アンアンからニュースを配信します!

ISSA 無料ライブに抵抗は?の質問に「まったくないですね」

2018.9.13
この夏、ほとんどの人が「U.S.A.!」と口にしたのではないだろうか。ダンスボーカルグループDA PUMPが今年の6月に発売した、3年半ぶりとなるシングル『U.S.A.』。一度聴くと耳から離れないメロディや、「どっちかの夜は昼間」といったフックのある歌詞にハマる人が続出。YouTubeでのミュージックビデオの再生回数は、公開されてから10日で200万回を達成、8月末現在には6000万回を超えている。さらに、さまざまな人が、「U.S.A.」を踊ってみた動画やパロディミュージックビデオをアップするなど、本人たちの手を離れたところでも熱い動きが起こっている。

――そもそもの話になりますが、芸能界に入ったきっかけを教えてください。

ISSA

ISSA:16~17歳の頃に沖縄の養成所に入ってグループを結成し、デビューしました。その前からダンスはやっていたし、その延長線上で歌も歌っていたのですが、当時は“歌は歌、ダンスはダンス”と2つは切り離されたものでした。でも、養成所で結成当初のメンバーたちと“歌って踊る”ということを初めてした瞬間に、ものすごく楽しいと感じたんです。それがそのまま今の自分の仕事になっているのは、本当に幸せなことだと思いますね。

――これまでにはメンバーの脱退など、大変だった時期もあったかと思います。辞めたいと感じたことはなかったのでしょうか。

ISSA:もちろんゼロではないです。でも、大変なこともあるけど、辛かったらやっていないだろうし、昔から“自分にはこれしかできない”と思っていますから。ほかにはない、歌って踊れる人やグループになることに重きを置いて、ずっとやってきたんです。僕にとってDA PUMPは、もはや自分の名字みたいなものですね。辞める必要はないし、たとえひとりになっても、この名前は残していきたいです。DA PUMPの“DA”は“the”のスラングで、“PUMP”は“跳びはねる”を表すのですが、“いつまでも跳びはね続けられる”という意味を込めて始まったグループなんです。実際、今まではそうできているし、これからも跳びはね続けることが僕たちの運命であり宿命だと思っています。

――2014年からはショッピングモールでの無料ライブも行っています。少し嫌な言い方ですが、大規模な会場で何度もライブをしたり、『NHK紅白歌合戦』にも出場していたグループとして、抵抗はなかったのでしょうか。

ISSA:まったくないですね。そもそも、ショッピングモールでのライブは僕がやりたいと言ったことなんです。7人のDA PUMPをいろいろな方に見てもらいたいと思ったし、自分自身、フレッシュな心持ちで一からやり直すような気持ちでやりました。僕たちがライブをすることを知って来てくれる方もいれば、たまたまそこに買い物に来て足を止めてくれる方もいて。少しずつでしたけど、だんだんと認知されてきているなと感じることもありました。そういった積み重ねも、「U.S.A.」が広く知れ渡った要因のひとつかなと考えています。やっぱり、1人でも見てくれる人がいるんだったらパフォーマンスを届けたいと思うし、場所に対してのこだわりもありません。音と場所さえあれば、どこでもパフォーマンスができるチームだと思っているので。むしろ、近い距離で見てくださる方と触れ合えることが以前はあまりなかったぶん、そういう機会が持てることはうれしかったですし、すごくありがたいですね。ショッピングモールでのライブは今後もずっと続けていきたいと思っています。最近は、ファンの方に会いに来ていただくことが多いので、これからはもっと自分たちからいろいろなところに行きたいですね。

続けることでしか“何か”は生み出せない。

ISSA

――プレッシャーもあると思いますが、「U.S.A.」の次の曲は、もう決まっているのでしょうか。

ISSA:これまでに録って世に出していない曲もあったりして、まだ考えているところですね。今年中は、「U.S.A.」がもっともっと広がるような活動をしたいという段階です。プレッシャーは、もちろんあります。次の曲はすごく大事だと思うし。でも、どんな結果になっても、自分たちは変わらずパフォーマンスをし続けるだけなので。「U.S.A.」も聴いてくれる人のおかげで今のようになっているわけだから、自分たちは楽しく面白いことをやり続けるしかありません。続けるということは難しいですが、続けることでしか何かを生み出すことはできないと思っているので、頑張っていくしかないですね。

――デビュー以来、ずっとストイックに走り続けるISSAさんの姿を見て、励まされたり、鼓舞される人も多いと思います。

ISSA:そんなそんな、とんでもないです。楽しいと思うことをやっているだけですから。僕たちには、相手を楽しませるより先に自分たちが楽しむということが大前提としてあるんです。そうじゃないと見てくださる方に楽しさは伝わらないと思うから。自分たちが楽しい場所をどんどん作っていけば、おのずとみんなが笑顔になってくれるんじゃないかと考えています。DA PUMPがやっていることには、全部自分たちの意見が反映されているし、誰かに“作られた”という感覚は一切ないですね。先ほど話した『音楽の日』の振り付けのこともそうです。それはDA PUMPの大事なスタイルになっているし、4人でデビューした頃から変わっていません。

イッサ 1978年12月9日生まれ。沖縄県出身。1996年にDA PUMPを結成し、翌年にシングル『Feelin’ Good ~It’sPARADISE~』でデビューを果たす。グループのボーカルとして活躍するかたわら、ミュージカル『ピーターパン』や、映画『ブレイブX 極道十勇士』で主演をつとめるなど、俳優としての活動の幅も広げている。

「U.S.A.」の大ヒットを記念した単独公演「LIVE DA PUMP 2018 THANX!!!!!!!」が、10月10日に東京国際フォーラムにて開催される。DA PUMPデビュー20周年を記念して行われたスペシャルライブの模様を収録したDVD『LIVE DA PUMP 2016-2017“RED~live 20th~”』が発売中。詳細は公式サイトを参照。http://dapump.jp/

レザーライダースジャケット¥130,000 シャツ参考商品 レザーパンツ ¥110,000(以上ガラアーベントTEL:03・5771・1350) ネックレス(長)¥23,980 ネックレス(短)¥31,800(共にアヴァランチ ゴールド&ジュエリー/アヴァランチ ゴールド&ジュエリー渋谷店TEL:03・6415・5070)

※『anan』2018年9月19日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) スタイリスト・伊藤伸哉 ヘア&メイク・外山龍助 インタビュー、文・重信 綾

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#音楽記事も覗いてみる!
妊婦の9割が経験する! 不安からの”妊婦サーフィン”とは?