恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

「既読」なのに返信がない…不安な夜|12星座連載小説#51~双子座6話~

文・脇田尚揮 — 2017.4.5
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第51話 ~双子座-6~


前回までのお話はコチラ

『一番右のネックレスでお願いします』

“一目惚れ”という言葉があるが、まさにそれだった。ダイヤモンドには女を虜にする魔法でもかけられているのかしら。

「畏まりました。少々お待ち下さい」

かなり値段は張るけど……間違いはなさそう。アナウンサーである自分が、このネックレスを身につけTVに出ているイメージが思い浮かぶわ。

「では、こちらになります。つけて帰られますか?」

『ええ、お願いします』

気分が高揚する。義久さんもきっと「可愛いね」って言ってくれるはず―――

そんな想像が、普段なら“絶対にしないであろう”軽率な行動に私を走らせる。

スマホでダイヤのネックレスを身につけた自分を撮影し、その画像をLINEで彼に送る。

「義久さん、今日は自分にご褒美です。一目惚れして買っちゃいました♡」というメッセージも添えて。

まだ、義久さんは仕事中かな。LINEに既読がつかない。

……つまんない。

夜の銀座が、急に自分には似つかわしくない場所のように感じられてきた。

今日はもうこれで帰ろうかな。

帰りのタクシーの中で、彼から返信がないのを忘れるために暇つぶし。流行りの、“出会い系”について検索してみる。

私は職業柄こんな出会いなんて、絶対できないわ。

でも、この高級会員制デートクラブなら話は別かも。プライバシーは完全に守られてるし。年収1,000万円以上の男性でないと入会できないという謳い文句に、少し好奇心をくすぐられる。

なんてね。私には義久さんがいるもの。

いつか……、彼が私だけの存在になってくれたら良いのにな。

煌めく街を眺め、そんな夢のようなことを考えながら帰宅した。

――ガチャ。

一人暮らしだと、帰宅しても誰も迎えてはくれない。当然だけど。真っ暗で寒々しい空間が、ただ広がっているだけ。

『ペットでも買おうかな。義久さんみたいに可愛いトイプードルなんて良いかも』

ペット不可の物件だから、飼えないのは分かっている。あくまで妄想の話。

『ハァ……』

深い溜息をついて、シャワーを浴びる準備をする。ネックレスを外して、衣服をスルリと脱いでいく。

熱いシャワーを浴びていると、義久さんとの夜が思い出される。

『逢いたいな…』

身体を拭きバスローブに身を包み、出来合いの惣菜をレンジで温める。

――チーン

今夜はやけにレンジの音が大きく響く。

1人で食べる夕食は味気ない。1人でテレビを観ていてもつまらない。

昔、ただ自己満足のために男たちと付き合っていた頃とは違う、本当に大切な人と一緒に過ごす時間を渇望している自分を感じる。

スマホを手に取る。時間は22時。もう義久さんも帰宅しているはず。

……!! LINEは既読に。

でも、義久さんからの返事はない。普段なら帰宅途中に返してくれるのにな。

毎日21時までには必ず返信があって、それを読んで幸せな気分に浸るのが私の日課。義久さんからの連絡がないと、途端に不安な気持ちに襲われる。

もしも、このままずっと不倫相手として“セカンド”だったらどうしよう……。30歳になっても二人で大手を振って外を歩けなかったら…そんなの寂しい。

涙が頬をつたう。

明日も仕事なのに1人、部屋でグシュグシュ泣いてしまう。

――30分経っても、返事はない。

『もう寝よっかな』

ベッドに横になり、スマホを手に取る。無意識に、さっき気になっていた高級デートクラブを検索していた。

女性の入会は無料だ。男性はプラチナ会員となると入会するだけで50万円もかかるのに。

寂しさもあって、つい入会ボタンをタップしそうになる。

義久さんが悪いんだよ……、連絡くれないから。

――“入会”した。

ただ、安心感が欲しかったのだ。

そのまま、スマホをベッドの下の見えない位置に置いて、眠りについた。


『サイアク……』

案の定、鏡に映った私は、目を腫らしどうしようもない顔をしている。朝から“お岩さん”みたいな顔をした自分を見て、テンションはダダ下がり。

ひとまず、温めたタオルと冷たいタオルを交互に目に当てる。

朝はとにかく忙しい。遅刻でもしたら、それこそアナウンサー失格。どんなことがあっても、定時にはスタジオに入っていなくちゃダメだ。

バタバタと準備をし、テレビ局に向かう。

準備は万端だから、いつも通りやれば良いだけ。

スマホは……、敢えて見ない。

生放送に備えて、ベストコンディションを保っておかなくちゃ。

スタジオに入って、原稿の最終チェック。今朝は、とくに緊急速報なんかはないわね。

「それじゃあ、回します! 10秒前!」

鷹場プロデューサーの声がスタジオに響く。


――終わった~

今日もいつも通り。何事もなく放送を終えた。

挨拶を済ませ、少し小走りで部屋へ戻り、鞄からスマホを取り出す。

さすがに連絡来ているはずよね。

LINEをチェックする。

――既読のまま、返信はない。

どうしたの? もしかして、事故にでもあったのかしら……。

義久さんの出社を確認しようと、自然と体が動いていた。

双子座 第2章 終



【これまでのお話一覧はコチラ♡】

【今回の主役】
江崎友梨 双子座25歳 アナウンサー
23歳の時にアナウンサーとしてTV局に入社。有名大学出身だが1年浪人している。ハイソサエティな世界に憧れを抱いており、自分を磨く努力も怠らない。現在、同じアナウンサーでもあり、上司である新垣義久と不倫関係にある。当初は踏み台にしようと考えていたが、だんだんと彼に惹かれキャリアと恋の間で、悩み揺れる。

(C) KPG_Payless / Shutterstock
(C) Ajan Alen / Shutterstock
(C) Dmitry A / Shutterstock