アンアンからニュースを配信します!

マスク男に興奮!? 女性が妄想を掻きたてる男性パーツとは?

2017.3.2
見知らぬ人でも、ふと目に焼き付いて、忘れられない一瞬がある。著名人から一般人まで、私が男に官能を感じる瞬間をアンケート! 手、背中、血管…。視線を絡めとる男のパーツをご紹介。

マスクしてるとき、唯一見える目元。強い目ヂカラに射抜かれる。

官能

「七難隠す“マスク美人”の法則は男性にもあると思う。目元しか見えないマスク姿って、妙に色っぽいんですよね。歯科医とか、お医者さん系はかなり“くる”。素顔を知らないってミステリアスだし。知ってる人だといつもとは違う目ヂカラにやられちゃいます」(26歳・マーケティング)

ゴツゴツした手。女性の華奢な手とは明らかに違う男らしいフォルムに、釘付けになる。

「自分の手より、ふた回りぐらい大きくて、関節が節張っていて…男の人のゴツい手ってセクシーだと思う。会議のときとか、何気なく書類の上に置いた同僚の手にグッとくることも。たとえそれが軟弱男でも、“やっぱ男の人なんだなぁ”って、いろいろ想像しちゃいます」(22歳・事務)

考え事をしながら歩く、背筋の伸びた広い背中。

「背中って、女の妄想を掻き立てるパーツだと思う。例えば、資料片手に考え事をしながら、だけど背筋をピンと伸ばしてサクサク歩いてく人の背中。背筋に緊張感が漂ってて“デキる人”って印象。その頼もしさに、後ろから抱きついて、この身を任せたくなります」(31歳・事務)

私の落としたものを拾うため、しゃがんだとき見える襟首の隙間、そして鎖骨。

「私に対して、少し不自由な姿勢でアクションをしてくれるシチュエーションにグッとくるようです」(おかざき真里さん・漫画家)

おかざき・まり 女性の共感を誘う作品から、歴史物まで、幅広い作品群で人気。現在「かしましめし」を『フィール・ヤング』に、「阿・吽」を『月刊!スピリッツ』に連載中

※『anan』2017年3月8日号より。イラスト・門川洋子 文・堀 由美子

(by anan編集部)

【人気記事】
なるべくマウスを使わない! “事務作業”能率アップ技
SNSも影響? 今どきの“習い事”で人気1位はやっぱり…
【フォロワー17万人】はるかぜちゃん15歳「いつでもやめられる」