恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

「I think.」~私は考える。~|12星座連載小説#135~双子座 最終話~

文・脇田尚揮 — 2017.8.8
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第135話 ~双子座-最終話~


前回までのお話はコチラ

―――半年後……

『今シーズン、久保選手の活躍が楽しみですね! ……以上、横浜スタジアムより江崎がお送りいたしました!』

カメラワークの後、“OK”のサインが出る。

『ふぅ……』

今日も無事終わった。スポーツキャスターになって、もうすぐ3ヶ月か……。

インタビューは、選手個人を相手にしながら、視聴者に情報を届けなくちゃいけない。これまでやってきた、ニュースを読み上げる仕事とは勝手が違うから、まだ慣れないわ。

もう一度、選手達に挨拶をして、スタジアムを後にする。

―――半年、かぁ……

広がる青空に、義久さんを思い浮かべる。

今となっては、何だか全てのことが夢だったんじゃないかと思える。“あの日”以来、彼には連絡していないし、彼からも連絡はない。

たまに思い出してはチクリと胸が痛む。一緒に食事をしたこと、愛し合った時間、それらは風化することなく、今でも私の中に眠っている。

“ケンゴ”と名乗る男の正体は、結局分からずじまいのまま。彼からも半年前の電話以降、何の音沙汰もない。

今の私に残っているもの……。

それはスポーツキャスターとしての立場と、この胸の痛みだけ。

それだけが、確かに感じられるもの。

「フリーとしてやっていく」

そう言っていた義久さんを、毎日色んな番組でさがしているけど、まだ見かけてはいない。せめて何をしているか知ることができたら……。

義久さんとの未来に対する“覚悟”すらない私が、そんなこと思う資格なんてないんだけどね……。

どこまでも広がる青い空に、義久さんのことを思いながら、スタッフと会社に戻る。

それは“青天の霹靂”だった。

帰社して一息つき、いつものようにキャスターが出演している番組をスマホでチェックする。これが私の日課。

こうして毎日、義久さんの動向をチェックしているのだ。

すると……。

茨城県の地方ニュースのフィールドキャスターに“新垣義久”の名前。

『う……そ……』

義久さん、復帰したのね……!

スマホを持つ手が震える。

彼が今、どんな生活をしているかは分からない。でも、こうしてキャスターという仕事を続けてくれていることが、ただただ嬉しかった。

何でもいい。彼が出演していることを、この目で確かめたい。

確か……。報道部署なら、各局のニュース番組をチェックできるはず!

義久さんの出る番組は……、夕方4時からね…!

私の足は、報道部署に向かっていた―――

彼の番組開始まで、あと5分。時間がない。

テレビ局の“顔”として、将来を有望視されていた彼の人生を、私がつまずかせてしまった。

そういう後ろめたさが、私の心に影を落とし、こびりついて離れなかったのだ。

早く……早く……、彼の姿を見たい……!

『すみません! キャスター事業部の江崎です……失礼します!』

報道部のドアを勢いよく開けると、各局のニュースがズラリと画面に並んでいた。

そこから、『茨城ニュース』を探す……。

報道部スタッフ達はきっと、“鳩が豆鉄砲をくらった”ようにポカーンとした顔をしているだろう。

でも、今、確認しなきゃ……私……

―――あった!

まだ、今、コマーシャル中だけど、確かに彼が出演する番組。

開始まで、あと30秒。

間に合った。
間に合ってくれた。

食い入るように、画面を見つめる私。

そして番組は始まった―――

……義久さんだ。

半年ぶりに見る彼の姿。少し痩せたかしら。

でも、確かに義久さん本人。

爽やかな笑顔と朗らかな口調は変わっていない。グレーのスーツに紺のネクタイも、懐かしい。

場所は違えど、今こうして、彼もTV局で仕事をしている。それが、たまらなく嬉しい。

それから私は10分間、ずっと釘付けだった―――

もう私たちは、会って話したり、食事したり、愛し合うことはできないかもしれない。だけど、こうしてお互いの姿、声を確認し合うことはできる。

―――いつでも、繋がっていられる

その思いが、私を奮い立たせる。

shutterstock_529142035

報道部を出る。何だろう、この清々しい感覚。

仕事をしたい。とにかく、仕事をしたいと思う。

私が働いている姿も、義久さんに見てもらいたい。私が今、ここに在るということを知ってもらいたい。

それだけが唯一、私たちに“赦された逢瀬”なのだから……。

襟を正して、キャスター事業部に戻る。

私はこれからも、このTV業界で“女子アナ”として上を目指し続けていこう。

でも、その志は以前とは違う。

もう、つまらない自己顕示欲を満たすためだけに生きるのは止めよう。これからは、義久さんに“輝く自分”を見てもらうために、頑張るんだ……!

いつか、また彼と顔を合わせた時、胸を張っていられるように。

双子座の女の人生は、

“I think.” ~私は考える。~

好奇心のままにいろんなことに手を出して、痛い思いをするかもしれない。

でも、経験に裏打ちされた、確かな“生きている感覚”を掴んでいる。

失ったものに、思いを馳せながら、自分と世界との境界線を知って、洗練された自分になっていく。

それは他の何ものにも変わりえない、私だけの特別な体験……。

銀座で買ったネックレスを握り締め、私は誓う。

私は今、輝き始めます―――。

双子座の女の人生 ~Fin~


【これまでのお話一覧はコチラ♡】

【今回の主役】
江崎友梨 双子座25歳 アナウンサー
23歳の時にアナウンサーとしてTV局に入社。有名大学出身だが1年浪人している。ハイソサエティな世界に憧れを抱いており、自分を磨く努力も怠らない。現在、同じアナウンサーでもあり、上司である新垣義久と不倫関係にある。当初は踏み台にしようと考えていたが、だんだんと彼に惹かれキャリアと恋の間で、悩み揺れる


(C) Champion studio / Shutterstock
(C) Minerva Studio / Shutterstock