“浮気グセのある彼”を待ち続けて4年… プロポーズの翌日に告げられた「衝撃の一言」

文・並木まき — 2021.7.19
浮気グセのある人は「治らない」と聞きますが、愛する人が浮気性だったとしても「いつか目を覚ましてくれるはず……」と思ってしまう女性も少なくありません。彩花さん(仮名・32歳)は、“浮気グセのある彼”を4年間待ち続け、見事恋人からプロポーズをされました。ところが、その翌日に衝撃の一言を告げられる事態に……。今回は複雑怪奇な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、そんな彩花さんのエピソードをご紹介します。

■浮気性な彼氏を待ち続けて4年、念願のプロポーズ!

「交際4年目で私にプロポーズをしてきたマサシ(仮名)は、とにかく浮気性でした。私以外の女性と食事に行くのは序の口で、後から私が知っただけでも、別の女性と5回以上は旅行に行っていましたね。

だけど、私はマサシのことが好きだったし、私以外の女性とは遊びっていう感じで短期間の関係だったから、いつかは落ち着いて私のもとに戻ってくるだろうと思っていました」

そして迎えた、交際4年目の記念日。彩花さんはマサシさんから「結婚しよう」というプロポーズを受けました。

「プロポーズされたときは『やっとか……』とホッとしました。

それまでも、私から『結婚したい』という意思は伝えていたので、遅かったけれどようやくマサシも落ち着いてくれるんだなって思い嬉しかったですね」

ところが、安堵したのも束の間。その翌日に彩花さんは、マサシさんから衝撃的な言葉を告げられたのです。

■幸せの絶頂から地獄へ……運命のイタズラでは片付けられなかった衝撃の事実

「翌日の夕方、マサシから届いたLINEに『ごめん! やっぱ結婚はできないや』って書かれていたんです。こっちからしてみれば、天国から地獄に突き落とされる一言ですよね!?

慌てて理由を尋ねると、さらに衝撃的な事実が判明。なんと、浮気相手の妊娠がわかったので、その女性と入籍するって言い出したんです……」

すぐに電話でマサシさんと話をしたところ、マサシさんとしても今回のことは想定外だったとのこと。さらに、そろそろ女性関係を落ち着かせて彩花さんと家庭を築こうと思っていたことは嘘ではなかったと告げられたそう。

好きなのは彩花さんであるけども、タイミング的に運命のイタズラが起きてしまったと言われたそうです。

「そして、それから1か月後。マサシはその女性と入籍をしました。SNS上に『家族になりました! 新しい家族も今年中に産まれます!』なんて書いていて幸せそうに見えました。私に言っていたこととマサシの本心は違ったのかもしれませんね。

マサシはあのとき、“運命のイタズラ”って言葉を使いましたけど、私にとってはそんな言葉では片付けられないほど深く傷ついた出来事でした」

4年間も浮気性の恋人を待ち続けた結果、悲劇的な終わり方をした彩花さん。今でもマサシさんとはSNSで繋がっていて、すでにマサシさんは二児の父になっているそう。

そして、彩花さんはというと、マサシさんとの交際以降は男性と付き合う気持ちになれず、今でも独身を貫いているそうです。

©Yuichiro Chino/gettyimages
©Absodels/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。