アンアンからニュースを配信します!

スペインの「タパス文化」を感じて! 衝撃はチョコとチョリソーの…

2018.3.16
フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回は『Txiki Plakad(ティキ プラカ)のタパス料理です。
フード (1024×663)

橋の路地裏。古くて渋い小料理屋やお寿司屋が軒を連ねる一角に、突然、ブルーの窓枠がやけに鮮やかな店が現れる。「サンセバスチャンの海の青のイメージなんですよ」。そう店主の八谷玲美さんが言った。そこはスペインのタパス文化が楽しめるバル『ティキプラカ』。

バスク語で“小さな皿”という意味を持つ店名の通り、メニューにはピンチョスやモンタディート(オープンサンド)などの小皿料理が並ぶ。ハイスツールのカウンターで構成された店内は、チャコリ(バスクの微発泡白ワイン)片手にさくっと飲むのにぴったり。

といいつつ、しっかりごはんで煮込みやデザートまで楽しむこともできる。衝撃的なのはチョコレートとチョリソーのモンタディート。揚げ焼きに近い形でカリッと温められたバゲットに、イベリコ豚のチョリソー、カカオ70%のビターチョコレートが削られる。パンの熱でとろけるチョリソーの脂にカカオの香りと甘みが重なれば…それはもう魅惑の一口だ。

「料理の構成素材は少なく。シンプルに素材を味わえながら、それでいて新しい発見がある一皿を目指しています」と八谷さん。料理人として10数年のキャリアを持つ彼女による確かな味わいのタパスたちがカラフルにテーブルを埋め尽くせば、否応なしに宴が始まる、ご機嫌すぎる一軒だ。

Txiki Plaka 東京都港区新橋2‐15‐1 TEL:03・6206・1125 17:00~24:00(23:00LO) 日曜休(翌月曜が祝日の場合は営業)

左・小海老とチョリソー・リレッシュソース¥580、中・牛肉と深谷葱・マッシュルーム¥640、右・左上から時計回りに、卵とピキージョ・アンチョビ¥380、鯵のマリネと焼きナス・カリフラワー¥540、チョコレートとチョリソー¥380、ヒルダ¥340。*価格はすべて1ピースあたり。

ひらの・さきこ 1991年生まれ。フードライター。著書にエッセイ集『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)。

※『anan』2018年3月14日号より。写真・清水奈緒 取材、文・平野紗季子

(by anan編集部)

#料理の記事をもっと読む!
#平野紗季子についてチェック!
長時間のデートでも快適&ふんわりスカートを実現! airCloset×旭化成のオリジナルペチコートが優秀すぎる