アンアンからニュースを配信します!

「私もよく行く~」はNGワード! SNSマウンティングする女子

2017.2.21
もしや、やっちまってる!? 人の心をザワつかせないためのSNSお作法。

SNSで自分が上げる側になった時の、気をつけるべきことをチェック。実は、あなたもイタい人かも?

「何を不快と思うかは、受け取り手次第。他愛ないパンケーキの写真ひとつでも“リア充アピール”と取る人がいます」
 
と話すのは、心理カウンセラーの塚越友子さん。100%好感を得るのはムリ。でも、投稿する際に最低限、人をイラつかせないための作法はある。

「間接的な自慢など何か意図を感じさせるような投稿は、反感を買いやすいので注意。また、“近況報告はフェイスブック”など、SNSの特性に合わせた使い方を心がけて」(部活型コミュニティメディア・女子部JAPAN(・v・))

SNS発信側の注意点をまとめました!

相手の話題にかぶせないこと。

SNS

友達がアップしていたレストラン。知っている店だと嬉しくて、「私もよく行く~」などとコメントしたくなるけれど…。

「見ようによっては『私のほうが常連』アピールをしているようで、一種のマウンティングと映る危険性が。何にせよ相手の投稿に、自分の話題をかぶせないのがマナーかも」(コラムニスト・辛酸なめ子さん)

誕生日の連投はお祝いの強要状態。

SNS

連日、友達に誕生日を祝ってもらってSNSにアップ。

「他意はなくても、見た人は自分もお祝いしないと…と強迫観念に駆られがち。なかには『もっといいものをよこせ』アピールをしている困った人もいたりしますから、誕生日投稿は数を限り、そんな邪推をされないようにしたいところ」(辛酸さん)

自問自答ポエムは、ほどほどに。

独り言のつもりで、心の澱をツイート。その見え方は…。「何か声をかけてほしいのかな? でもきっと、『大丈夫だよ!』と励ましの声や共感を求めているだけで、意見はいらないんですよね。答えが決まっている自問自答なら、日記を書くとか自分の中で処理して、公開することはないのに…。見た人は、困惑するのでは?」(女子部JAPAN)

塚越友子さん 心理カウンセラー。テレビでも活躍中。著書『銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方』(だいわ文庫)が好評。

女子部JAPAN(・v・) iPhone女子部が進化し30~40代女子向けの部活型コミュニティに。代表の小林奈巳さんと村上紗織さんが登場。

辛酸なめ子さん コラムニスト。『大人のコミュニケーション術 渡る世間は罠だらけ』(光文社)ほか、女子にまつわる著書多数。

※『anan』2017年2月22日号より。イラスト・ぎゅうにゅう 文・保手濱奈美

(by anan編集部)

【人気記事】
乙女の恥じらいは捨てるべし! もしもの時の優先順位とは?
もしも就寝中に地震がきたら? 無事の確率を上げる二つのポイント
ごぼう1本使った“食物繊維”鍋でデトックス♪ 冬の定番「太らない鍋」