アンアンからニュースを配信します!

乃木坂46・伊藤かりんの将棋愛がすごい! まず最初に観るべき人は…?

2018.10.1
流行りものは数あれど、乃木坂46のメンバーたちが、実際にいま夢中になっていることは何なのか? そこで個人インタビューで、彼女たちがおすすめしたい最新のハマりものを大調査。ファッション、ビューティ、グルメに限らず、気になっているものは人それぞれ。マニアックな素顔をお届けしちゃいます! 今回は伊藤かりんさんが偏愛しているものをご紹介。
伊藤かりん-782×1024

「将棋あっての私です!」

そう語るのはバラエティ番組『アメトーーク!』の「将棋たのしい芸人」で、パネラーとしてひな壇に座ったこともある伊藤かりんさん。史上最年少となる、15歳9か月での昇段を決めた藤井聡太七段の活躍で注目が集まっているようでいて、その面白さまではまだ伝わっていないと感じているそう。

「興味を持っていない人に伝えるのは難しいので、最初から指すのではなく、プロ棋士の対局を観る“観る将”をおすすめしています。そのほうが将棋の醍醐味が伝わると思うし、好きな先生(プロ棋士)ができたら、その人のことを知りたくなりますよね。例えば、その先生が“居飛車党”だったら『居飛車ってなんだろう?』って、将棋の戦型にも興味を持っていただけるんじゃないかなって」

現在、プロ棋士は現役・引退を合わせて約200名。その中で伊藤さんが、まず最初に“観る”べきと、おすすめする人は?

「将棋番組で共演させていただいている、山崎隆之先生は非常に独創的な将棋を指すことで有名です。基本的に将棋は王を守らなきゃいけないゲームなので、まずはお城を作ってから戦い始めるのですが、山崎先生は王を裸のままにして対局を進めたりする方なので、観ていてすごく楽しいですよ」

最近では大きな対局の結果がニュースやワイドショーで報じられることも増えているけれど、今後の将棋界について、どう見ているのでしょうか?

「現在、将棋界の八大タイトルをすべて違う先生がお持ちなんですが、それは31年ぶり。そして、藤井先生と里見香奈女流四冠との対局や、東西の王子と呼ばれる先生方の王座戦など、注目の対局がたくさんあります。さらに将棋をテーマにした映画『泣き虫しょったんの奇跡』が公開されるなど、いま将棋界はすごく盛り上がっているので、まずは気軽に入ってきてもらって、それから深く突っ込んでいっていただけたらいいなと思ってます!」

いとう・かりん 1993年5月26日生まれ、神奈川県出身。段位はアマチュア初段。好きな言葉は「一歩千金」。『将棋フォーカス』(NHK Eテレ)出演中。

※『anan』2018年10月3日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) スタイリスト・市野佑大 ヘア&メイク・PON 江原理乃 取材、文・森野広明 田島太陽(BLOCKBUSTER) 池永 亘 森 祐介 執筆協力・堀田隆大


#タレントの記事をもっと読む!
#トレンドについてチェック!
大人のお小遣い稼ぎ! 生活リズムを崩さずできる資産運用のススメ