好きなこと、話そ!

角 侑子

人気の「コーデュロイパンツ」は失敗しやすい!NG例と着膨れ防止テク

2019.1.2
冬アイテムで今、人気沸騰中の「コーデュロイパンツ」。ワイドなシルエットでラフに着こなすのが今年らしいルックです。しかし、もともと厚みのある生地だけにワイドシルエットで取り入れると、ものによっては着膨れ感を倍増させてしまうので気をつけたいところ。そこで今回は、コーデュロイパンツの失敗ポイントと着膨れ防止コーデをご紹介します。

コーデュロイパンツの失敗しやすいスタイル

コーデュロイパンツ11

ハイウエストかつストレートシルエットのコーデュロイは個人的に鬼門。もともと厚みのある生地なだけにハイウエストにすることで下腹部の膨らみを拾いがち。できれば腰回りで履くワイドパンツか、ハイウエストにするなら足首が見えるくらいの短い丈を選ぶことをオススメします。

またトップスは薄手素材のニットを取り入れると、場合によって肉感を拾うようなコーデになってしまいます。コーデュロイほど厚みのある生地は、同じくざっくり感が特徴的な厚みのあるニットを合わせたほうが失敗が少ないです。

ネイビーorブラックパンツで引き締める

コーデュロイパンツ2

とにかく着膨れを避けたいのであれば、コーデュロイパンツはシックな色を取り入れて引き締め効果を高めると良いです。とくネイビーやブラック、濃いめのブラウンのワイドパンツなら着膨れの心配は少なく、どんな体型の方でもすんなり着こなせるのではないでしょうか。

反対に明るいベージュや白のコーデュロイパンツはスタイルに左右される一面があるため、購入前にご自身に似合うかどうか必ずチェックしておくと良いです。

タック入りor太ベルト付きがオススメ

コーデュロイパンツ3

コーデュロイパンツのシルエットはAラインに広がるワイドパンツでも、やや太めのストレートタイプでもどちらでもOKです。

ただし、股上が間延びして見えると途端にモンペ感が出てしまうので、タック入の入ったデザインか太いベルト付きのデザインを選びましょう。下腹部周辺にアクセントがあると下腹部のぽっこり感がおさまります。

可能であれば生地自体も、パリッとしたハリのあるしっかりした素材を選んでください。服の生地が固いほうが立体感が生まれて体のラインをキレイに見せてくれます。

スタイルが美しく見える服を選ぼう

秋冬は春夏以上に多種多様な素材・柄・色合いを楽しむことができますよね。コーデュロイも秋冬だからこそ楽しめる素材。しかしトレンドだからといって、コーデュロイだったらなんでもOKというわけではありません。大事なのはご自身の体に似合う服であるかどうか。

コーデュロイパンツ1つとっても、あなたのスタイルがより美しく見える珠玉のアイテムを選んでくださいね。

ファッション-記事をもっと読む-_バナー
セックス-記事も読む-_バナー

あなたは大丈夫...?男が吸い付きたくなる「モチぷる肌」♡