恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【夜中の要望にも…!?】男の胃袋を掴む15分で簡単「夜食」レシピ

文・オガワチエコ — 2017.4.8
彼と休みの日が合うと、前日の夜は二人でゆっくりと過ごすことができます。テレビやDVDを見ながら、つい夜更かししちゃいますよね。そうすると、夜中にお腹が空かせた彼から、何か食べたいという要望が……なんてことも。 夜中ですから、できれば、時間がかかる手の込んだ料理は避けたいところ。そこで今回は簡単にできて、彼にも満足してもらえるような“湯豆腐”をご紹介します。

湯豆腐はよく、「おかずにならない料理だ」と言われます。せっかく作っても、なかなかご飯が進まないと、ガッカリされてしまうことも。

でも夜食であれば、ガッツリ食べる必要はないので、お腹をほどよく満たせる“湯豆腐”はちょうどいい料理なのです。

今回は少し物足りないという方のために、辛みそでアレンジを加えます。

そうすることで、ご飯とも相性のよい湯豆腐に変身しますので、定食風にすれば、食欲旺盛な彼でも大満足。

ポイントは、味噌と豆板醤と一緒に酒粕も入れること。

ピリッとした辛みにコクが加わって、濃厚さが増します。鍋を開けたときにフワッと漂うまろやかな香りが食欲をそそるでしょう。具は豆腐なので、夜中に多少食べすぎても問題はありません。

材料 2人分

豆腐(絹ごし)……1丁
ネギ……10cm
春菊……2~3束
ニンニク……1片
生姜……1片
味噌……大さじ2
豆板醤……小さじ1~2(辛いのがお好きであれば小さじ2に)
酒粕……20g
白ごま……大さじ1
ごま油……小さじ2
水……2カップ

作り方

2017-03-01 21.17.35-2

(1)ネギは1cm幅の斜め切り、春菊は根元を切って3cm幅くらいに、酒粕は包丁で細かくみじん切り、豆腐は6等分にする。ニンニクと生姜は叩き潰しておく。

(2)鍋にごま油を入れて熱し、ニンニクと生姜を入れて炒め、香りが立ってきたら、豆板醤と酒粕、水を入れて火にかける。

(3)泡立て器などで酒粕を崩しながら熱し、味噌を溶かし、白ごまを加える。

(4)豆腐、ネギ、春菊を入れ、豆腐があたたまってきたらできあがり。

いかがでしたか?

お腹にも優しいメニューなので、ちょっとお疲れのときや体調が悪いときなどに出してあげても、喜ばれるかもしれません。


【男の胃袋を掴むッ!お料理をもっと学ぶにはコチラ…♡】
彼を待たせない!10分で簡単♡おもてなしレシピ2品♪
【お泊りの夜、彼に…♡】愛情たっぷり「超簡単・晩酌おつまみレシピ」
お泊りデートは翌朝が勝負♡男が離れられなくなる「お手軽朝食レシピ」
【イイ女の癒やし飯♡】「疲れた彼」に振る舞いたい簡単おもてなし料理

(C) Rido / Shutterstock
(C) eldar nurkovic / Shutterstock