好きなこと、話そ!

harako

【新年度、さっそく嫌われてない?】心が満たされる人との接し方|あいらぶ♡ストレスフリー人生 #16

2017.4.12
自由でのびのびとしたライフスタイルを愛するライター&コラムニストharakoが、より笑顔いっぱいで生きられる人生観について連載中です。16回目は人間関係を作る際に、「良いところを見る」習慣についてご紹介したいと思います。

自由でのびのびとしたライフスタイルを愛するライター&コラムニストharakoが、より笑顔いっぱいで生きられる人生観について連載中です。16回目は人間関係を作る際に、「良いところを見る」習慣についてご紹介したいと思います。

誰にでもある長所と短所

【あいらぶ♡ストレスフリー人生】vol. 16

人間関係で悩んだとき、ふと思うことがあります。自分の背中は見えないけれど、人のことはよくわかってしまうということです。特に短所の方を中心に。

完璧な人間はいないと頭でわかっていても、どうしても黒に目を向けてしまう。そんな自分の儚さに気づいてしまったら、少しだけ見方を変えてみてはいかがでしょう。

ストレス軽減の糸口は、視点の違いなのかもしれません。

黒を見ても、キリがない

“人の不幸は蜜の味” と表現されるように、人の噂や悪評は話題性があるもの。「ねえ、知ってた?」と風の噂で回ってきた、あの人の話に耳を傾けてしまい、つい盛り上がってしまった経験はないでしょうか?

私が非常に感じることは、黒という色は、何を混ぜても黒のままだと言うことです。つまり、「この人のココが苦手!」をずっと見ていても、何も変わらないのと同時に、黒がさらに漆黒になるだけ。せっかく人と接するならば、カラフルな色みを楽しんだほうが、気持ちが豊かになると思います。

白は気持ちを豊かにする

逆に言い換えると、人には必ず良いところがあります。自分にはない考え方や知性、外見美もそのひとつでしょう。たった一度の人生では、自身が経験できることはほんの僅か。多くのできごとは、人さまから教えてもらうことが多いと感じます。

もしも今、黒をみてストレスを抱えているならば、その人にしてもらって嬉しかったことはありませんか? その人の美しいところはありませんか? もう一度思い出してみてください。

白は、どんな色を混ぜても発色する、魔法のカラーなのです。

多少の美化がストレスをなくす

黒を見ないで、白をみるほうがストレスを感じない。この話をすると、「ちょっと相手を美化しすぎじゃない?」と言われることがあります。しかし、人間関係において美化することは果たして、悪いことでしょうか。

「自分の周りには、良い人ばかりだな」「縁に恵まれている」と感じて生きていたほうが、黒を見続けてストレスを抱えるより、何倍も気持ちが豊かになると思うのです。時には、良い勘違いも必要。

同一人物でも、視点を変えるだけで、今日から笑顔で接することができると思います。


(C) SIphotography/Gettyimages
(C) grinvalds/Gettyimages
(C) YouraPechkin/Gettyimages
(C) pixelfit/Gettyimages

この記事を書いた人

harako
記事数:133 Posts

自身の肌荒れや母親のアトピーをきっかけに美容・健康資格を8個取得し、シェアする気持ちを込めて美容ライターから執筆業をスタート。 そして独自の視点と感性を生かした女性向けコラムを他媒体で配信し、恋愛や仕事、ライフスタイルまで幅広く発信中♪ ★ブログやSNSでもつぶやいています★【Facebook】♡【Blog】♡【Twitter】♡【Instagram