アンアンからニュースを配信します!

衝撃アニメ「さらざんまい」がツイッターをざわつかせたワケ

2019.5.25
浅草を舞台に、それぞれに悩みを抱えた男子中学生3人がひょんなことからカッパの王子と出会い、自らもカッパとなってゾンビと戦い、尻子玉を抜く――。衝撃の1話が終わった瞬間、「一体何を観せられているんだ」「訳がわからないけど、観るのをやめられない」「逆に気になりすぎて見入ってしまった」などとネットがざわつき、ツイッターのトレンド入りした『さらざんまい』。これまで『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』『ユリ熊嵐』といった話題作を続々と発表してきた奇才・幾原邦彦監督の最新作は、“欲望”と“つながり”という現代人が抱えるテーマを真っ向から描いた、今もっとも観てほしいアニメ!

誰も観たことがない衝撃のアニメに話題騒然。

「尻子玉を抜く」衝撃のシーンはもとより、浅草というリアルな場所の再現率の高さ、先の読めないストーリーなど、見どころ満載の『さらざんまい』の面白さを徹底的に読み解きます!

ここがすごい(1)
摩訶不思議な世界観

sarazanmai1

カッパ王国の第1王位継承者を名乗るケッピによってカッパにされてしまった男子中学生3人。カッパとなった彼らは人間の目からは見えない存在になってしまう。人間に戻る方法はただひとつ、ゾンビから尻子玉を抜いてケッピに転送すること…。奇想天外な世界観と謎めいたストーリーが展開される『さらざんまい』は、その謎が解き明かされていく快感を味わえるのが最大の魅力。一稀たちがそれぞれに抱えている欲望とは何なのか、3人がつながりたいと願う相手とは一体誰なのか。そもそもケッピはなぜ浅草にいるの? などなど、尽きない謎に頭を悩ませ、考察するのが楽しい! そしてそんな謎を吹き飛ばす強烈な映像演出も見どころのひとつ。カッパになった3人が歌いながら尻子玉を抜くシーンや、唐突に始まる玲央と真武のミュージカルシーンもお見逃しなく!

ここがすごい(2)
リアリティのある風景描写

sarazanmai2

『さらざんまい』の舞台になっているのは、東京・浅草。浅草寺の雷門や仲見世通り、隅田川沿いの散歩道といった有名な観光名所が登場するだけでなく、ケッピが封じ込められていたカッパの像が置いてある場所もまた、ちゃんと実在しています(ケッピ像はありませんが)。3人の少年たちがカッパになってゾンビと戦い、尻子玉を抜くという突飛で愉快なストーリーが、浅草という、リアルで、実際に人が生活している場所で展開されるという2次元と3次元の交錯もまた、この作品の魅力のひとつ。『さらざんまい』の中で一稀や悠、燕太たちが住む街を実際に歩いてみて、作品に登場した場所を見つけるのも面白いのでは。

ここがすごい(3)
萌えどころ満載な関係性

sarazanmai3

警察官のはずなのに、必殺仕事人がごとく毎回ひっそりと悪人を成敗している真武と玲央。突然ミュージカルのように歌いだす、かなり謎めいた2人だけど、実はその正体は、人間の欲望を集めている一稀たちの敵だった! 2人がなぜカワウソにいいように使われているのかというと…。それは今後の展開をお楽しみに。今はまだすべてが謎に包まれている真武と玲央の2人がたどる悲しくも切ない“つながり”の物語は、これからますます目が離せなくなること必至。一稀や悠、燕太たちとはまた違った“つながり”を持つこの2人の物語にも、ぜひ注目を。麗しい2人の青年の幸せを願わずにはいられません!

『さらざんまい』 東京・浅草に住む中学2年生の一稀と悠、燕太は謎の生命体・ケッピによってカッパにされてしまう。3人が人間に戻るためにケッピが与えたミッションとは…。フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて毎週木曜24:55~放送中!

※『anan』2019年5月29日号より。取材、文・尹 秀姫 ©イクニラッパー/シリコマンダーズ

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる♡「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法