アンアンからニュースを配信します!

ストッキングなしで外出できない! 美のプロが教える悩み別「夏のセルフケア」

2017.5.7
ショートパンツやミニスカート、可愛いビキニなど、開放的なファッションを楽しみたい季節の到来! 脚やヒップの肌見せ準備は完璧? お悩みを解消する正しいセルフケア方法を、美のプロが伝授します。
hada1

今回セルフケア方法を伝授してくれたのは、コスメコンシェルジュの小西さやかさん、美容・恋愛ライターの安田光絵さん、『サロン・ド・スウィン』オーナー兼エステティシャンの田中由佳さんです。

SOS1:肌の砂漠化が止まらない! カサカサ肌をオアシスに!

 
――入浴後の保湿ケアと日中の紫外線対策を! 

春夏はエアコンや紫外線の影響もあり、意外と肌が乾燥しやすい。「膝下、お尻の両端や脚の付け根はとくに乾きやすいので、念入りに保湿を。日中のUV対策も忘れずに」と小西さやかさん。お手入れにベストなタイミングは? 「肌から水分が蒸発しやすい入浴後です。毛穴汚れも取れるし、有効成分も浸透しやすいですよ」

SOS2:肌がどんより、くすみ脚のせいで生脚になれない!

 
――地道な美白ケアと脚用ファンデの併用を。

うっかり日焼けや膝まわりのくすみなど悩みの絶えない脚。「くすみは紫外線の他、冷えやむくみなどの血行不良も一因。美白アイテムでマッサージしながらケアすることで透明感のある肌に。角質ケア後に行うと効果的です」と田中さん。即効性を求めるなら、「脚用ファンデが重宝します。虫さされ痕やアザのカバーにも」。

SOS3:ムダ毛がごま塩状態のじょりじょり脚に悲鳴!

――ムダ毛のセルフケアは肌ダメージに要注意! 

ムダ毛処理にはさまざまな方法があり、どれがいいのかわからないという人は多いはず。「カミソリでのシェービングは手軽ですが、表皮を削ってしまうので肌の負担に。生え始めの毛が太くなるのもデメリット。光脱毛器や刺激の少ないクリームなどでお手入れを」と田中さん。アフターケアも注意。「処理後は保湿ケアも忘れずに」

小西さやかさん コスメコンシェルジュ。東京農業大学 食品香粧学科 客員准教授。科学的な知識や化粧品開発の経験を生かした観点から、美容、コスメを評価するスペシャリスト。

安田光絵さん 美容・恋愛ライター。マタニティプランナー。さまざまな女性誌で記事を執筆。「ボディも顔と同じケアが必須」を信条とし、全身を磨き上げる美のプロ。最近はオイル美容に注目。

田中由佳さん 『サロン・ド・スウィン』オーナー兼エステティシャン。女優やモデル、美容通からの信頼が厚い。『予約の取れないサロンのおうちで簡単フェイシャルエステ』(SDP)が発売中。

※『anan』2017年5月3・10日号より。イラスト・栗生ゑゐ子 取材、文・岡井美絹子

(by anan編集部)

【人気記事】
イケメンに「カッコイイ」はNG?! 恋愛心理学者一押しの褒め言葉は?
つい惹かれる面白男子 実は3つの「モテ鍵」を持っていた!
【浮気・不倫・離婚!】結婚線から見る「恋のトラブル注意」の手相3選