恋愛世代のリアルを発信。

【パサつきうねり広がり】梅雨時お悩み“3悪ヘア”の簡単救済テクニック。

2015.7.4 — Page 1/3
湿気でじとじとの梅雨。この時期いちばん頭を悩ますのは、そう、髪の毛ですよね。そんな皆さんの悩みを代表して、美容師さんに直撃取材しました! そこで判明したのは、梅雨でもきれいな髪の毛はオールシーズン美人髪でいられるということ。その秘訣とは?

【全員美女化計画】vol.37 文・宮田愛子 写真・森山佑子

一年で一番、髪の毛が痛んで見える季節、梅雨。困った季節がやってきましたね。パサついて見えたり、うねったり広がったり、ぺちゃんこになったり…。人それぞれ違った悩みを抱えていますが、それぞれに理由があるのです!

今回は、南青山にオープンしたばかりの大注目サロン『Violet』の副店長・根本雄貴さんに、梅雨時お悩みヘアの救済テクを教えてもらいました!

今回のモデルは、大学生の高橋ひとみさん(No.236)。「梅雨時は痛みが気になって結んでばっかりなのが悩みです」とのこと。

いつもはまとまっていて綺麗な高橋さんの髪ですが、梅雨時は髪全体に大きなうねりが出てしまい、毛先のパサつきが気になる様子です

教えてくれるのは、この人!

美容室violet 副店長・根本雄貴さん

「梅雨は、どうしてもクセが強く出てしまう季節。ですが、きちんと対策をしてあげれば、美髪は蘇ります!」(根本さん)

どうにかしたい!梅雨の「こまった」ヘア

梅雨の髪のお手入れ方法を学ぶ前に、まずはこまったヘアの原因を知りましょう!

Q.なぜ広がるの?

hirogari

「梅雨は、外気中に湿気が多く含まれています。その水分がダメージを受けスカスカになった毛の内部に入り込み、膨張するんです。もちろん、一本一本ダメージを受けている箇所は違うので、髪の毛一本一本が四方八方に膨らみます。その結果、髪の毛全体が広がって見えてしまんです」(根本さん)

Q.なぜ毛先の痛みが目立つの?
パサつき

「毛先は特にダメージを受けやすい部分なので、毛のバラつきが気になりますよね。さらに、梅雨頃から気になり始めるのが、紫外線ダメージによるパサつき。髪の毛もお肌と一緒で、紫外線はダメージに繋がります。しっかりUVケアをしてあげないと、ツヤのない可哀想な髪の毛になってしまいます」(根本さん)

Q.なぜセットしても崩れるの?

巻きの摂れ

「髪の毛は、水に触れると毛の内部の水素結合が切れ、乾くと再び結合するという性質を持っています。髪の毛が乾かしてからスタイリングをしていくのは、その為です。ですがその性質は、梅雨時期には困ったヘアの原因にもなります。それを防ぐコツは、とにかく水気を飛ばすこと! しっかりと乾かしてからのスタイリングと、梅雨時期に合ったスタイリング剤選びさえマスターすれば、梅雨時期の外出もコワいものなしです!」(根本さん)

結論! 梅雨の爆発ヘアを防ぐには・・

髪の毛のダメージ補修
いかに水分を遠ざけるか

この2つのポイントを抑えて、梅雨でも美人な髪をつくりましょう!

 

次ページでは、梅雨美髪をつくる大事な基本をレクチャーします。

【次のページ】梅雨の美髪ブロー