アンアンからニュースを配信します!

へしこがお寿司に! ギフトに最適な京都の有名料亭が手掛ける逸品

2018.5.30
ギフトコンシェルジュ・真野知子さんの「おいしいギフト」。今回ご紹介するのは、『白(はく)』のへしこ寿司です。
113

京都の有名料亭が手がけたおもたせの専門店『白』が祇園にオープンした。 ギャラリーのように陳列されているのは“一日ひとつの幸せ”をテーマにした、食材の素の味や姿が感じられる甘味と総菜。白和えやうすい豆を使った和のサンドイッチというオリジナリティに溢れたものなど、どれも品のある佇まいで京都土産としても求めたいものばかりだ。その中でも私が惹かれたのは、「へしこ寿司」。

そもそも、へしこという食べ物をご存じだろうか。鯖のぬか漬けで、とても塩辛い珍味。私の郷里では自家製を夏場の塩分補給としてお茶漬けにして食べる、とても馴染みがあるもの。そのへしこを寿司に、という響きが新鮮だったのだ。期待を膨らませつつ包みを解き、蓋を開けると、ほぅ…。その整然と美しく収まったさまに、しばし見とれて。塩漬けされた特大の柿の葉を開くと姿を見せるのは、丹後産のへしこ。私が知っているへしこより、随分と色が白い。通常のへしこと違い、半生に仕上げられていて、さらに煮切酒に浸し塩味を和らげているそう。酢飯は寿司酢に刻んだレモンの皮と果汁を加え、優しい酸味に。ぬかと刻んだへしこの身も混ぜて握られていて、ひとくち頬張ると、爽やかな風味の中にもそれらが絡み合う深い味わいがある。

へしこ寿司(7個入り)¥2,300。白和え、うすい豆(えんどう)、オイルサーディンの3つのフィリングが味わえる和のサンドイッチ「三度いっち」は¥1,500。ほか、おはぎなど甘味も揃う。

白 京都府京都市東山区祇園町南側570-210 TEL:075・532・0910 11:00~18:00 日曜休(翌月曜が祝日の場合は営業、翌月曜休) 京阪本線祇園四条駅から徒歩5分。名料亭による料理とお菓子を販売するテイクアウト専門店。

まの・ともこ ギフトコンシェルジュ。手土産など日常的なギフトからハレの日まで多彩なシーンに合わせたギフトをセレクト。

※『anan』2018年6月6日号より。写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 文・真野知子

(by anan編集部)

#料理記事をさらにチェック!
#ギフトの記事を覗いてみる!
エグい「女のあざとアピール力」…『バチェラー・ジャパン2』で婚活スキルがUPする4つの理由って?