好きなこと、話そ!

西田 彩花

セクシー?むしろ…おばさんぽくて男が萎える「NGデートメイク」 #69

2019.3.6
今夜は勝負の日!そんなときはメイクにも力が入ります。いろいろな方向性のメイクがありますが、今回取り上げたいのはセクシーメイク。いくら勝負の日でも、気合いの入れすぎは避けましょう。

老け感が出てしまう…!? 濡れまぶたメイクに注意

【美容ライター直伝モテ美容&メイク】vol. 69

ツヤっとした目もとには、引き込まれそうな魅力があります。照明が暗いところでも印象的なので、セクシーメイクに使えます。しかし、アラサー世代からは注意したい点も。

ツヤツヤの目もとをメイクできる、リキッドタイプやジェルタイプのアイカラーがあります。これらはひと塗りで濡れまぶたをメイクできるのですが、まぶたのくぼみを強調してしまうことも。30台頃から徐々にまぶたが痩せてくる方もいます。痩せたまぶたを強調すると、一気に老け感が出てしまうのです。

ツヤ系の目もとをメイクしたいときは、パール入りのパウダーアイカラーを使ってみると良いでしょう。大人の魅力を出しつつ、年齢を感じさせないまぶたに仕上がりやすいですよ。

若作りが痛々しい…!? グロスの塗り方に注意

セクシーメイクでは、リップメイクに力を入れる方も少なくないのでは。思わずキスしたくなる唇をメイクできれば、デートも成功しそうです。気をつけたいのはグロスです。

ツヤ感の強いグロスもありますが、これを唇全体に塗ると、ギトギトな印象になってしまいがち。年相応に見えなくなってしまい、痛々しいと思われてしまう可能性もあります。

ツヤを少しプラスする程度のグロスを選べば浮きにくいです。ツヤ系ルージュでリップメイクをした後、グロスを唇中央にオン。唇の上下を合わせてなじませると、男性ウケの良い美リップのできあがり。ツヤを強くするだけのリップメイクは卒業しましょう。

バブリーな印象に…!? アーチ眉の描き方に注意

セクシーメイクだけでなく、モテメイクにも使えるアーチ眉。優しげな印象になり、男女問わず好印象ですよね。しかし、一歩間違えるとバブリーなイメージに。

アーチ眉を描くときに気をつけたいのが、太さと濃さ。太く濃いアーチ眉は、なんだかバブリーメイクを彷彿とさせます。タイムスリップしてきた!? と突っ込みたくなることも。

細めの眉は女性らしい印象を与えます。細めになるよう意識し、しっかりボカして濃さを調節しましょう。眉が変わると顔全体の印象が変わるので、気をつけてくださいね。

セクシーメイクをする際、やり過ぎは禁物です。狙いすぎていると思われてしまうとドン引きされかねませんし、老け見えメイクになってしまうと残念ですよね。

気合いを入れたい気持ちもわかりますが、間違った方向に気合いを入れないようにしましょう。勝負の日だからこそ、やり過ぎていないかチェックしてみて。

美容-記事をもっと読む-_バナー
男が嫌う「NG美容法」をもっとチェック_バナー

セックス-記事も読む-_バナー

足立梨花&生駒里奈サイン入りエコバッグが当たる!anan×COOL CHOICE Twitterキャンペーン


©InnerVisionPRO/Gettyimages
©SergeyTay/Gettyimages
©adrianova_/Gettyimages
©YakobchukOlena/Gettyimages