恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

意味を知るとスゴい…サッカー日本代表2020ユニフォームの秘密

文・伊藤順子 — 2020.1.11
サッカーU-23日本代表の2020年初陣となる「AFC U23選手権タイ2020」が開催中です。五輪イヤーの幕開け、残念ながら厳しい船出となってしまいましたが、これを糧に上昇すればいいだけです。そこで、もっと日本代表を応援するべく、彼らをより深く知ろうではありませんか。今回は昨年11月6日に発表され、すでに選手が着用している新ユニフォームに注目。込められた思いや、あっと驚くトリビアをお伝えします。あわせて寒い日の観戦にぴったりの公式ブランケットもご紹介!

歴代ユニフォームには、各コンセプトがある

photo_1745194new

新ユニフォームに身を包んだU-23日本代表。東京オリンピックへの生き残りをかけて熾烈なポジション争いの真っ只中。

それでは、新ユニフォームの秘密を公開しましょう! といきたいところですが、その前に歴代ユニフォームをおさらい! ananwebが選んだ印象的なユニフォームをご紹介します。

日本代表ユニフォームは、約2年ごとにデザイン、機能が一新されていて、その全てにコンセプトが掲げられています。

2018 ロシアW杯の、勝色!

2017_kati

まず記憶に新しいのは、2018年ロシアW杯に着用したもの。2019年まで身に着けていたので、サッカー日本代表といえばコレ! と思い浮かぶ人は多いはず。ベースカラーの濃い藍色は、日本の伝統色であり、コンセプトにもなっている「勝色」を意味するそう。特徴的な刺し子柄は、選手やスタッフ、サポーター達の想いを紡ぎ、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められているのだとか。

2014 ブラジルW杯の、円陣!

2014_円陣

続いて、勝色から遡ること4年、ブラジルW杯時に着用したその名も「円陣」がこちら。なんといってもユニークなのが、背面に描かれたネオンカラーの1本線です。これだけを見ると、何の変哲もないただの線ですが、選手やサポーターが円陣を組むと、線がつながってひとつの輪が完成するのです。選手とサポーターがひとつとなり闘おう、という思いを表現したデザインとなっています。

2014 ブラジルW杯予選の、結束の1本線

2012_結束の一本線

最後は、「結束の一本線」がコンセプトの1着です。日本中の思いをひとつに束ねる気持ちを表したこちらは、先述したブラジルW杯予選時に着用。この思い通り、日本代表は一丸となって予選を突破し、本大会出場へ進むことができました。ちなみに、存在感を放つまっすぐなラインは、SAMURAI BLUEではレッド、なでしこジャパンはピンク、フットサル日本代表はイエローなのだそう。

以上、歴代ユニフォームを振り返ったところで、いよいよ2020新ユニフォームへと参りましょう!

2020ユニフォームのコンセプトは、日本晴れ!

2019_日本晴れ

これまでのものとは一線を画した前面の個性的なデザインは、5色の青を使った“スカイコラージュ”といい、浮世絵から着想を得たグラフィック。これは、選手、サポーターそれぞれが見てきた空がひとつにつながる様子を表現しています。そして背面は、ひとつになったそれらの空が、ともに向かっていく最高の青空「日本晴れ」をイメージ。爽やかなブルーが全体に広がっています。

photo_1742317

なでしこジャパン。この新ユニフォームで臨んだ昨年末のE-1 サッカー選手権は見事優勝!

トリビア1. サインオフの秘密

ユニフォームの首もとには、アンビグラム作家の野村一晟氏とのコラボレーションによる「日本晴れ」のサインオフがあります。力強い横書きの筆跡にこれだけでもテンションが高まりますが、逆さにして読むと、あら不思議、「侍魂」というこれまた迫力ある二文字に。ちなみに、なでしこジャパンは反対にすると「撫子魂」と読めるのだそう。

sakas1

トリビア2. 赤いストライプの意味

ユニフォームのサイドには、3本の赤い線があります。これは、青でも黒でもダメ、赤だからこそ意味があるストライプなのです。なぜなら、赤は太陽を表しているから。青空の頂点に昇っていく日の丸をイメージしているのだそう。

日本晴れに浮世絵、日の丸と、日本ならではのものを散りばめた新ユニフォームは、選手だけでなく私たちサポーターも日本を誇りに思い、ともに戦う気持ちにさせてくれるはず。森保一監督が東京オリンピックで目指すのは「メダル獲得」。思いをひとつに、みんなで頂へと向かいましょう!

観戦したい! でも、女子は寒さに弱い…

新ユニフォームを着てスタジアムで応援したい! 東京オリンピックまで待てない! と思うなら、直近の試合は3月26日(豊田スタジアム)。これはSAMURAI BLUE(日本代表)が出場するFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選となります。ウキウキ気分で行きたいところですが、暦の上では春とはいえ、この時期はまだまだ朝晩肌寒い。そして、冷え性などに悩む寒さに弱い女子も多い……。そこでおすすめしたいのが、サッカー協会から期間限定販売中の、題して「大人女子のための日本代表応援ブランケット」です。

温もりあるノルディック柄は観戦だけでなく、オフィスでも浮かない落ち着いたデザイン。よく見ると、三本足の烏とサッカーボールがさりげなく配置され、趣向を凝らしたものになっています。秋冬はもちろん、春先まで使えるほどよい薄手素材は保温調整がしやすく、かつ肌触りも心地いいので、ストレスなく観戦に集中できます。

また、サイズが大きめなので、首に巻いてマフラーに、肩にかけてストールに、もしくは膝にかけてブランケットにと、好みや気温、シーンに応じて活用できるのも嬉しいポイント。さらに、取り外しできる撥水加工のフードが付いているので、観戦中に小雨に降られてもしのげます。

これでユニフォームの知識も、寒さ対策も十分! 身も心も熱くして応援しまくりましょう。

b

Information

大人女子のためのサッカー日本代表応援ブランケット

注文を受けてから作る、受注生産になります。12日までなのでお早めに!
サイズ:180×70(cm) 価格:¥4980(税込み)
販売期間:2019 年 12 月 20 日(金)18:00~2020 年 1 月 12 日(日)24:00
ブランケット詳細はこちらをどうぞ。
https://jfa.spec-sitateru.com/p/56

このブランケットを持って日本代表を応援しましょう!

SAMURAI BLUE(サッカー日本男子代表)
https://www.jfa.jp/samuraiblue/schedule_result/2020.html

U-23日本代表
https://www.jfa.jp/national_team/u23/schedule_result/2020.html

なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)
https://www.jfa.jp/nadeshikojapan/schedule_result/2020.html

adidasオンライン

https://shop.adidas.jp/football/jfa/

日本サッカー協会(JFA)

http://www.jfa.jp/samuraiblue/

Jリーグ

https://www.jleague.jp/


エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

どんな指輪がほしい? 女性200人に聞いた「彼から贈られたい婚約指輪」