志村 昌美

仲里依紗「本当にラブラブです(笑)」多忙な日々を支えてくれる存在

2021.7.25
毎年、幅広い層が待ち望んでいる映画のひとつといえば、『クレヨンしんちゃん』シリーズの劇場版。そこで、いよいよ公開を迎えた最新作『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』について、ゲスト声優を務めたこちらの方にお話をうかがってきました。

仲里依紗さん

【映画、ときどき私】 vol. 401

しんちゃんとその友達で構成されている“カスカベ防衛隊”が全員で超エリート校に体験入学するところから始まる本作で、素行は悪いが多様な才能を持つエリートギャル・アゲハを演じている仲さん。今回は、しんちゃんの魅力や育児で大切にしていることなどについて、語っていただきました。

―子どもの頃からしんちゃんの大ファンだったそうですが、オファーがあったときはどのようなお気持ちでしたか?

仲さん しんちゃんのことは本当に大好きで、ゲスト声優を務めている方々を毎回うらやましいと思いながら映画館で観ていたので、やっと念願が叶ったという感じですね。夢が実現して、恵まれていると思います。

―しかも、仲さんは「ギャルになりたい!」とずっと公言してきたほどのギャル好きですよね。今回のギャル役はまさにハマり役だったのでは?

仲さん 自分でも、きてるなと思いましたね(笑)。声だけではありますが、ギャルはやりたい役だったので、ここまで待っていた甲斐がありました。

―ギャルを演じるうえで意識したことはありますか?

仲さん とりあえず私がいま出せるすべての“ギャルパワー”を声に注ぎ込んでいます(笑)。あとは、昔しんちゃんの真似をして「うぇーい!」とか言っていたので、そのころを思い出しながら意識して演じました。

ただ、私はもともとしゃべり方がしんちゃんみたいで、声がハスキーだったこともあって、子どものころには、「クレヨンしんちゃんみたいにしゃべらないで、もう少しハキハキ話しなさい」とよく母に怒られていたんです。でも、こうやってお仕事につながって、『クレヨンしんちゃん』にも出演できたので、あのときの母に「声優やりますから。役作りですよ!」と言いたいですね(笑)。

今回の出演には、家族がすごく喜んでくれた

―ご家族のみなさんも『クレヨンしんちゃん』シリーズのファンだということですが、出演を伝えたときの反応はいかがでしたか?

仲さん みんなすごく喜んでくれましたね。特に、妹はうらやましいと。そういう家族の姿を見て、しんちゃんはやっぱり人気者なんだなと改めて感じました。毎週楽しみに観ていたので、しんちゃんとの思い出はたくさんありますね。

―ただ、それだけ長年にわたって多くの人に愛され続けている人気アニメへ出演することに対して、プレッシャーもあったのでは? 

仲さん これまでゲスト声優として出演された方々も錚々たるメンバーでしたから、「私で大丈夫かな?」と思うこともありました。でも、今回一緒に声優を務めるフワちゃんやチョコレートプラネットさんを含め、みんなで一緒にしんちゃんを盛り上げていけたらいいなといまは考えています。

―では、最新作の見どころはどんなところですか?

仲さん 今回は、いままでにはない謎解きというかミステリーっぽいところがある作品なので、そのあたりが注目ですね。そんなふうに、劇場版の『クレヨンしんちゃん』には、通常のシリーズとは違うおもしろさがあるところが、魅力だと思います。

理想の男性像は、頭はいいけど天然の人

―息子さんも大好きで、よく一緒にご覧になっているそうですが、母親になってから響くポイントが変わったところもありますか? 

仲さん そうですね。大人になってから見ると、みさえやひろしの言っていることや親子の掛け合いがより刺さるようになりました。そこが小さいときとは、見るポイントが変わったところですね。それから、結婚してお母さんになってから思うのは、みさえみたいなお母さんっていいなということ。もし、実写化するなら、絶対にみさえを演じたいので、立候補したいです!

あと、ミッチー&ヨシりんも昔はただのラブラブな若い夫婦だと思ってましたけど、日本を代表するくらいめちゃくちゃ迷惑な人なんだと、大人になってから気がつきました(笑)。でも、そうやって前とは違う楽しさを新たに探しながら映画を見返したりするのがいいんですよね。

―これまでゲスト声優を務めた女性陣から、「ひろしが理想の男性」という声も上がっているようですが、仲さんはいかがですか? 理想の男性像に欠かせない要素があれば、教えてください。

仲さん 私の理想は、頭はいいけどちょっと天然な人なので、どちらかというと、ひろしよりもしんちゃんが大人になった感じの人がいいかもしれないですね。

天才的に抜けてるところなんかは、「もうっ!」ってなると思いますが、一緒にいたらきっと笑いが絶えないんだろうなと思うからです。子どもみたいなところがある人には母性本能をくすぐられるので、しんちゃんのような人がいいですね。

息子にとって、かっこいい存在でありたい

―仲さんといえば、ご家族が仲良しである姿に多くの人が憧れていると思います。ご自身が母として、妻として意識していることはありますか?

仲さん まずは「みんなが幸せじゃないと楽しくない」という考えがあるので、私はしたいことがあれば、我慢せずにちゃんと相手に伝えるようにしています。それは息子と遊ぶときでも同じこと。「これに付き合ってあげるからママのしたいことにも付き合ってね」と言っています。

なので、意識していることといえば、「家族全員が平等に楽しめる家庭であること」ですね。誰かだけが楽しいのでは、きっとほかから不満が出てきてしまいますから。そうならないように、つねにフェアであることを心がけていますし、自分がされて嫌なことは相手にもしないようにしています。

あとは、「母親だからこうしなきゃいけない」みたいなこともあまり考えないようにしていて、大切にしてるのは、子どもとも対等な目線でいることです。

―なるほど。とはいえ、家事、育児、女優、YouTubeとお忙しいなかで、嫌になることもあるかと思います。どうやって乗り越えていますか? 

仲さん いまは、子どもがいるからがんばれるというのが大きいと思います。やっぱり息子にとって自慢の母親でいたいので。私はどちらかというと、優しいお母さんと思われるよりも、かっこいい存在でありたいですね。

―YouTubeを見ていても、息子さんがお母さんを大好きなのが伝わってきます。

仲さん そうなんです! 本当にラブラブなんですよ(笑)!

好きな人に好きと言えるようになった

―ステキですね。では、オススメのストレス発散方法があれば、教えてください。

仲さん 爆買いもそのひとつですが、やっぱり心も体も一番元気になるのは、きちんと睡眠をとることだと思います。若いときはあまり気がつかなかったですが、寝不足が続くと、精神的にもきつくなってくるので、最近は睡眠の大切さを実感するようになりました。ちゃんと寝た日はいろいろなことがうまくいく気がしています。でも、やっぱり金曜日は疲れが溜まってきて、一番つらいですね(笑)。

―みなさん、同じなんですね。仲さんといえば、ご自分で撮影・編集をしているYouTubeチャンネルが非常に人気です。YouTubeを始めてから変わったことはありますか? 

仲さん 自分の好きなことを表現できる場を初めて持ったことによって、好きな人に自分から好きと言えるようになりました。しかもそれをみなさんに伝えることができるのも、うれしいですね。

もちろん大変な部分もありますが、やりがいを感じているからこそ続けることができているんだろうなと。いまは、それによってストレスが発散されている部分もあるかもしれないですね。まだまだ1年しか経っていないので、これからもがんばりたいです。

―すでにYouTubeでもさまざまなことに挑戦されていると思いますが、次にやってみたいことは何ですか?

仲さん いまは、YouTubeで作った映像を見ていただいていますが、映像だけではなく、今後は実際に物を作ってみたいなと考えています。自分でいろいろとプロデュースしながら、それを形にしていけたらいいなと。新しくておもしろいことをしていけたらいいですね。

つらいときは、誰かと話して笑うことが大事

―最後に、いつも笑顔で明るい仲さんからananweb読者へ向けて、元気でいられる秘訣を教えてください。

仲さん みなさんも「あー、疲れたー。本当に無理!」と感じるときはあると思いますが、そういうときは誰かとしゃべれば底力が出ると言うか、なんとかなるものです。おそらくこれは女の人に多い特徴かもしれないですが、人と話して笑ってスッキリすることってありますよね? でも、それはすごく大事なことだと思うんです。だまっていると、どんどん気持ちが落ちていってしまいますから。

いまの時期は、大勢で食事に行ったりすることはできないかもしれないですが、電話でもいいと思うので、つらいときは家族や友達に聞いてもらうのが一番。それは私がYouTubeでやっていることに近いかもしれませんね。でも、それを見て共感してくれる方がいたり、元気になりましたと言ってくださったりする方がいるので、YouTubeを始めてよかったなと思っています。なので、みなさんも、何かあればどんどん口に出していくというのがオススメです!

インタビューを終えてみて……。

最初から最後まで、とにかくエネルギッシュで笑顔が絶えない仲さん。同じ部屋にいるだけで、こちらまで明るい気持ちになるのを感じました。しんちゃんに対する熱い思いであふれている仲さんが見せる全力のギャルにも、ぜひ注目してみてください。

汗と涙の青春から目が離せない!

これまで、さまざまな人気作を生み出してきた劇場版『クレヨンしんちゃん』シリーズ。29作目となる今回は、シリーズ史上初となる本格(風)学園ミステリーとしても注目です。青春あり、友情あり、そして予想を超える衝撃の“ケツ末”を見逃しなく!


写真・大内香織(仲里依紗) 取材、文・志村昌美 

ストーリー

ある日、超エリート校「私立天下統一カスカベ学園」に体験入学することとなった“カスカベ防衛隊”。風間くんは、体験入学で優秀な成績をおさめ、天カス学園に入学することを密かに夢見ていたが、そんな想いを知らないしんのすけは足を引っ張ってばかりだった。

我慢の限界を超えた風間くんは、しんのすけと大ゲンカになり、「お前とは絶交だ!」と寮を飛び出してしまう。心配になってみんなで探しにいくと、お尻に奇妙な噛み跡がついたまま倒れている風間くんを発見。目を覚ました風間くんは究極のおバカに変貌していた。正体不明の「吸ケツ鬼」による怪事件が多発している学園で、しんのすけたちが繰り広げる迷推理の先に見つけたものとは?

ケッ作の予告編はこちら!

作品情報

『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』
7 月 30 日(金)全国東宝系公開
配給:東宝
https://www.shinchan-movie.com/

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2021

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。