もっと触ってよ♡ 男が興奮した女からの「技ありボディタッチ」4つ

文・山田周平 — 2020.7.26
女性からボディタッチをされたら、男性は内心かなりドキッとするものです。ただ、あからさま過ぎたり、過度にベタベタするような触り方は、逆効果になる危険も……。そこで今回は、男がドキッとした「さりげない技ありボディタッチ」を紹介します。

「笑いながら」触れる

Spain, Andalusia, Malaga, happy couple having a coffee in an alley

「会話中に、笑いながら女性に触られるのがすごく好きです。あれをやられると、いつまでも会話を続けたくなってしまいますね」(20代・男性・アパレル)

ボディタッチの中で最もさりげなく行えるのが、笑いながら男性の肩や腕に触れること。自分の話を聞いて笑ってくれたうえに、ボディタッチまでされるので、男性としては二重の喜びが味わえます。

誰にでもするのではなく、気になる男性にだけ行うようにして、特別感を与えてあげると、さらにその効果は倍増しますよ。

「人ごみ」で腕をつかむ

「デート中に人ごみの中を歩いていて、急に女の子に腕をつかまれたときは、なんかキュンとなっちゃいましたね。こっちもずっと緊張しながら歩いてました」(20代・男性・WEBデザイナー)

人ごみの中を歩くときは、はぐれてしまわないように男性の腕や手をつかんでみましょう。女性から不安そうにギュッとつかまれたら、頼りにされていることを実感して、男性は「守ってあげなきゃ」と思うもの。

その後、自然に手をつなげるチャンスにもつながりますよ。

「脚」をくっつける

「会社の飲み会に参加したとき、隣の席に座った違う部署の女性が、ちょこちょこと脚をくっつけてきて……。それがずっと気になっちゃって、みんなの話が全く頭に入ってこなかったです」(30代・男性・インストラクター)

飲み会などの際に、みんなに見えないところで触れるのは、秘密らしさがあり、ドキドキ感も高まります。机の下で思いきって大胆に手を握るのもアリですが、いきなりそこまでは攻めずに、まずは太ももを軽くくっつけてみるといいかも。

あからさまにべったりとくっつけるのではなく、触れたり触れなかったりする程度が、男性を意識させますよ。

さりげなく「顔」を近づける

「雑誌を見せながら『この洋服、可愛くないですか?』って顔を近づけられて、ドキドキした経験があります。女性にあんなに近づかれたら、誰だってドギマギするでしょう」(30代・男性・メーカー)

スマホやお店のメニュー、本や資料などを一緒に見ようとして、さりげなく顔と顔を近づける。女性にそんなことをされたら、男性はかなりドキッとしますし、恋愛体調として強く意識してしまうでしょう。

同時に肩や腕が軽く触れるだけでも、ドキドキ感はもっと大きくなるので、ときには不意にグッと近づくボディタッチをしてみるのもひとつの手ですよ。

女性から男性へのボディタッチは、とても効果的な恋愛テクニックです。しかし、やり方を間違えると嫌われる原因にもなりかねないので、自然な流れで軽く触れるようにするのが大切です。ぜひお試しあれ!

©avid_creative/gettyimages
©Westend61/gettyimages