アンアンからニュースを配信します!

売れた時点でロックはアレになる? 岡崎体育「ロックは俺やで!」

2018.2.26
岡崎体育の「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「ロックって?」です。
岡崎体育

そもそもロックって何なのか。何なのかっていうと…何なんですかね。ロックの解釈は人によって違うと思うんです。レゲエやヒップホップなどと並ぶ音楽ジャンルのひとつとしてのロックなのか、それとももっと精神的なものなのか。さらに、ひと言でロックって音楽ジャンルをいっても、すごく純粋なエルヴィス・プレスリー的なザ・ロックンロールから、パンク、ラウド、グランジにオルタナも全部ロックって言葉でひとまとめにできる。

なので、これは僕が思うこと、あくまで僕の解釈なんですが、いま日本でロック・バンドっていわれているバンドは、全部ポップですよね。みんながみんな、インタビューなんかで「俺のロックが」とか言うじゃないですか。それをリスナーたちが読んで勘違いしがちですけど、売れてしまった時点で、みんなが知っているバンドになった時点で、1ミリもロックじゃないと思います。なんでそう思うかというと、日本では売れてしまうとすべてJポップとして消化されてしまう。どんなに本人らが俺たちロック・バンドやし、とかっこつけていても、顔ファンのガチ勢がついた時点でそれはロックなことではない。もはや、ポップなんです。

そう思う一方で、本人らが「俺たちはロックだ」と言っていたらそれはもうロックだ、とも思います。僕もね、ひとりでライブを始めた21~22歳のころ、ステージで常に「ロックンロール!」って叫んでいた時期があったんです。何も持たず、ギターもマイクすら持たず、曲が1曲終わるたびに「ロックンロール!」って。まったくロックじゃないのに「ロックンロール!」って叫ぶのが面白いと思っていたんでしょうね。でもロックってそういうもんで、打ち込みでも楽器やってなくても、本人が「ロックだ」と言ったらそうなる。もはや音楽ではない。精神そのもの。発信するか否かの差だと。味噌汁の具に豚肉が入っているものを何と呼ぶか。その人が「豚汁」と言えば「豚汁」だし、あくまで「味噌汁だ」と言えば「味噌汁」だし。

つまりは、ロックは他人に判断なんてできない。本人がロックだと言うならそうでしかない。って、考えると商業音楽でトップ取るってイキっているクソダサい俺こそ、実はめっちゃロックやなと思います。2010年代を代表するロックは間違いなく、俺やで!

おかざき・たいいく 2016年メジャーデビュー。NHK Eテレ『天才てれびくんYOU』にレギュラー出演中。3/25より岡崎体育ワンマンツアーがスタート!

※『anan』2018年2月28日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)

#音楽記事をさらに読む。
#岡崎体育についてもっと知りたい。
【痩せるためにはアレをする!】ダイエット部成功の秘密!