好きなこと、話そ!

田代 わこ

【フェイスパックも話題!】名画と友情とコラボグッズに感動!『ゴッホとゴーギャン展』

2016.11.2
上野の東京都美術館で『ゴッホとゴーギャン展』が開催中です。一時期フランスで共同生活をし、刺激を受けあっていたゴッホとゴーギャン。彼らの関係にスポットを当てた日本初の本展では、代表作を含む名画が勢ぞろい! スペシャルなコラボグッズも充実した見どころいっぱいの展覧会をご紹介します。

上野の東京都美術館で『ゴッホとゴーギャン展』が開催中です。一時期フランスで共同生活をし、刺激を受けあっていたゴッホとゴーギャン。彼らの関係にスポットを当てた日本初の本展では、代表作を含む名画が勢ぞろい! スペシャルなコラボグッズも充実した見どころいっぱいの展覧会をご紹介します。

『ゴッホとゴーギャン展』とは?

【女子的アートナビ】vol. 43

本展では、19世紀を代表する画家ゴッホとゴーギャンに焦点を当て、二人の制作活動や交友関係、共同生活などを振り返りながら作品を紹介。オランダのファン・ゴッホ美術館とクレラー=ミュラー美術館を中心に、国内外の美術館からセレクトされた油彩画約60点を通して、二人の知られざる関係にも迫るドラマチックな展覧会です。

ざっくりゴッホとゴーギャン

img_2567-700x525

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-90)は、オランダ出身。現実の世界からインスピレーションを得て作品を制作するタイプで、色鮮やかな作品を描いていました。一方、南米ペルーで幼少期を過ごしたポール・ゴーギャン(1848-1903)は、目に見えない想像の世界を描くタイプ。芸術性の異なる二人ですが、1887年にフランスで知り合い、やがて南仏アルルで共同生活をはじめます。

『耳切り事件』が発生!

img_2560-700x522

二人はイーゼルを並べて制作するなど、刺激を受けあって生活していました。しかし、性格の違いから議論になることも増えていきます。とうとうゴーギャンと激しい口論の末、ゴッホが自分の左耳の一部を切り取る『耳切り事件』が発生。共同生活は2か月で破たんしました。

ゴッホのオススメ作品

結局、別々の道を歩き始めた二人ですが、彼らの友情を示す作品も本展では見ることができます。そのひとつが、《ゴーギャンの椅子》。

%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%a4%85%e5%ad%90-700x467
フィンセント・ファン・ゴッホ 《ゴーギャンの椅子》 1888年11月 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

共同生活が破たんする前に、ゴッホが制作した作品です。ゴーギャンが座っていた椅子には、彼を象徴する本やろうそくが置かれています。ゴーギャン愛用の椅子を描くことにより、その主を表現した作品とのこと。この絵を描いた約一年半後、ゴッホはピストル自殺をはかり、亡くなりました。

img_2586-700x559
フォトスポットには、本作品のコピーと椅子2脚が置かれています。ぜひ記念撮影してください!

ゴーギャンのオススメ作品

ゴッホが亡くなったあと、ゴーギャンはタヒチに渡ります。しかし、彼の人生も平たんではありませんでした。最愛の娘を亡くし、また借金や健康状態の悪化など苦労が続きます。

%e3%82%b4%e3%83%83%e3%83%9b%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8a-700x467
ポール・ゴーギャン《肘掛け椅子のひまわり》1901年 E.G. ビュールレ・コレクション財団 ©Foundation E. G. Bührle Collection, Zurich

そんなゴーギャンが晩年に描いたのが、《肘掛け椅子のひまわり》。ゴッホがよく描いていたひまわりの絵を、自分の作品に取り入れています。亡き友をイメージして描かれたといわれる本作品は、本展の最後に展示されています。見ていると二人の友情が伝わってくるようで、思わずうるっとしました。

%e5%9b%b3%e9%8c%b2-700x427
本展の図録、表表紙には《ゴーギャンの椅子》、裏表紙には《肘掛け椅子のひまわり》がデザインされています。二人の友情を象徴する図録は税込み2,200円です。

コラボグッズも充実!

img_2574-700x525

二人の名画と友情に感動したあとは、ミュージアムショップへ。展覧会の余韻でちょっと涙目になっていた私が度肝を抜かれたのは、ゴッホのフェイスパック。パッケージはいいのですが、中身までゴッホとは! 

img_3106-700x504
実際に、1枚自宅で使ってみました。ラベンダーの香りが心地よくて、お肌もプルプル♡ と、効能は問題ありませんが、使用中の画像が怖すぎます。一応写真も撮ってみたのですが、とても公表できません。でも、プレゼントしたらウケること間違いなしです。

ほかにも、龍角散やポムポムプリンなどとコラボした商品や、『スープストックトーキョー』や『アンデルセン』とのタイアップ企画などもあり、絵を見終わったあとも十分に楽しめます。

絵画もグッズも楽しめる展覧会は12月18日まで。

Information

会期:~12月18日(日) ※休室日は月曜日
時間:9:30 ~ 17:30 (金曜日、11月3日、11月5日は20:00まで)※入室は30分前まで
会場:東京都美術館 企画展示室
料金:一般 1,600円/大学生 1,300円/高校生 800円/中学生以下無料

http://www.g-g2016.com/

この記事を書いた人

田代 わこ
記事数:77 Posts

ライター&エディター。出版社勤務を経て、フリーランスのライター・エディターに。主にエンタメ系コンテンツ記事を執筆。趣味は美術鑑賞と絵を描くこと。ananwebでは「カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク」も連載中です!