恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

本命彼女になりたいなら…絶対にやってはいけない「重要なコト」 #132

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2020.3.30
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、自らの過ちともいえることで、結婚寸前の彼にフラれてしまった27歳女子。そこまで加害者意識のない彼女に、佑雪さんが、男がいまだに抱く幻想を教えてくれます。婚約中の女性は浮かれすぎないように気をつけて!

【クラブ佑雪】vol. 132

「ほかの男にキスされたと報告したら、結婚寸前の彼にフラれました!」

自分の過ちのせいで別れた元彼と復縁したいです。 1年半付き合って、プロポーズはまだでしたが相手のご家族にも会い、海外赴任のタイミングで一緒に来てほしいと言われてました。しかし、彼以外の人に不意打ちのキスをされてしまい、彼に正直に打ちあけたところ、泣かれてしまいました。元カノのトラウマもあったし、それを話していたのに、と。私自身、まさかそれで信頼関係が崩れるとも思ってなかったので、最悪なできごととして彼に報告しただけでした。後日、手を触りたいとか思えない。気持ちがもうないと言われてしまいました。実際にその後に連絡をしても返ってこないですし、今復縁する気はないとも言われてしまいました。ですが、私は結婚するなら絶対に彼がいいと思ってます。別れて半年後、彼は海外赴任になり、まったく会える状況でもないですし、すでに新しい彼女がいる可能性も大いにあるのですが、なにかできることはないでしょうか。もう近づかないことが彼のためなのでしょうか?
(さんかくしかく 27歳未婚 不明)

男と女の間には、真実よりも大切なことが

anan-web-銀座ママ-1

やっぱり、結婚って入籍までして、結婚なんですよね。本当にゴールイン、つまり婚姻届けが受理されるまで決して気は抜けない。婚活中のみなさん、婚約中で浮かれている方々にとっても、今回のお悩みは非常に意味のある教訓になるかと存じます。

ご相談者さまにとって、そして今後、男なる生き物との結婚を望むすべての女性に知っていただきたいことをこれからお伝えさせていただきますね。

愛とか信頼とかって、素晴らしいですよね。特に大好きな彼との間にあるはずの愛や信頼なんて、眩しすぎて夢のよう! そう、夢のようにはかなくて、実体なんかないんです。だから、ちょっとしたことでガラガラと崩れてしまう。また、年齢が若いほど、お相手にも幻想をもちがち。ほら、鼻毛が出てただけで嫌いになっちゃう、とかもよく聞くでしょ? 男女含めて多くの人間がそういう中学生みたいな大人気ない部分をずーっともち続けてると思ったほうがいい。

そういうことをなんとなくわかってるから、男の幻想を壊さないように女は常に努力してきたんじゃない? 「女はいい匂いしてないといけない」から、デート前には体を磨き上げて香水つけたりするし、本番前には「女は脇毛見せちゃいけない」ってことで脱毛してきたわけでしょ?

もうね、正直めんどくさいの。でも、現代社会は男女平等っていっても、ジェンダーごとの幻想がまだまだあるし、その幻想をあたかも現実であるかのように見せることで、楽しく生きていけたりもするわけじゃない? まだまだ伝統的な「いい女はこうあらねば」っていう縛りがたくさんあるわけですよ。

で、多くの男にとって、理想の結婚相手っていうのは「貞淑な女性」なんです。ご相談者さまの彼もそれを求めてるし、それは絶対に外せない必須条件だったはず。この幻想を打ち砕いた罪は重いです。はい、ご相談者さまからすると「え、向こうから勝手にされたキスで、私も被害者なんですけど」かもしれませんが、彼からすると本当に貞淑な女性なら「そんなキスされるような隙を男に見せることなんてないはず」なんですから。そして、ご相談者さまは彼にそのことを話したことによって「大事な結婚相手候補者の幻を粉々にした加害者」にもなってしまったのです。重罪です。

だから、世の女性のみなさん、まだまだ伝統的なジェンダー像を抱いている男性の本命になりたかったら、彼らの幻想を打ち砕かないでほしいんです。そして愛や信頼というものに過剰な期待をしすぎないでほしい。みんな、そんなに強くないから。そして、それでもそんなことじゃ壊れない真の愛や信頼に触れたら、その幸せを噛み締めて。

そんなわけです。そこらへんをよくご理解されたうえで、万が一にも彼が「やっぱり」と戻ってきたら、改めて前以上に強固な眩しい幻を見せてあげてください。

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!
銀座『クラブ佑雪』

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。WEBサイト『TABI LABO』で「「今、ツラい」が自由になる! 12星座占い」、『食ベログマガジン』で『出世ごはん』の連載中。


©Igor Ustynskyy/Gettyimages