逆ギレかよ!…不倫がバレた夫からの「呆れた開き直りLINE」

文・西田彩花 — 2020.12.10
夫や妻の言動が怪しい…。そんなときに見つけた不倫の証拠。それを突きつけたときの相手の態度によっては、さらに腹立たしかったり、悲しかったりすることも。開き直られた後、泥沼バトルというケースもあるようです。不倫するだけで最低なのに、開き直るなんてあり得ないですが…。開き直られた話をご紹介します。

スマホを勝手に見る最低な奴は、もう帰ってくるな

不倫 LINE

「うちは共働きで、子どもはいません。結婚3年経ってもラブラブで、問題ないと思っていたのですが…。夫は土日休み、私はシフト制です。その日は私も日曜日が休みで、夫も家にいたんですね。私は疲れが溜まっており、リビングで寝ていたようです。夫がブランケットをかけてくれていました。
起きたときは、感覚的に昼ごろ。何時だろうとスマホを探していたら、寝ぼけ眼で夫のスマホを手にしていたんです。時間を見るくらいなら大丈夫かと思って見てみると、明らかに女性からのLINE通知が。そのまま開いて見ましたよ。完全にクロでした。


その場で言い出せず、後日LINEで『他の女性と会ったりしてない?』と聞いたんです。しらを切ろうとする様子に腹が立ち、『スマホ見たんだけど』と言うと、夫が逆上。『は? 人のスマホを勝手に見るなんてマジ最低なんだけど』『最低な奴はもう帰ってくるな』と。連投でスタンプや罵詈雑言が送られてくるので、しばらく実家に帰ったんです。そうしたら『本当に悪かった。あれは本気じゃない。愛してるのはヒナだけだから』と、謝罪が入りました。その後は直接話し合い、やり直すことにしましたが…。一生忘れませんよ」(ヒナ«仮名»/27歳)

面倒だから回りくどいのはやめてくれない?

不倫 LINE

「出産後、育児が忙しいのもあり、夫の夜の期待に応えられないこともありました。だけど、育児と家事をしている私を目の前で見ているはずだし、わかってもらえると思っていたんです。おかしいなと思ったのは、以前は知らないようなお店の名前を出したとき。私と行ったこともないし、デートスポットには疎いはずなのに…。違和感を覚えたまま生活していました。


そんなとき私に届いた誤爆LINE。『ごめん! 残業で1時間くらい遅れそう! せっかくの誕生日なのにごめんね!』って。『誰の誕生日なの?』と返してみると、私だと気づいたらしき夫が『あれ? 早とちりしちゃった』と。『待ち合わせなんかしてないですけど?』と送ると、『そういう回りくどいのやめてくれない? 面倒くさいから』と、まさかの開き直り。


『私も面倒だわ。バカらしくなってきたから、もうその女のところに行ったら?』と返しました。しばらく返信がなかったのですが、『今帰ってます。申し訳ございません』と、改まったLINE。夫の帰宅後、性生活での不満などを明かされました。私は育児への理解を求め、一応は一件落着を見ていますが…。裏切られてからは、どうしても監視してしまいたくなります」(シオリ«仮名»/33歳)

だから信用できないんだよな…

不倫 LINE

「スマホを持っている時間が長く、どうも怪しかったんです。夫はもともとゲームが好きなので、変わらないといえば変わらないのですが。はたから見ていると、ゲームをしているような動きに見えなかったんですよ。その時は残業も多くなっており、とにかく変でした。
そこで、残業中だという時間に、LINEを送ってみたんです。『さっき女の人と歩いてるのを見たんだけど、人違いかしら?』って。そしたら『あれは上司だよ! 勘繰るなよ』という返信。ちょうど女性と一緒だったみたいなんですよね。


疑惑が確信に変わり、言い訳がましく聞こえて腹が立ちました。『上司と腕組んで歩くわけ? 道端でキスとかするの?』って、不倫している前提の内容を送りつけました。そうすると、『そんなことしてないって! カマをかけてたわけ? だから信用できないんだよな』とか言い始めるんですよ? 『信用をなくす行為をしているのはどっち? とりあえずすぐに帰ってきて』と返しました。
夫の帰宅後は大げんか状態でしたが、結局不倫してたのはあっちなので…。最終的に、今後はいろんな私の要望を聞くという条件で、許しました」(ホノカ«仮名»/34歳)

そもそも不倫自体がダメなのに、発覚後に開き直るなんてもってのほかです。相手が許したのであれば、しっかりと反省し、改心してほしいものです。


©pixdeluxe/Gettyimages
©Christopher Ames/Gettyimages
©DaniloAndjus/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。