佐藤健さん 表紙撮影の様子を紹介 anan2266号「ターニングポイントのつかみ方」

2021.9.14
9/15(水)発売のanan2266号『ターニングポイントのつかみ方』の表紙は佐藤健さん。表紙撮影のエピソードを紹介します。

4つのスタイルで魅力を表現。あなたの好きな「佐藤健」が必ずいます!

anan 2266号 佐藤健

俳優としての活躍はもちろん、彼氏感抜群と話題のLINEや、チャンネル登録者数200万人超えのYouTubeチャンネル、そして昨年からスタートした服作り…。颯爽と新しいことへと挑戦し続ける佐藤健さんにカバーにご登場いただきました。

特集テーマは“ターニングポイントのつかみ方”。佐藤さんが軽やかに人生の転機を経ていく様子を「革新性」「知性」「創造性」の3つの“強み”をテーマにシューティングしました。

当日は朝から台風が直撃…。文字通り「足元のお悪いなか」の出演でしたが、ご登場の瞬間からキラキラ輝く笑顔で場が照らされます。撮影現場の片隅に置かれたananパンダを愛でたり、頬をふくらませてふざけたりと、気取らない姿、そして完璧な美貌にスタッフ一同魅了されずにはいられませんでした! 「革新性」を切り取るオールブラックのスタイリングでは、キリッとしたシャープな美しさでリズミカルにポーズを決めていく姿に息をのみ、「知性」を感じるソファのカットでは、「謎解きをされているときは、こんな表情で考えているのかな」と思わせる知的な色っぽさを感じ……。「創造性」で魅せるベージュのニットのカットでは、スタジオのそこここで、寝そべったり、笑ったり、伸びをしたりと、自然体で優しく茶目っ気のある雰囲気に「これが、周囲の人が佐藤さんを愛さずにはいられないところなのだろう」と納得してしまいました。私たちが見たい「佐藤健」全部盛り! のようなシューティングに、読者やファンへの徹底したサービス精神が表れていました。

今回、佐藤さんの作る『A』の新作ニット3着も着用。「自分がいちばん欲しいと思ったものを作る」とおっしゃっていたように、本当に気持ち良さそうにのびのびと動く姿からもそれが叶っていることを感じました。

撮影のラストは「これまでとこれから」を表現するため、屋上へ! ギリギリのところで雨はやみ撮影可能に。しかし、台風一過の8月の撮影…。その蒸し暑さたるや…。しかも、コートを着てほしいという無茶なオーダー(本当に申し訳なかったです…)。それでもずっとにこやかに、そして楽しそうにポーズを決めてくださる佐藤さん。最後の最後にコートを脱いだ瞬間のニヤッとした笑顔は生涯脳裏に残るでしょう。

写真のセレクト、原稿のチェックなども撮影で超ご多忙ななか丁寧にしていただき、まさに「anan×佐藤健」企画となった14ページ。お楽しみください!(SN)

coverstory

ロケハンに行ったときの屋上は、こちらの写真のような晴れ晴れとした夏空。「アンパンマンに出てくるみたい」(写真家・成田英敏さんの言葉)な白い雲が浮かんでいました。対比をぜひ!? 楽しんでください!

立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/anan-2266/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。