恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

LINEで「恋愛対象」に! 男性の好感度が爆上がりする送信テク

文・和 — 2020.3.14
興味がなかった子でも、ふとしたLINEをきっかけに魅力に気づき、惹きこまれることがあります。LINEが続くと次第に「この子と会いたい」と思えてきて、デートや交際に発展する確率も上がるでしょう。そこで今回は「男性の『恋愛対象』になれるLINEテク」についてご紹介します。

1.「○○さんと行きたいところが…」

shutterstock_1154190325

「先日の飲み会で出会った子から突然、『○○さんと行ってみたいところがあるんですけど……』とLINEが届きました。そのLINEが届いたときは『俺とだから行きたい場所ってどこ!?』とドキドキしました。結局なんてことはない居酒屋だったのですが、いつもよりとても楽しく感じられました」(33歳/営業)

“特別扱い”をアピールできるこちらのLINE。「今度食事行きませんか?」と普通に誘うより、意味深なことを漂わせたほうが男性からの食いつきはいいようです。

2.「お時間あるときに連絡くれたら嬉しいです」

shutterstock_315191855

「資格取得に向けて勉強していたところ、とある子から『いま何しているんですか?』とLINEが届きました。そのまま『来月に試験があるから勉強中だよ~!』と送ったら、『○○さんって本当に努力家ですよね。尊敬します』『お忙しいところLINEしちゃってごめんなさい。お時間あるときに○○さんのほうから連絡くれたら嬉しいです』と返信が。俺を褒めてくれるのはもちろん、邪魔しないよう気遣ってくれるなんていい子だなと感激しました」(32歳/住宅)

彼が忙しいときにやり取りを続けても、彼の迷惑になる確率も高い。相手が忙しいとわかったらサッと身を引いたほうが、印象に残ります。落ち着いたときの方が、連絡をもらえる可能性は高まりますよ。

3.「何かあったわけじゃないならよかった~!」

shutterstock_731931100

「同級生から大したことのない質問が届いていたのですが、仕事が立て込んでいて返信が1か月近く遅れちゃったんですね。いまさら意味ないかなと思いつつ、『遅くなってごめん。仕事が忙しくて』と送ったら、すぐに『何かあったわけじゃないならよかった~!』と返信が届きました。怒るわけでもなく、真っ先に俺の心配をしてくれるなんて……。その子が急に気になる存在になりました」(28歳/IT)

彼とSNSで繋がっていれば、生存確認もできたでしょう。でも責めたりせず、まずは心配した内容を送ると「なんて優しい子なんだ」とときめくようです。

以上“男性の「恋愛対象」になれるLINE”をご紹介しました。

適度な「気遣い」が、想像以上に男性の心にしみるようです。まずは「ふたりで会いたい」と思わせることが重要かもしれませんね。

©Mangostar/shutterstock
©pikselstock/shutterstock
©Makistock/shutterstock