アンアンからニュースを配信します!

新年早々、新“IWGPヘビー級王座”誕生なるか? 新日・内藤哲也が挑む

2017.12.31
いまのプロレス人気を牽引するのが、個性溢れるレスラーがひしめく新日本プロレス。その一年で最大の大会が、東京ドームで1月4日(通称イッテンヨン)に行われる「レッスルキングダム」だ。世界中のプロレスファンが注目する、その「新日本プロレス WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム」で、’18年最初のメインイベントに立ち、新日本最高峰のベルト“IWGPヘビー級王座”に挑戦するのが、いま熱狂的人気を博す内藤哲也選手。
内藤哲也

「中学3年生の時に立てた目標のひとつが、東京ドームのメインの花道を歩くことでした。ようやく見られる夢の景色にワクワクしていますし、目標がすべて叶ったあと、次に一体何が見えてくるのか、また楽しみなんですよね」

対戦相手は、現在IWGPヘビー級のベルト最長保持記録を更新中の王者、オカダ・カズチカ選手。

「素晴らしい選手ですし、実績も運動能力も、彼には敵わないかもしれない。でも、レスラーにとっての一番の武器であり最も重要な、『観客の共感』という部分に関しては、自分が上回っていると断言できます。不本意ではあったけれど…内藤哲也という選手は、ものすごく浮き沈みがありましたからね。沈んでいた時期を知っているから、お客様はいまの自分に感情移入してくださっているんだと僕は分析しています」

4年前、試合内容も成績も高く評価されながら、観客の支持を得られずブーイングにさらされていた内藤選手。そしてドームのメインに立つ夢が叶うと思われた直前、ファン投票によって試合順が降格となった。

「あの時の悔しさは忘れないし、俺にNOを突きつけた人たちに対して『どうだ』という気持ちもあります」

その時の対戦相手もオカダ選手だ。

「当時、沈んでいく自分とは逆に上がっていくオカダに焦っていました。でも、巨大に見えたオカダがいまは小さく見えるんです。ドームでは、かつてのようにオカダが僕を焦らせてくれるのを期待していますよ」

そんな内藤選手に、プロレス初心者からの質問を投げかけてみました!

Q. プロレスのルールをよく知らないのですが、楽しめますか?

A. 「入場や映像など、楽しみどころは満載ですよ」
ファン時代、試合と同じくらい楽しみだったのが選手の入場シーン。とくにイッテンヨンでは一年で最も派手な演出がされますから、試合以上に熱狂する瞬間もあるくらいです。

Q. プロレスの一番の魅力って、何?

A. 「お客様とリング上の選手たち、ふたつが織りなす一体感ですね」
お客様とリングの一体感が生み出す熱だと思います。まだ観たことのない方、ここを読んだこともDestino(運命)ですよ。ぜひ自分の目と耳で確認し、魅力を味わってください。

Q. プロレス会場って、すごく怖そう…。

A. 「ひと昔前とは一変して、女性やお子さんもいっぱいですよ」
テレビやWebで試合を観ていただけば、かつてのプロレス会場の雰囲気と全然違うのが分かると思います。いま新日本プロレスの会場には、女性や子供のお客様も多いですよ。

Q. 内藤選手の試合の見どころは?

A. 「ドームの一番後ろでも手に汗握る試合をします」
全部(笑)。ただ、僕自身、ファン時代に一番安い席で試合を観ていただけに、いまも試合前に会場の一番後ろの席を確認し、そこまで届く試合をしようと思っています。

ないとう・てつや 1982年6月22日生まれ、東京都出身。’05 年に新日本プロレスに入門、’06年デビュー。’15 年にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを結成し大ブレイクを果たした。

2018年1月4日(木)17:00試合開始 水道橋・東京ドーム ロイヤルシート5万円、アリーナA席2万2500円(2万3000円)、アリーナB席1万2500円(1万3000円)、1Fスタンド席9500円(1万円)、2FスタンドA席7500円(8000円)、2FスタンドB席4500円(5000円) ※( )は当日券。ロイヤルシート、アリーナA席は完売。http://www.wrestlekingdom.jp/

※『anan』2018年1月3・10日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)


#スポーツの記事をもっと読みたい!
#プロレスについて、さらに知る。
【参加者全員HAPPY♡】ポッキーまみれの「幸せ結婚式」を覗き見!