好きなこと、話そ!

玉絵 ゆきの

【2017年CHICCA(キッカ)春メイク♡】再現したいのは”血色感”ではなく”体温感”!

2016.12.13
CHICCAの新製品発表会がグランドハイアット東京にて開催されました。2017年春のテーマは “Heart Butterfly”。ブランドクリエーターであるメイクアップアーティスト・吉川康雄さんが登場し、 ”チークメイク” にまつわる名言を連発! 感嘆と笑いに包まれた会場の模様をお伝えします! もちろん各アイテムも詳しくご紹介♪

CHICCA 2017 Spring Collection Hearty Butterfly 2017年1月18日発売

img_0748
全ラインナップ。

2017年春のテーマは “Heart Butterfly”。パステルカラーに蝶をあしらったアイシャドウをはじめ、グロスにもアイカラーにも宝石のようなきらめきが潜んでいます。透明感のある発色で、仕上がりはふんわり軽やか。

毎シーズン ”大人” が楽しめるメイクを提案しているCHICCA。パステルカラーも大人仕様で、これまで目もとに淡い色や華やかな色をのせたことがない人でも取り入れやすいよう工夫されています。

各アイテム1つずつご紹介します★
まずは、ハート型の蝶の羽をあしらった、かわいらしいアイシャドウから!

キッカ ミスティック パウダーアイシャドウ

img_0759
キッカ ミスティック パウダーアイシャドウ 全3色(限定2色・新色1色) ¥5,500(税抜) 。左から13 プリンセスオパール EX34 フラワーバタフライ(限定色) EX33 フェブラリーハート(限定色)。

透明感とツヤを与えて、”まぶたの皮膚になりきる” ライトカラー(左)と自然な陰影を作るシェードカラー(右)で構成された、瞳を美しく魅せてくれるこのアイテム。

つけ方は、とても簡単!ポイントは付属のブラシを左右に動かすワイパー塗り。左右に動かす”だけ”で、誰でも美しいグラデーションできるのだとか。その前にブラシにたっぷりとアイシャドウを含ませること。これで均一にムラが無い仕上がりになるそうなので、お忘れなく!

発色は1回でバッと色づくわけではなく、薄づき。これなら、徐々に重ねることができ失敗を恐れずカラーメイクができます。3色全てにダークトーンの締め色が入っているので、目元を明るくするだけでなくメリハリもつけられキリリと洗練された印象にもなります◎。

キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ

img_0751
キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 左:01 バニータミー 右:02 パフピンク ケース 全1種 ¥3,000(税抜) 。スポンジ 全1種 ¥1,000(税抜) 2個入り。

次は、今コレクションの主役といえる「キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 」!

現在発売中の、“素肌美” の質感にこだわったとても薄づきのキッカ フローレスグロウ ソリッドファンデーションと同じ処方で作られた、このアイテム。タッチアップしてみると、同じ処方とだけあってこちらも固めの素材でかなり薄づき。

この ”固め” で ”薄づき” というのは吉川さんこだわりのテクスチャーでもあります。会場では、吉川さんが昨今のトレンドでもあるチークメイクについてトークする場面があり、いつも以上に熱がこもっているようにみえました。メディア関係者のみ参加の発表会は淡々と進むことが多いのですがこの日は同意する人が多いのか、笑い声もあり盛り上がりました!

いきなり “名言” が飛び出します!

「顔の中で頬のここだけ極端にピンクなのはお笑いメイクですよ」と吉川さん。

吉川さん曰く「みなさん、チークをリップメイクやアイメイクと同じ ”ポイントメイク” として捉えているように思えます。最近流行の “血色メイク” という言葉、みんな血色を出すことだけにこだわって、全体のバランスを考えずにとにかく重ねてどんどん濃くなって、まるで顔全体のなかで頬だけ独立しているメイクをよく街中で見かけます。ハッキリ言ってかなり、残念。芸人さんがするお笑いメイクに見えます」

吉川さんが手に持っているのは、キッカ フローレスグロウ ソリッドファンデーション(左)と従来品のキッカ フローレスグロウ ソリッドファンデーション(右)。

「CHICCAでは、チークをポイントメイクではなく、ベースメイクとして捉えています。ファンデーションで仕上げたツヤ肌に、生命感をプラスするためのチークであって主役にはしません。血色感というよりも、“お風呂上りにわずかに紅潮した程度の赤み“ を再現したいと考えています。チークは ”肌色印象の調整“ であり、健康的な生命感を肌の色で表現すつためのものです。だから血液だけでなく、命を吹き込むようなつもりで体温のぬくもりを再現して欲しい」とのこと。

とっても納得して話を聞いていましたが、メイクでかわいさを表現したいあまり、チークを濃くしてしまう経験が私にもあります……。しかし、それは「おてもやん」に近づくばかりでバカっぽさが強調される残念メイクだったとは(泣)。キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュで薄く淡い素肌に溶け込むようなチークメイクを心がけよう!と胸に誓いました。

キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー

名称未設定 2
キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー 全2種 ¥3,000(税抜) 。ケース 全1種 ¥2,000(税抜)。 ブラシ 全1種 ¥1,000(税抜)。

パウダーver.もあります。これも基本的なスペックはキッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュと変わりません。ポイントはブラシ!あえてコシの無い毛足が長いブラシを採用し、肌あたりがよく、ふんわりと ”体温チーク” がテクニック入らずで完成。どちらを選ぶかは形状のお好みで!

チークを入れるゾーンはココ!

体温チークは、健康的なぬくもりを感じさせるベースメイク。顔全体に薄く広げて、顔の印象を暖めるイメージでつけます。つける場所は目の下、ほうれい線、フェイスラインに囲まれた点線のゾーンに薄くのせること。つけすぎた場合はファンデーションを上からなじませると良いのだとか!

ほかにもポイントメイクアイテムが大充実!

img_0762
左からキッカ メスティック リップラインスティック 新色1色 ¥2,800(税抜)、キッカ ミスティック ソフトペンシルライナー ブラックチェリー 新色1色 ¥3,000(税抜)、キッカ メスティック リップスティック 新色2色(左:32 タンジェーナ 33 トイプードル)¥3,800(税抜)。

気になったのは、キッカ ミスティック ソフトペンシルライナー!

DSC_0031

ベルベットのようなツヤと、なめらかな描き心地のペンシルライナー。キッカ ミスティック ソフトペンシルライナー ブラックチェリーはこのような発色。ピンクボルドーを感じるダークブラウンで目元を引き締めながらニュアンスをプラス。配合されたパールはピンクに発色し、ブラックより儚い色気を演出できます。

img_0763
左からキッカ ニュアンスカラーリッド 全1色 ¥2,800(税抜)、キッカ メスティック グロスオン 全1色 ¥2,800(税抜)、キッカ メスティック ウェットリップオイル 全1色 ¥3,200(税抜)。

キッカ ニュアンスカラーリッドはアイシャドウの上から重ねる、新感覚なニュアンスカラー。アイシャドウの粉感が消える、不思議な発色。単品使いだとほのかに彩る濡れたような質感で、まぶたにハリ感と透明感を演出し美しいアイホールをつくります。さらにアイシャドウと重ねると、発色の色持ちを高めるアイシャドウベースにもなります。光とツヤのニュアンスがプラスされるので、目元メイクのマンネリに一役買ってくれるアイテム。

以上が、CHICCA 2017 Spring Collection。
印象的だったのはやはり、吉川さんのチーク話。この話を聞いてからはチークの加減に重きを置いてメイクするようになり、自分メイクのアップデートができました!春に向けてより軽く華やかなカラーメイクに挑戦したいと思った発表会でした。

Information

CHICCA 2017 Spring Collection 「Heart Butterfly」 2017年1月18日発売 (2016年12月16日より予約開始)。

問い合わせ/株式会社カネボウ化粧品 0120-518-520
http://www.chicca.jp/