多額の慰謝料が… 不倫に明け暮れた女の「悲惨な末路」3つ

文・並木まき — 2020.5.11
不倫に明け暮れた女性の中には「自業自得」と言われても仕方ない末路を辿る人も多いようです。複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、不倫女性たちの悲劇的な末路を3つご紹介します。

1:男性たちから見限られ…

「職場が在宅勤務に切り替わってからは、不倫している彼とは一切会えていませんでした。でも、もともと寂しがりやな私は、ひとり暮らしの家にずっとひとりで居るのが耐えられなくて……。

彼に何度も『ちょっとでもいいから、様子を見にきて!』ってお願いしたのですが『家族もみんな家にいるし、俺も家から出たくない』と言われ、一度も来てはくれませんでした。

あまりに寂しかったので、ちょっと前に私を口説いてくれていた同僚に『会いに来て』と誘ってみたんですよ。

でも、その彼からも『不倫をやめろってあれだけ言ったのに、寂しくなったら、今度は俺に連絡してくるの?』と断られました。もうボロボロです……」(39歳女性/貿易関係)

不倫男には家庭がありますから、いざとなれば「家族が第一」と考えて当然です。

また、自分を好いてくれていた男性を都合よく使おうと思っても、そう上手くいくわけがありません。

2:体調が悪くてもひとりぼっち…

「ついこの前、私の親しい友人が体調を崩してしまいました。彼女は、飲み会で知り合った年上の男性と不倫をしていて、このご時世になってから、彼とは会えていなかったようです。

高熱や咳のせいで病院に行く体力もなかったので、彼に連絡をしたところ、『俺たちは不倫の関係だし、どうしようもできない』と言われたのだとか……。

以前の彼女は『彼ほど優しい男性は見たことない!』と浮かれていたくらいなので、不倫関係の現実を突きつけられて、ショックだったようです。

かわいそうだけど自業自得だよなぁ……って思っちゃいました」(35歳女性/通信関係)

どんなに甘い言葉を交わしていたとしても、それが不倫の関係であれば、いざというとき頼りになりません。

彼の言葉を真に受けて不倫に明け暮れた結果、このような辛い経験をする女性も多いようです。

3:慰謝料の請求が…

「先日、涙声の友人から電話がかかってきました。どうやら、不倫している彼の妻に関係がバレて、慰謝料を請求されたのだそう。

自粛ムードの煽りを受け、その彼の働いているお店が閉店し、収入が途絶えてしまったため、前々から掴んでいた浮気の証拠をもとに、妻が慰謝料を請求してきたのだとか。

でも、彼女の勤務先も業績が悪いらしく、慰謝料を払うお金はないようです……。

彼にLINEで泣きついても『俺たちがやったことの代償だから、妻の行動は止められない。とりあえず払って』と冷たくあしらわれるだけ。

大変な状況だなぁ〜と思いながら話を聞いていましたけど、不倫していたのは事実だし、助けてあげたいとは思えませんでした」(33歳女性/飲食)

不倫相手に慰謝料を請求する妻は多いです。彼女は、不倫の果てにこんな結末が待っているとは思わなかったのでしょうか……。

不倫は、それに明け暮れているときは気づかなくても、後々悲惨な結末を迎えることがほとんどです。

皆さんも、こんないばらの道を進まないよう、くれぐれもお気を付けくださいね。

©Arman Zhenikeyev/gettyimages
©5m3photos/gettyimages