好きなこと、話そ!

玉絵 ゆきの

バレンタインキスの準備はOK…?唇ガサ美の3大悩みを解決する方法

2019.2.13
美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第47回目は「唇ケア」について。今年もバレンタインの季節がやってきました♡ 最近は、職場や学校でチョコを渡すのを禁止するところも増えてきましたが、気になる彼がいる人はアプローチするキッカケになるのは今も昔も変わりません。でも、ちょっと待った! 愛しの彼に会うのに、その唇でOK? 今回は女性の普遍的な悩みと言える唇の皮むけ、縦ジワ、血色の悪さという唇の3大悩みを解決するアイテムをご紹介します。ぷりっぷりっの唇で、もしものキスに備えましょう!

そもそも、なんで唇って荒れるの?

【tamaebeauty】vol. 47

唇の構造は、頬の構造と違い皮膚を守る皮脂膜がなく、角質層がむきだしの状態になっています。そのため自ら保水する力がありません。その状態で、乾燥した外気にさらされたり、食事やメイクで摩擦を繰り返すことで、荒れやすくなっています。

皮がめくれたら、放置せずスクラブオフを

EVESCHERRY
イヴズ フルーツ 20g 1,065円(税抜) 現在発売中 ※バレンタイン限定アイテム

「乾燥が気になるな……」程度なら、リップクリームを塗って保護すればOK。でも、乾燥が進んで唇の皮がめくれるほどになったらリップスクラブを使ってオフしましょう。皮のめくれを放置すると、固くなったりヒビ割れることもあるので気をつけて。

リップスクラブのやり方は、とっても簡単。少量指先にとって、唇の上でくるくるとなじませて洗い流せば完了。デリケートな部分なので力は込めずにやさしくマッサージするのがポイントです。

おすすめは、ラッシュのリップスクラブ。原料が、保湿成分であるホホバオイル入りのグラニュー糖でできているから角質除去と同時にうるおいも与えてくれます。フレーバーもたくさんあるので、選ぶのも楽しい!

とろ~り、とろり♡ デート前夜はリップパックで接近戦に備えよ!

DSC4109-1_DSC4109-1
【チャントアチャーム】ディープモイストリップトリートメント_set_low
チャントアチャーム ディープモイスト リップトリートメント<唇用美容液> ¥1,600(税抜) 現在発売中

「スクラブオフしたら、保湿。そしてときどきスペシャルケア」。肌も唇も、トラブルを防ぐ工程は一緒です。「チャントアチャーム ディープモイスト リップトリートメント<唇用美容液>」は、上記画像の通りトロトロのテクスチャーが特徴的な唇用美容液。体温で溶けるシアバター配合で、唇に溶け込むようにうるおいと栄養成分を閉じ込めます。厚めに塗れば、ナイトパックとしても使えるのでデート前夜に最適。

「毎日が勝負なんです!」という人には、メイク中にリップパックを。

DSC5683_DSC56831
ナチュラグラッセ トリートメント リップオイル モア <唇用美容液> 全3色(左から01ピーチ、02オレンジ、03レッド) 各¥3,000(税抜) 現在発売中
DSC5679_DSC5679
上から01ピーチ、02オレンジ、03レッド

1日24時間のなかで、女性はメイクしている時間がほとんど。忙しい毎日で「正直、スペシャルケアまで手が回りません(泣)」という人もたくさんいるはず。そんな人は、リップアイテムをオイルパックできるものにしてメイク時間をケアタイムへと活用しましょう。

「ナチュラグラッセ トリートメント リップオイル モア」は、グロスならではの厚膜タイプ。唇をかわいく彩りながら潤いと栄養を与えて、厚膜ジェルオイルが潤い&栄養を逃がさずキープします。

ナチュラグラッセ商品開発・浦井さんによると「唇は、頬よりターンオーバーのサイクルが早く3~5日で角質が剥がれます。そのため、結果がでやすいパーツとも言えます」とのこと。

唇が荒れると、ガッカリしてしまいますが「すぐ戻せる!」と思うと俄然ケアもやる気になりますよね。今まさに唇ガサガサ状態でこの記事を読んでる方は、ぜひメイク時間も活用してデートに備えましょう♡

Information

ラッシュ
https://jn.lush.com/

チャントアチャーム
https://www.chantacharm.jp/

ナチュラグラッセ
https://www.naturaglace.jp/

ライター・玉絵のツイッターとインスタグラムもチェックしてくださいね♪

ツイッター
https://twitter.com/YUKINOte_
インスタグラム
https://www.instagram.com/tamae_yukino

美容-記事をもっと読む-_バナー
男が嫌う「NG美容法」をもっとチェック_バナー

みんなで始めればもっと楽しい。地球にやさしい選択(クールチョイス)。


©gruizza/Gettyimages