好きなこと、話そ!

雨宮 あゆみ

【ハロウィン限定コラボ】ジョエル・ロブション来日!『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』と高級シャンパン『ヴーヴ・クリコ』が創り出す世界

2016.10.27
年々盛り上がるハロウィン! 2016年はちょっとオシャレに仮装して、おいしいディナーとシャンパンはいかがでしょうか?世界的に有名なシェフ、ジョエル・ロブションの味を継承する六本木ヒルズ『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』では、高級シャンパンの『ヴーヴ・クリコ』とコラボレーションした「スペシャル イエローウィンウィーク」を開催中です。いったいどんなイベント? プレス向けのパーティーでひと足先に体験してきたのでご紹介します!

年々盛り上がるハロウィン! 2016年はちょっとオシャレに仮装して、おいしいディナーとシャンパンはいかがでしょうか?世界的に有名なシェフ、ジョエル・ロブションの味を継承する六本木ヒルズ『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』では、高級シャンパンの『ヴーヴ・クリコ』とコラボレーションした「スペシャル イエローウィンウィーク」を開催中です。いったいどんなイベント? プレス向けのパーティーでひと足先に体験してきたのでご紹介します!

2016年10月27日(木)から31日(月)の5日間限定!

cover-5o1d2d415nyf0qo5stjomrzw7ittbcuc

六本木ヒルズの『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』で開催されるスペシャルウィーク「ヴーヴ・クリコ&ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション スペシャル イエローウィンウィーク」。ハロウィンイベントととして10月27日(木)から31日(月)の5日間限定で催されていて、『ヴーヴ・クリコ』のシャンパーニュと特別メニューのマリアージュのほか、ワンポイントメイクアップサービス、ライブミュージックパフォーマンスなどを体験できます。

img_1547

期間中はお店もハロウィンカラーに大変身!

p1020108

オレンジやドクロに染まった『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』は初めて見ました。装飾は高級感がありシックですが、とってもキュートでもあり、ワクワクします!!

img_1566-2

今回パーティーでひと足お先においしいシャンパンとディナーをいただいてきました。ハロウィンをイメージしたコーディネートがドレスコードだったので、ダークな色合いのファッションできめた招待者が多数。私もブラック中心のモノトーンコーディネートで楽しんできました!

ジョエル・ロブション氏ご本人もご登場

fullsizerender

なんと!フレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏ご本人もご登場。フレンチの世界では世界No1と言われる料理界のトップです。そんな彼、乾杯での挨拶では、「ここにいられることを幸せに思います。ミシュランガイドで世界にある私のレストランがいただいた星を合わせると32の星となりますが、ここにいる人たちはその星の輝き以上です。どうぞ今宵はたくさんの輝きをはなってお過ごし下さい」と、なんともロマンチックなメッセージ。ロブション氏自身も顔にペインティングして会場を盛り上げていました。

ロブション氏は50歳になった時に仕事を辞めてゆっくり過ごそうかと思ったそうですが、自分の知識を伝えていくことや技術を伝承していくことの大切さを改めて感じ、フランスの地元に学校を創設したり、世界の各地に新たにレストランをオープンさせるなどして世界中で「ジョエル・ロブション」の思いや技術を継承し続けているんだそうです。

dscf3774

会場を周り、ひとりひとりとお話するなどとてもお優しい方です。私もお写真も撮ってもらったりとそのお人柄に魅了されました。

p1020141

一緒に働いている人は宝だと、自分にとって大切なのは「仲間」でもあるとおっしゃっていて、この方はなんと40年もロブション氏のもとで働いているそうです。

p1020174

もちろん、キッチンに入ったらプロの顔。これこそミシュランで星をもらう一流の料理人なのでしょう。お人柄を知れば知るほど、このレストランがさらに好きになります。時には厳しく、でも優しさを持って人を大切にする方だからこそ、世界に認められる料理を生み出せるのでしょう。

『ヴーヴ・クリコ』のシャンパーニュ

p1020175

そんな巨匠が生み出すスペシャルディナーとコラボレーションして登場したシャンパンは『ヴーヴ・クリコイエローラベル ブリュット』。力強いなかにまろやかさもあり、バランスがとてもいい、飲みやすいシャンパンです。

スペリャルディナーのアミューズ

fullsizerender-3

まずは、アミューズが登場しました。
時計回り下から、
・アンチョビのクロワッサン
・フォアグラのフラン
・とろけるキノアのフリット スパイしーなソースで(黒いスプーンのもの)
・36か月熟成の最高級イベリコ生ハム トマトのトーストと共に
・豚肉のリエット

高級食材を使用したアミューズ。フォアグラのフランは香り豊かで、口のなかでまろやかに広がります!アンチョビのクロワッサンもしっかりとした味なのでシャンパンに合いますね。高級イベリコ生ハムは塩気もほどよく、かむほどに味わい深く本当においしい! おかわりしてしまうほど!

豪華食材が次々と!前菜メニューの登場

p1020165

左から
・サーモンのタルタル 花穂を添え ギャビアをあしらって
・カボチャの冷たいヴルーテ
・雲丹とオマール海老のジュレをなめらかなカリフラワーのクレームで

こんなにも高級食材が並ぶとは!豪華ですよね。サーモンのタルタルの上にはキャビアがボリュームたっぷり。これでもかとスプーンにのせて贅沢にいただきました。カボチャのスープは、ほどよい甘みと濃厚さ。雲丹とオマール海老は、ジュレでかくれていて、食べるたびにいろいろな味を楽しめます。さっぱりしたジュレがまろやかな雲丹にピッタリ。

p1020168

・手長海老のパピヨット バジルの香りで
こちらは和のようなイメージですが、サクサクの揚げたてをバジルのソースでいただくと、ソースの香りが口の中で広がってとてもおいしい!エビのプリプリ感も楽しめました。

p1020170

・帆立貝のポワレ パルメザンチーズのクレーム 白トリュフをあしらって
またもや贅沢な一品が登場です! 新鮮肉厚な帆立を口にいれるとトリュフの香りがふわっと広がり、きつすぎないチーズが絶妙なバランスで帆立の味を引き立てます。これがフレンチなんだ……と感動しました。

p1020172

・銀鱈を西京味噌でキャラメリゼ 大根のヴルーテと共に
クリーム系のソースかと思ったら、大根のソースとは口に入れて驚きです。名前を聞いて和を思い起こしますが、さっぱりとした白身魚に、ソースはハーブのような香りも広がる、とてもおもしろいディッシュです。

ロブションと言えばパン

p1020173

六本木ヒルズでずらっと並んでいるパンを見てお店に引き寄せられる人も多数いるほど『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』のベーカリーは大人気。この日もおいしいパンをいただきました。

とろけるお肉

p1020178

・和牛サーロインに黒コショウを纏わせて 野菜のフリットと共に
この焼き加減、黒コショウ加減すべてがパーフェクトな一品!口にいれて少しかめば、とろけるおいしさ。お肉好きの私としては最高な瞬間でした。そして銀杏も、こんなに歯ごたえがあるフレッシュなものは初めてでした。

最後はデザートで至福の時

p1020181

・ローズの香りをまとったフロマージュブランのムース 赤い果実のクーリとソルベと共に

p1020184

左・マンゴーのムース ロゼシャンパンとクランベリージュレ トロピカルフルーツソルベを添えて
右・シャンパンのソルベ ライムのジュレと
デザートもシャンパンが使われていました。

p1020185

食後のお菓子もハロウィンバージョン。
・キャラメル、マカロン、フィナンシェ、レモンのタルト、チーズボール

img_1630

仮装して行われた本日のライブミュージックは、バイオリンと、カホンという手で叩く太鼓で少しオリエンタル。そんな雰囲気も楽しめるのがこの5日間です。

img_1637

特別ディナーコースはアミューズ数種類、シャンパン1杯、パンプキンスープ、お肉、シャンパンを使用したデザートで10,000円。

世界で賞賛されているジョエル・ロブションの味はやはり最高級!! 特別なハロウィンの夜を、おいしいディナーとシャンパンで楽しんでみてはいかがでしょうか。オシャレに仮装していけば、カップルでも友達同士でも素敵な思い出に残ること間違いなしです♪

Information

ヴーヴ・クリコ&ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション スペシャル イエローウィンウィーク
https://www.veuveclicquot.com/ja-jp/yelloween

■日時:
2016年10月27日(木)~31日(月)
Dinner 18:00~22:00 (21:30 L.O.)
■会場:
ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F
http://www.robuchon.jp/latelier
■お問合せ先:
ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション
Tel:03-5772-7500 (受付時間 10:00〜22:00)

ヴーヴ・クリコ&ラトリエ ドゥ ジョエル
https://www.mhdkk.com/brands/veuve_clicquot/

この記事を書いた人

雨宮 あゆみ
記事数:43 Posts

旅・音・食・オシャレを愛するTraveler。 世界を40カ国、1人でバックパッカーするなど様々な旅スタイルの経験をもとにラグジュアリーな旅やローカルな旅、自分の旅のレポートなど"ヒト・モノ"も交えたWorld wideな情報をお届けします。 "Traveling is Living♪"