巣ごもりで太ってない?…管理栄養士が伝授「食べていいおやつの選び方」

文・椎原茜 — 2021.1.24
家にいることが多くなったいま、以前よりもついお菓子を食べる量が増えて太ってしまった、なんて声も少なくないはず。でも、もちろん太りたくないし、かといって食べたい欲望を抑えてストレスもためたくない。ついでに健康もキープもしたいですよね。そこで、欲張りな私たちにぴったりの間食の選び方を、管理栄養士がレクチャーします。
ダイエット 太らない 間食 おやつ ヨーグルト 果物 干し芋 ドライフルーツ

巣ごもり生活をしていると、つい手が伸びてしまう間食。でも、以前に比べて運動量が減っているから太りそうで不安。とはいえ、我慢するとストレスが……。加えて、コロナ禍で健康を維持したい気持ちもありますよね。そこで、間食を賢く選ぶためのポイントを、管理栄養士の渥美まゆ美さんが教えてくれました。

間食は、やめなくてOK! 自分ルールづくりがポイントに

――そもそも、巣ごもり中の間食は太りますよね。できるだけ控えたほうがいいのでしょうか?

渥美さん 普段、営業職など活動量が多い仕事をしている女性が在宅勤務になった場合、身体活動レベルが低くなります。そのため、「日本人の食事摂取基準2020版」から計算すると体重50kgの場合、1日に約550kcalも摂取カロリーを少なくしなければなりません。

活動量が減って消費カロリーが少なくてすむときに、いつも以上に食べていては当然太ります。だからといって間食をやめることは逆効果。なぜなら心の栄養が減って、ストレスが溜まってしまうからです。すると、ホルモンバランスが悪くなり、ストレスがさらに溜まるという悪循環に陥ってしまいます。

――では、どのように間食と付き合っていけばいいのでしょうか?

渥美さん オフィスではお菓子を食べながら仕事をすることはあまりないと思いますが、家の中にいると人目を気にしないことから、ついお菓子に手が出てしまいます。しかし、その“ながら食べ”こそが巣ごもり太りの元凶ともいえるんです。

まずは環境から整えるために、自分ルールをつくることをおすすめします。例えばお菓子類をデスクなどの手もとに置かない、大袋のお菓子を開けたまま、いつも食べられる状態にしておかない、仕事場とお菓子を食べる場所をわけるなど、環境を整えましょう。ただし、厳しいルールを決めてしまうと続かないので、できることから実践していくことが大切です。

間食選びのポイントは罪悪感の少ない、栄養を補えるもの

――間食は、どんなものがおすすめですか?

渥美さん 間食といえばお菓子ですが、一般的に高カロリー、高脂肪食になりやすく、栄養素は炭水化物と脂質に偏りがち。「食べてしまった」という罪悪感などの嫌な気持ちも生まれやすく、胃腸の働きを鈍らせるので、せっかく食べた甘いものも上手に代謝されず、太りやすい体にもなり、ここでもまた悪循環に。

そのため、罪悪感が少なく、栄養面に注意してタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維もしっかりと摂れるものを選びましょう。

1. ヨーグルト・デザートチーズなどの乳製品の発酵食品

渥美さん 私が一番おすすめするのは、ヨーグルトやデザートチーズなど乳製品の発酵食品です。発酵食品は消化吸収を助け、お腹にやさしい食品です。ヨーグルトは低カロリーなので午後の間食におすすめですが、夕食後に小腹がすいたときに食べるスイーツとしても適していると思います。

2. 果物

渥美さん 果物もおすすめです。野菜不足になっていたら、間食に果物を食べればビタミンやミネラル、食物繊維などを補えますよ。例えば、バナナ、みかん、りんご、キウイフルーツなどがいいです。

3. 満足感のあるもの

渥美さん 干し芋、甘栗、コーンフレークなど満足感があるものも間食に適しています。

巣ごもり生活中にぴったりの間食3選

――ここで、ライターがピックアップした巣ごもり生活にぴったりの間食を3つご紹介。どれも渥美さんのお墨付きです!

1. カネカ食品「ベルギーヨーグルト ピュアナチュールブルーベリー」

カネカ食品「ベルギーヨーグルト ピュアナチュールブルーベリー」

プレーンヨーグルトとブルーベリーコンフィチュールを混ぜながら食べられるヨーグルト。時間をかけて食べれば少量で満足度もアップ。渥美さんによると「間食は心の栄養という側面が大きく、楽しみながら食べることを重要視したいもの」。混ぜる行為や味の変化に加えて、混ぜてできたマーブル模様を視覚的に楽しめておすすめです。

2. QBB「チーズデザート ブルーベリー6P」

QBB「チーズデザート ブルーベリー6P」

乳製品の発酵食品の一つであるチーズ。ブリーベリーの果肉、果汁となめらかなクリームチーズの組み合わせは、デザート感満載。チーズ系のお菓子が食べたくなったらこれで代替えできそうですね。

3. ナチュラルローソン「有機栽培の干し芋スティック 80g」

ナチュラルローソン「有機栽培の干し芋スティック 80g」

満足感が得られる干し芋。この商品はスティック状なので、食べやすいのが特徴です。有機栽培のさつまいもを使用し、本来のすっきりとした自然の甘みが魅力。パッケージもオシャレで気分も上がりそう。


間食をうまく選びながら、巣ごもり太りを賢く防止して、美味しくストレスフリーな間食タイムを過ごしましょう!

Information

渥美まゆ美さん

渥美 まゆ美さん 
管理栄養士、フードコーディネーター、料理家。出版、メディア出演、レシピ・メニュー開発等を行うと共に、健康サポート事業にも携わる。

「ベルギーヨーグルト ピュアナチュールブルーベリー」
「チーズデザート ブルーベリー6P」
「有機栽培の干し芋スティック 80g」


©Eva-Katalin/Gettyimages