アンアンからニュースを配信します!

横澤夏子が身につけたい“誰も傷つけないスキル”とは?

2019.12.16
出会った女性がネタの源という横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は、相手を傷つけないフォロー上手な女性、「ピンチの時に巻き返せる女」になりきり。

商店街のロケ番組には切り返しのヒントが満載!

27

先日、有名な写真家さんに撮影していただく機会がありました。その方が、場を盛り上げてくださり楽しかったのですが、私はその日、腕時計を持っていませんでした。その後、次の現場へ行かなければいけないこともあり、スタッフさんに「何時ですか?」と確認したところ、写真家さんが私に気づき、「どうしたの?」と声をかけてくださったんです。それに対して「実はこの後、出なきゃいけないんです」と言い、早く現場を出たいオーラを出してしまって…。“あとどのくらいお話ができるんだろう”ということが知りたかっただけなのに、せかせかして、相手に違う意味合いで伝わってしまったのはよくないと思いました。

こういう時に、「あ、まだたくさんお話しできますね!」など、機転を利かせた、相手の気持ちをフォローできるポジティブな言葉が出てくる人って、すごいと思うんです。私自身、巻き返されたことも多く、このあいだ友だちに「あれ、太った?」と聞かれて、落ち込んだ感じで「太っちゃったよ~」と返したところ、「だって、前がめちゃくちゃ痩せてたもんね」と切り返されて、上手いなと思いました。瞬発的に判断できることがすごいし、誰も傷つけない。そんなスキルを身につけると、自分がちょっと失敗をした時にも取り返すことができ、スッキリとした気持ちで過ごせますよね。

商店街でのロケ番組には、いい切り返しのヒントがたくさん転がっているように思います。面白おかしくする必要はないけど、芸人さんの、初対面の一般の方の気持ちを上げる会話術には学ぶところがあるはずです。あと、いろいろなお客さんの相手をするスナックのママも、いい切り返し方を知っているに違いありません。学びに行ってみてはいかがでしょうか!

よこさわ・なつこ 芸人。『バイキング』(フジテレビ系)や『王様のブランチ』(TBS系)など、数多くのバラエティ番組にレギュラー出演している。著書『追い込み婚のすべて』(光文社)が発売中。

※『anan』2019年12月18日号より。写真・中島慶子 イラスト・別府麻衣 文・重信 綾

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ