アンアンからニュースを配信します!

パスピエ結成10年! 新作は“リミッターを外してみた”??

2019.5.25
パスピエは、音楽大学でピアノを学んでいた成田ハネダを中心に卓越したスキルを持つメンバーが集まり、ハイトーンボイスで個性を光らせる大胡田なつきの存在感が加わって、独自のポップミュージックを生み出してきた。彼らも今年で結成10周年。その節目にニューアルバム『more humor』が完成した。

人間味溢れる切なさや美しさ、その中にユーモアを光らせて。

pasupie1

「やっぱり10周年というタイミングで何を見せるかとなった時に、今までの総決算みたいな作品を出すのは何か違うなというのがあって。僕らの次の挑戦が伝わればいいなと思って作ったアルバムです」(成田ハネダ)

「常に新しいことをしようと思っていたんですけど、それでも今まではリミッターみたいなものが付いていたのかも。今回はそれも外れた感じで“やっちゃいましょう!”というムードがありました」(大胡田なつき)

聴き手にしっかりと新しいパスピエが伝わるよう、今回は70もの候補曲を作った。海外のヒップホップ、オルタナR&Bの要素も取り入れたサウンドと、大胡田が中音域ボーカルをアンニュイに聴かせるリード曲「ONE」などは特徴的だ。

「この曲はサンプリングやトラックっぽい要素を含む音楽の中で、アコギをかき鳴らすという発想も新しいかなと思います」(三澤勝洸)

「パスピエというバンド像は明確になってきているんですけど、一般的なバンドのセオリーから外れたとしても、パスピエなりのバンドっぽさになればこだわりはない。その柔軟性も僕らの強みです」(露崎義邦)

ライブが楽しみなラストの「始まりはいつも」まで全10曲。人間味溢れる切なさや美しさを繊細に描きながら、その中にハッとするようなユーモアやアイデアをちりばめる今作。パスピエが考えるユーモアとは?

「メンバーで一番ユーモアがあるのは大胡田ですよね、普通こんな髪型にしないでしょ(笑)。でも本人は特に面白いとか思わずにやってるんです。だから『これってユーモアでしょ?』って思ってやることってユーモアじゃない。誰かが面白いと思ったものが、その人にとってのユーモアなんです」(成田)

「私は自分が楽しく楽に生きられるように毎日を過ごしているだけなので(笑)、これからもそれをどんどん外側に向けて、みんなを良い気分にできたらいいなと思います」(大胡田)

pasupie2

結成10周年の節目にリリースした5thフルアルバム『more humor』。さらに進化したサウンドに溢れた全10曲収録。【通常盤CD】¥2,500 【初回限定盤CD+DVD】¥3,241(ワーナーミュージック)

パスピエ 露崎義邦(B)、大胡田なつき(Vo)、成田ハネダ(Key)、三澤勝洸(G)。2009年結成、’11年にミニアルバム『わたし開花したわ』をリリース。多様なジャンルを咀嚼してポップミュージックにする個性派バンド。ライブにも定評があり、今年も6月より全国ツアーがスタートする。

※『anan』2019年5月29日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・KOMAKI 取材、文・上野三樹

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる♡「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法