恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

コンビニ・ATMは危険!お金が貯まらない人の「NG生活習慣」3つ

文・山田良政 — 2019.2.25
「理由は分からないけど全然お金が貯まらない……」「あらかじめ月の予算を決めているのにいつの間にかオーバーしてしまう」そんな悩みを抱えている人は少なくないでしょう。そこで今回は、“お金が貯まらない時に見直すべきポイント”を、資産運用・トレーディングのプロである山田良政さんにご紹介いただきます。まずは、収支を見直してみましょう!

■外食・コンビニを利用しすぎていないか

仕事後、外食してから帰宅するという方も多いのでは? 美味しくて楽ですが、外食は節約の大敵です。

家で作ったら材料費が300円くらいのパスタも、レストランで食べると800円超えなんていうのはよくあること。またコンビニ利用に関しても、弁当だけでなく、誘惑に負けてデザート・お酒も追加すれば1,000円近い出費に。

自炊と外食・コンビニ利用を比べると、自炊の方が圧倒的にお得。外食・コンビニ利用が多い人は、まずその点を見直しましょう。そうするだけで、週でかなりの額が浮くはずです。

■使い回せない服・コスメばかり買っていないか

女性がどうしてもお金をかけてしまいがちなのが、衣服やコスメ。可愛いアイテムを見つけて、我慢できずに買ってしまったという経験のある女性は多いでしょう。

しかしこのような支出も、お金を貯めたいのであれば見直すべきポイントです。

どんなに可愛くても、着回しのきかない服やシーズン物のコスメを買うのは△。1着で何パターンも着回しできる服やオールシーズン使えるコスメを買うのが理想的。

モノを買うときは、使い回しができるか・長く使えるかということを考えるようにしてくださいね。

■ちょくちょく現金をコンビニATMから引き出していないか

必要なときに、すぐに現金をおろせるコンビニATM。とても便利ですが、頻繁に利用する人は要注意。

マイナス金利の影響もあり、現金引き出しの手数料もあなどれない額となっています。「たかが108円(休日は216円)」と、3,000円、5,000円といった少額の現金を何度も下ろしていると、手数料だけで月1,000円近い出費に。

自分の1ヶ月の現金支出を把握し、毎月1回決まった金額をまとめて引き出すようにしましょう。そして、その範囲内でやりくりすれば節約に繋がるはず。

節約してるはずなのに全然お金が貯まらないという方は、上記のような点を見直してみましょう。

しかし節約をしすぎると心が貧しくなり、ケチになりすぎると周りの人も離れてしまいます。そうならないためにもメリハリをつけ、豊かな気持ちでお金を貯めるように意識してみてくださいね。

「お金」についてもっと知る-_バナー
セックス-記事も読む-_バナー


みんなで始めればもっと楽しい。地球にやさしい選択(クールチョイス)。 – PR

© antoniodiaz / shutterstock
© Irina Bg / shutterstock
© Ollyy / shutterstock