アンアンからニュースを配信します!

はめて、ひとなで! 簡単ピッカピカの超優秀お掃除グッズは軍手だった!!

2016.12.7
そろそろ年末。新年はキレイな部屋で迎えたい! でも掃除する時間が…というあなたに掃除のプロが無理なくできる掃除方法をご紹介。

部屋中を整え、心機一転、新たな年を迎えたくなるものの、どこから手をつけていいのかわからないというあなたに、無理なくできる掃除のコツを教えてもらいました。その名も「簡単10分掃除」。

教えてくれたのは、生活研究家、消費生活アドバイザーの阿部絢子さん、整理収納アドバイザーの藤井あや子さん、お掃除ブロガーの東いづみさん。

今回は、リビング編です。いつもの掃除では後回しにしがちな、頭上や隅っこから、まずはスタート。大物家具や布物の掃除にも挑戦を!

仕上げはファイバークロスを使ってピカピカに。
仕上げはファイバークロスを使ってピカピカに。

掃除の手始めは、意外にほこりがたまる“天井を優しくなでる”。

「つい下ばかりに目がいきがちですが、必ず掃除してほしい場所が天井。柄の長いブラシやハンディモップなどで、ほこりを拭き取るように天井を優しくなでましょう。床と同じ面積がある分、ほこりが取れるだけで部屋が驚くほどパッと明るくなります。フローリング用ワイパーやタオルを巻いたほうきでもOK」(阿部さん)。四隅は特に念入りに。

“軍手をはめてひとなで”。隙間にも手が届くから一瞬でピカピカに。

ほこりがたまる照明のかさ。「軍手をはめてほこりをからめとるようになでるだけで十分」(阿部さん)。細かい場所にも指が届くから、複雑な形状だってお任せあれ。徹底的に磨きあげたい場合は? 「市販のアルカリ電解水を少し吹きつけたマイクロファイバークロスを使います。仕上げに乾拭きすればピカピカになりますよ」(東さん)

コツは汚れの上から優しくこすること。
コツは汚れの上から優しくこすること。

“壁の汚れは消しゴムで”。軽くこすれば、クリーンな壁に早変わり。

白い壁についたシミや手垢などの汚れは、たとえ小さくても目立ってしまうもの。そんなときには、消しゴムの出番。「壁専用のものも販売されていますが、一般的な消しゴムでも大丈夫です。壁紙を傷つけないように注意しながら、汚れの上から優しくこすりましょう。汚れの落ち具合を確かめながら、徐々に力を入れてみて」(藤井さん)

◇阿部絢子さん 生活研究家、消費生活アドバイザー。合理的な家事や掃除術に定評があり、エコにも精通。著書に『かしこく暮らす100の知恵』など。

藤井あや子さん 整理収納アドバイザー。家事・お掃除サービスを行う「ホームラボ」代表。ブログ「毎日がうまく回るお片づけと掃除」も人気。

東いづみさん お掃除ブロガー。ブログ「子供とペットとスッキリ暮らす」が話題となり、2冊の著書を出版。等身大の掃除アドバイスが満載。

Tシャツ¥6,000(ジースター ロゥ/ジースター インターナショナルTEL:03・5765・3301)

※『anan』2016年12月14日号より。写真・豊田 都 スタイリスト・中根美和子 モデル・山本奈衣瑠 文・野村紀紗枝 撮影協力・AWABEES UTUWA TITLES

(by anan編集部)