アンアンからニュースを配信します!

米津玄師「パプリカ」を歌う新津ちせ主演! 少女と愛犬の物語

2019.10.17
8歳の少女と愛犬の物語を描いた映画『駅までの道をおしえて』を紹介。

誰かと悲しみを分かち合うことで希望を見つけていく出発の物語。

MOVIE

演技の世界に、“子どもと動物のお芝居には勝てない”という格言があるそう。『駅までの道をおしえて』は、まさにそんな格言がピッタリ。とってもキュートで健気な子どもと動物たちの演技に思わず目を奪われてしまう感動作です。

主人公は、愛犬ルーの死を受け入れることができない、8歳の少女・サヤカ。いつものように、ルーと過ごした場所を訪れていた彼女は、一匹の犬・ルースに導かれ、古びた喫茶店を見つけます。そこで出会ったのは、先立った幼い息子との再会を願いつつ、年を重ねてきた老人・フセ。共に深い喪失感を抱えたふたりは思い出話をするうち、次第に友情を育んでいきます。そんなある日、サヤカは、フセ老人が待ち続けている大切な“何か”を、一緒に探しに行こうと提案。ルースと海に向かったふたりは、不思議な世界へ迷い込み、一生忘れられない経験をすることになります。

サヤカを演じるのは、米津玄師がプロデュースした国民的大ヒット曲「パプリカ」を歌うFoorinのメンバーとして大ブレイク中の新津ちせ。この作品で実写映画初主演を果たした彼女ですが、オーディションで役を勝ち取った直後から約1年間、自宅でルーと共同生活を送ったほどの女優魂の持ち主。天真爛漫な表情で、ルーとの特別な絆を体現し、観る者の心を揺さぶります。サヤカの友人となるフセ老人役には、フランスの最高勲章を受賞し、世界が認めるカリスマ演劇人・笈田ヨシ。サヤカの両親を坂井真紀と滝藤賢一、伯父夫婦をマキタスポーツと羽田美智子、祖父母を塩見三省と市毛良枝、フセ老人の秘密を知る医療関係者を柄本明と余貴美子など、実力派キャストたちが勢揃いし、味わい深い演技を披露しています。さらに、有村架純が10年後のサヤカの気持ちを情感豊かなモノローグで表現。誰かと悲しみを分かち合うことで新たな希望を見つけていく、出発の物語を温かく包み込んでいます。

ちなみに、この映画の撮影現場で出会ったルーとルースは瞬く間に意気投合。現在は仲良く一緒に暮らしているそう。後日談にまでほっこりしてしまう『駅までの道をおしえて』。映画館で鑑賞の際は、厚手のハンカチを忘れずに!

『駅までの道をおしえて』 原作は、直木賞作家・伊集院静氏の同名ベストセラー小説。大切な相手を失い、悲しみにくれる人々に訪れる奇跡を描いた感動作。監督/橋本直樹 出演/新津ちせ、有村架純、坂井真紀、滝藤賢一、笈田ヨシほか 10月18日(金)より全国公開。©2019映画「駅までの道をおしえて」production committee

※『anan』2019年10月23日号より。文・田嶋真理

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ