アンアンからニュースを配信します!

15周年、3年ぶり! スキマスイッチの今のテーマはずばり…

2018.3.17
‘17年は、小田和正や奥田民生らが楽曲をリアレンジ&リプロデュースしたアルバムをリリースし、対バンツアーも敢行。また、山崎まさよしらオフィスオーガスタ所属のアーティストからなるスペシャルユニット「福耳」の一員としてシングルをリリースするなど<交流試合>が多かった印象のスキマスイッチ。
音楽

“等身大でありたい”という今の僕たちがしっかり入っています。

15周年を迎える今年は一転、2人組であるスキマスイッチをストレートに打ち出した、3年ぶりのオリジナルアルバム『新空間アルゴリズム』をリリースした。今作で二人が掲げたテーマは“原点回帰”だ。

「昨年、たくさんの刺激をもらっていたからこそたどり着けた答えだと思います。もう15年もやっているわけで、テクニックや理論先行で楽曲を作ることもできるし、最近はそういう玄人的な追求を詰め込みすぎて、聴き手のことを置きざりにしているんじゃないかと思う瞬間もあった。でも、それよりも今大事なのは、もっと純粋なものなんじゃないかと感じて。原点に立ち返ってみようと二人で話したんです」(大橋)

「今回のアルバムは、こういうメロディいいよねとか、こういう歌詞を入れたいとか、二人で徹底して話し合いをしましたね。顔をつき合わせてデモからじっくりと作っていく感覚は、デビュー当時を思い出すものがありました」(常田)

スキマスイッチの強みである、爽快感溢れるポップネス。それを存分に味わいつつ、ドラマティックなメッセージソングやピアノと歌だけのシンプルで美しいバラードなど、彼らの円熟味に泣かされる楽曲も多数。

「僕たちはこれまでも、“自分たちの身の丈に合う、等身大の歌を歌おう”と決めていて。その範囲が、年齢や経験を重ねるごとに広がっていると思うんですよね。今回のアルバムのひとつの要であるバラード曲『未来花(ミライカ)』。この曲の<僕は死ぬまでいったい何回隣に居るあなたの名前を呼べるのだろう>なんて、20代の時には思いつかない歌詞だし、歌っても説得力が出なかったと思う。今の僕たちだからこそ歌える歌、それがこのアルバムにはしっかり入っています」(大橋)

「今回のアルバムの成果は、そういう今のスキマスイッチの可能性を改めて感じることができたことなんじゃないかと思います。二人になった時、こんなに面白いんだって心の底から思えた。レコーディングでも、毎日、笑っていて。出前なにとる?とか話し合うだけでもすごく楽しかったです(笑)」(常田)

アルバムの最後に収録された「リアライズ」の歌詞は、「ここからなんだ」で終わる。

「率直なメッセージすぎて照れくさいとも思ったんですけど、まだまだ楽しんでできそうだぞ、と。そういうことですよね」(常田)

「今まで、“スキマではエレキギターを使わない”とか、縛りを作っていた。でも、今作でそういうこだわりがなくても自分たちらしさが出せるんだって気付けた。15年続けたことでカラーが自然とついたんです。これからその自由の中で何をするか、自分たちも楽しみですね」(大橋)

音楽
7th Album『新空間アルゴリズム』【初回限定盤CD+DVD】¥3,700 DVDにはシングル曲のビデオクリップやライブ映像、インタビューを収録。【通常盤CD】¥2,950(オーガスタレコード/ユニバーサルミュージック)

大橋卓弥(右)、常田真太郎(左)。ソングライター2人のユニット。2003年デビュー。代表曲に『奏(かなで)』『全力少年』など。4月からアルバムを引っさげ全国ツアーがスタートする。

※『anan』2018年3月21日号より。写真・小笠原真紀 文・梅原加奈

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#音楽をさらに覗いてみる!
長時間のデートでも快適&ふんわりスカートを実現! airCloset×旭化成のオリジナルペチコートが優秀すぎる