくります。また、フィット感と伸縮性に優れ、極薄ヴェールが朝まで剥がれにくいのもポイント。従来の与えるスキンケアとは発想が異なり、健やかな肌が育ちやすい環境に整え、肌自身の力で未知なる美しさを追求できるのが魅力です」

極薄ヴェールはベタつきも重さも気にならず、寝ている間に枕にスキンケアが落ちてガッカリ……といったストレスや、肌への刺激も一切なし。きちんと保湿しているはずなのに乾燥する、肌あれを繰り返す、スキンケア効果が実感できない人は、ぜひ頼るべき!

湿潤環境を保ち、潜在美を引き出す。右から、エスト バイオミメシス ヴェールエフェクター 40g(約3か月分)¥12,000 同ヴェールディフューザー¥50,000 (装着した)同 ヴェールポーション 9ml(約1.5か月分)¥8,000(花王 TEL:0120・165・691)

※『anan』2019年12月25日号より。写真・田村昌裕(FREAKS) スタイリスト・荻野玲子 取材、文・北川真澄

(by anan編集部)


池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ